人気ブログランキング |

「さよなら、退屈なレオニー」

La disparition des lucioles…akaThe Fireflies Are Gone 2018 カナダ

a0051234_19235062.jpg

17歳の高校生レオはカナダ、ケベックの海辺の街に母と、彼女が再婚したポールと一緒に暮している。そして退屈な毎日にイライラしている。レオはポールが大嫌いで、ある日自分の誕生日を祝ってくれる食事会から抜けだしてしまう。やがてふと立ち寄ったダイナーで年上のミュージシャンと出会うのだった


本作は2018年カナダでスマッシュヒットを記録した青春映画。

17歳って人生においてスゴく多感な時期だと思う。しかしながら大嫌いなポールと暮らさなきゃならないし、母は父と会っていることを良く思っていないし、学校生活もつまらない。で、彼女は常にふてくされているのだ。

年上のミュージシャン、スティーヴと出会いギターを習い始めたことによってレオの退屈な日常が変わり始める。


ポールはレオに心を開いて欲しいと訴えるが、逆にレオはポールの大事な愛車のフロントガラスをバットで叩き割る始末。レオは”もうウザいから放っておいて!”と叫びたいに違いない。大人は自分が10代の頃を思い出して放っておくことを少し学んだ方が良い。

カナダを代表する人気バンドらの曲がドラマを盛り上げている。そのバンドのことは全く知らないけど、Music最高!


レオ(レオニーにカレル・トランブレ。

スティーヴにピエール=リュック・ブリヤン。

ポールにフランソワ・パピノ。

レオの母にマリー=フランス・マルコット。

レオの父にリュック・ピカール。

監督、脚本はセバスティアン・ピロット。


新宿武蔵野館にて



by margot2005 | 2019-07-07 23:54 | MINI THEATER | Comments(0)
<< 「ガラスの城の約束」 「アマンダと僕」 >>