人気ブログランキング |

「グリーンブック」

Green Book2018 USA

a0051234_22524939.jpg

1962年、アメリカ、ニューヨーク。ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは粗野で無教養ながら家族を愛するイタリア系アメリカ人。ある時、店の改装で失職してしまう。そんな折、カーネギーホールに住む天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリーの運転手兼ボディガードの仕事が舞い込む。雇い主のシャーリーは、なぜか黒人差別が色濃く残る南部での演奏ツアーを計画していた。やがてトニーはグリーンブックを片手に旅立つ…


白人が運転手で、後部座席に座るのは黒人。車がエンストを起こし白人のトニーが修理をしている。「ドライビング Miss デイジー/1989」とは真逆の白人と黒人。道路の向こうでは農作業をする黒人たちが車の二人を呆然と見つめている。


招待されたカントリークラブでの演奏の時、シャーリーの車はVIP用の駐車場に停めることが許されるが、車の持ち主であるシャーリーが白人と同じ場所で食事をすることができない。トイレも別。招待しておきながらなんと!理不尽な振る舞いなのか!と呆れた。しかし招待側の不愉快な振る舞いに演奏をボイコットしたシャーリーがニクい。


ある時、トニーが争いを起こしたことから留置所に連行された二人。シャーリーはホワイトハウスでピアノ演奏をした縁でケネディ政権時の司法長官ロバート・ケネディと知り合いだった。ケネディの口利きで弁護士を通して自由の身になった二人に唖然とする保安官たちの姿が痛快。


黒人に対して良い感情を抱いていなかったトニーが、シャーリーとの旅により友情までも芽生える物語は素晴らしくて感動を呼ぶ。

ラスト、シャーリー抱きつき手紙をありがとう!と言うドロレス。あのシーンはとてもとても感動的だった。


映画は本年度のオスカー作品賞を受賞。授賞式でステージに上がったプロデューサーの一人がこの作品はヴィゴなしには作れなかったと語っていた。そう、まさにそうだった。私としては主演男優賞はラミ・マレックよりヴィゴの方が良かったのでは?と思ったのだけど

体重を増やして役柄に挑んだヴィゴ・モーテンセンはマジで素晴らしかった。演じるキャラがいつもイケてるヴィゴだけど、本作もとってもイケていてナイス


ヴィゴ・モーテンセンはハリソン・フォードの「刑事ジョン・ブック/目撃者/1985」から始まり、「ロード・オブ・ザ・リング シリーズ/2001~2004」の彼はとてもクール。熱烈なヴィゴ ファンってほどでもないが、彼の映画は結構見ている。

「アラトリステ/2006」レビューに”「ダイヤルM1998」が印象的”って書いているが、グウィネス・パルトローの愛人役のヴィゴはスゴくSexy。

「ロード・オブ・ザ・リング シリーズ/2001~2004」と「イースタン・プロミス/2007」は「アラトリステ」鑑賞後にDVDで鑑賞。


二度目の助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリってカリスマ的な魅力を放つ俳優で素晴らしい。

過去にはコメディっぽい映画が多いピーター・ファレリー。本作はユーモアとペーソスを上手く絡め、見ている者に素敵な感動を与えてくれる。


トニー・リップ・バレロンガに「はじまりへの旅/2016」のヴィゴ・モーテンセン。

ドクター・ドナルド・シャーリーに「ムーンライト/2016」「ドリーム/2016」のマハーシャラ・アリ。

ドロレス・バレロンガに「ブロークバック・マウンテン/2005」「パパVS新しいパパ/2015」のリンダ・カーデリーニ。

オレグにディミテル・D・マリノフ。

ジョージにマイク・ハットン。

ジョニーにセバスティアン・マニスカルコ。

監督、脚本、製作は「メリーに首ったけ/1998」「ふたりにクギづけ/2003」のピーター・ファレリー。


TOHOシネマズ日比谷にて



by margot2005 | 2019-03-22 00:27 | USA | Comments(4)
Commented by セレンディピティ at 2019-03-22 15:28 x
margotさん、こんにちは。
人種差別というデリケートなテーマを
温かいユーモアにのせて描いたすてきな作品でしたね。
2人のキャラクターがほんとうに魅力的でしたし
ヴィゴの変わりぶりにはびっくりしました。
一生懸命にドロレスへの手紙を書くトニーはとてもかわいかったです。^^
Commented by margot2005 at 2019-03-24 00:00
> セレンディピティさん
こんばんは
強烈な人種差別なんですが、ユーモアを交えて上手く描かれていてナイスでした。
亡くなるまで親交があったという二人が素敵だなと思いましたね。
いつもスマートなヴィゴがメタボなんてありえない??
ですが...なかなかイケてました。
手紙のシーンすごく良かったです!
Commented by ituka at 2019-03-24 10:57 x
ホント!この映画の鑑賞後は絶対主演男優賞にしたかったウィゴでしたよ(笑)
粗暴な奴でしたが人的に感情持っていかれまっした。
ラストの奥さんのひと言が粋でした(笑)
Commented by margot2005 at 2019-03-27 20:10
> itukaさん
こんばんは
お返しが遅くなってごめんなさい。
大風邪をひいてPCも開けられずでした。
季節の変わり目の寒暖の差の激しさが身にしみます。

スマートな役柄が多いヴィゴがメタボおじさんになりきって頑張っていたのに残念でした。
アカデミー会員はラミの方が良かったんですね。きっと...。
ドロレスは本当に素敵な女性ですね。
ラストはウルウルきました。
<< 東京の桜が満開!! 「ビール・ストリートの恋人たち」 >>