「理想の女」

「A Good Woman 」2004 スペイン/イタリア/UK /ルクセンブルグ/USA
a0051234_0252933.jpg

イタリアのリヴィエラと呼ばれる南イタリア/アマルフィーが舞台てなことで是が非でもで観に行った。
映画を観る前に、帝国ホテルに飾ってあった、この映画のヒロインたちが着る素敵なドレスを見たのでますます観たくなったのは言うまでもない。
監督はマイク・バーカー。原作はオスカー・ワイルドである。
主演はオスカー女優(ジャック・ニコルソンと共演の「恋愛小説家/1997」でゲット)のヘレン・ハントと「真珠の首飾りの少女/2003」のスカーレット・ヨハンソン。
ヒロインを取り巻くジェントルマンにUK出身のスティーヴン・キャンベル・モア、マーク・アンバースそして「イン・ザ・ベッドルーム/2001」のトム・ウィルキンソン。男性陣はウイルキンソン以外は初めてお目にかかった。

原作は“ウインダミア卿夫人の扇”ということで、扇が映画の中で重要な小道具となっている。ウインダミアという名前は、以前英国の湖水地方を訪れた際、ウインダミアという町に泊まった。ウインダミア卿はここの出身であったのかと想像する。
1930年代が舞台のアマルフィー、映画は2004年作品であるが、景色が全然変わってないのである!映画の中ではほんの一部分のアマルフィーしか映ってないのでなんとも言えないが、あのように70年たっても景色が同じとは...いやさすがイタリア!

ニューヨーク社交界の華メグ・ウインダミア(スカーレット・ヨハンソン)は夫のロバート(マーク・アンバース)とイタリアのアマルフィーでヴァカンスを過ごしている。そこでメグはアーリン(ヘレン・ハント)という魅力的な中年女性と出会う。数々の恋愛遍歴の後アメリカを離れ、イタリアにやって来たアーリン。新婚のメグは愛する夫ロバートに愛を捧げている。ある時ロバートとアーリンの忍び逢いを見た人からあらぬ噂が...。

これ以上書くとネタばれするのでやめておく。映画の中でメグとアーリンが同じようなドレスを着て登場したりして...やはりと思うシーンがあり中々見応えがある。
やはり前知識無し(基本的にいつもだが...)で観たのでとっても良かった。
出来ればもう一度観たい作品である。スティーヴン・キャンベル・モアはメグに言寄るinternational playboy(これは映画の中でアーリンが語る言葉)役。
トム・ウイルキンソンはアーリンに恋するリッチマン役。
私的には夫ロバート役のマークが素敵!!正統派二枚目である。上写真!やはりUK俳優か?の雰囲気。
銀座のシネスィッチ銀座で観た(10月の初め)。まだ上映中!
a0051234_0282973.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-10-28 00:55 | スペイン | Comments(6)
Commented by ラクサナ at 2005-11-03 13:00 x
王妃!もう本当に‘A Good Man !’でしたわ~マーク・アンバース!(*^。^*)
私は遅れた分、チョッピリ前知識がついちゃっての鑑賞でしたが・・・ヘレン・ハントさんのあのお顔は、もう最初からプレイガールというより・・・○○のお顔でしたね~。でもこの辺りで貰い泣き状態でした。(TT)
まぁそれにしても、マークさんの次回作が楽しみ!王妃さまのチェックを楽しみにしております♪^^
Commented by margot2005 at 2005-11-03 18:07
ご覧になられたのね。マークさまの次回作非常に楽しみでございます。ヘレンはどうも「ツイスター」のイメージが濃くって__。
Commented by ひらりん at 2006-09-10 02:48 x
トラバありがとうございます。
スカーレット・ヨハンソン繋がりで、「マッチポイント」と「理想の女」
を見たんです。
対照的でしたが、両方とも面白かったです。
Commented by margot2005 at 2006-09-11 22:11
ひらりんさん、コメントありがとうございました!
スカーレットは素敵な女優ですよね。今後の彼女にとっても期待したいです!
「理想の女」とは確かに対照的でしたが、どちらも私的に大好きな映画です。
Commented by kira at 2007-09-06 19:35 x
こんばんは~☆
とても古い記事にTB、失礼します(__;)m
後味の良いステキな作品でした。
ロバートとアーリン夫人にすっかりしてやられました。
街の風景、キャスティング、美術品、ドレス等みんなステキで、エレガントな雰囲気に浸れました♪
Commented by margot2005 at 2007-09-07 23:32
kira さん、こんばんは!
古い記事にコメントしていただいてありがとうございます!
ロバート役の彼は初めて見る俳優でしたが素敵でしたわね。
アーリン役のヘレン・ハントもさすがオスカー女優で素晴らしかったです。
どれもこれもイタリアンで堪能させてもらいました。
あのアマルフィーの景色は一度見てみたいです!
<< 「ドア・イン・ザ・フロア」 18th東京国際映画祭 「女た... >>