人気ブログランキング |

「天国でまた会おう」

Au revoir là-haut…akaSee You Up There2017 フランス/カナダ

a0051234_19490401.jpg

1918年、第一次世界大戦休戦目前の西部戦線。戦争(争い)が大好きなプラデル中尉は休戦が気に入らず兵士たちを無理やり前線に送り出す。そんな中、一兵士のアルベールは中尉の悪事に気づいたため生き埋めにされてしまう。そこへ若い兵士エドゥアールが現れアルベールを助け出すが、顔に大きな傷を負ってしまう。やがてパリへ戻った二人を待っていたのは、戦没者は讃えられるのに、帰還兵には冷たい世間だった


仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族に知らせたくないエドゥアール。年の離れた二人の男は人生を巻き返すために国を相手に大胆な詐欺を企てる。芸術的な才能を持つエドゥアールは醜い顔を隠すため美しいマスクを作り出し、声が出ない自分のために通訳者として少女ルイーズを側に置く。


大富豪の銀行家マルセルは息子エドゥアールの絵の才能を決して認めなかった。エドゥアールの姉マデリーヌは愛する弟を探している。マデリーヌと金目当てに結婚した女好きのプラデルはひたすらマルセルの死を待っている。

ドラマはマジック&ダークな雰囲気の中に笑いもあり中々面白い。そして戦争を引き起こした資本主義や階級社会へ怒りのメッセージが発せられている。


アルベールの洋服についた香水の匂いで姉マデリーヌと会ったことを知る件はフランス人らしいエピソードで素敵だ。そのマデリーヌを演じるエミリー・ドゥケンヌはイメージが違っていて全くわからなかった。

ペリクール家の召使いポリーヌと恋に落ちるアルベールの姿もアムールの国らしくてトレビアン。


フランスの人気ミステリー作家ピエール・ルメートルを知らないのに見てしまったわけだが、監督が俳優のアルベール・デュポンテルということでちょっと興味があった。

本作はセザール賞で監督賞・脚色賞を含む5部門を受賞。原作はゴンクール賞を受賞している。

過去の作品とは全く違ったキャラのロラン・ラフィットは存在感あり。


エドゥアール・ペリクールに「BPM ビート・パー・ミニット/2017」のナウエル・ペレス・ビスカヤール。

プラデルに「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「ミモザの島に消えた母/2015」「エル ELLE/2016」のロラン・ラフィット。

マルセル・ペリクールに「男と女、モントーク岬で/2017」のニエル・アレストリュプ。

ポリーヌに「ロープ 戦場の生命線/2015」「ザ・ダンサー/2016」のメラニー・ティエリー。

マデリーヌ・ペリクールに「メビウス/2013」のエミリー・ドゥケンヌ。

ルイーズにエロイーズ・バルステ。

監督、共同脚本、出演(アルベール・マイヤール)に「プレイー獲物ー/2010」のアルベール・デュポンテル。

原作、共同脚本はピエール・ルメートルの天国でまた会おう


TOHOシネマズシャンテにて (既に上映終了)


by margot2005 | 2019-04-13 21:44 | フランス | Comments(0)
<< 「あなたはまだ帰ってこない」 「エマの瞳」 >>