「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

Borg McEnroe2017 スウェーデン/デンマーク/フィンランド

a0051234_21344221.jpg

1980年、テニスの聖地ウィンブルドンの決勝で戦ったビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの伝説の試合と、少年時代のボルグを中心に描いたスポーツ・ドラマ。


ビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの1980年のウィンブルドンの試合はなんとなく記憶にある。ボルグの何度ものマッチポイントを阻止したマッケンロー 。試合時間は3時間55分の激戦となった名勝負で結局ボルグが5連覇を果たした。でも翌年ボルグはマッケンローに負けて26歳の若さで引退した。

その後ビヨン・ボルグは全く見ないがジョン・マッケンローは今年のUSオープンにも登場。男子の優勝者ノバク・ジョコビッチに優勝カップを授与していた。デルポトロ残念だった。


21世紀の現在なら26歳で引退なんて若過ぎ!そして3時間55分なんて長くない。4時間を超える試合もざらにある。

ドラマを見ていて一番印象深かったのはラケットのサイズ。30年以上前はまるでバドミントンのラケットのようで懐かしい。

80年代は空前のテニスブームだったようで、私がテニスに夢中になったのは80年代半ば。もちろんテニススクールにも通った。今はほとんどする機会はないが試合を見るのは大好きで、4大大会をwowowで見るのを毎年楽しみにしている。


過去の有名テニスプレーヤーや、有名俳優たちが観戦しているシーンも映し出されて楽しい。アンドレ・アガシが紹介されるシーンもあった。ベンスティラーはラファエルナダルの大ファンの様子。セミファイナルでナダル負けたけど...

女子では大阪なおみ優勝!セリーナに勝ったなんてすご過ぎる!二人の試合のコイントスにはビリージーンキング(キング夫人)が現れ、授賞式にはクリス・エバートが登場。

映画レビューそっちのけで大好きなテニスを熱く語ってしまった。


映画に戻って...

激戦が終わった後それぞれの国に戻るためロンドンの空港に現れた二人。マッケンローがボルグを見つけて声をかけ別れの挨拶を交わす。そこでマッケンローはここはハグじゃないか?と言いながらボルグを抱きしめる。あのシーンはとても素敵だった。その後二人は親友となり、ボルグはマッケンローのテータム・オニールとの結婚式にベストマンとして出席したそう。


ドラマはテニス・ファンにお勧め!9歳~13歳のビヨン・ボルグを彼の息子のレオ・ボルグが演じている。彼のテニスがスゴいのは父親のDNAを受け継いだに違いない。


ビヨン・ボルグに「ストックホルムでワルツを/2013」のスヴェリル・グドナソン。

ジョン・マッケンローに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ランナウェイ/逃亡者/2012」「バレット・オブ・ラヴ/2013」の シャイア・ラブーフ。

レナートに「男と女、モントーク岬で/2017」のステラン・スカルスガルド。

マリアナに「ヒトラーに屈しなかった国王/2016」のツヴァ・ノヴォトニー。

監督は「アルマジロ/2010」のヤヌス・メッツ。


TOHOシネマズ日比谷にて



[PR]
by margot2005 | 2018-09-11 21:02 | ヨーロッパ | Comments(0)
<< 「タリーと私の秘密の時間」 「オーケストラ・クラス」 >>