「告白小説、その結末」

D'après une histoire vraie…akaBased on a True Story2017 フランス/ポーランド/ベルギー

a0051234_20282271.jpg
a0051234_20281386.jpg

心を病んで自殺した母のことを書いた小説がベストセラーとなった女流作家デルフィーヌはサイン会で大成功を収める。しかし次回作は全く書けなくてスランプに陥っていた。そんな折、サイン会で出会った謎の美女エルから連絡が入る


エルの仕事はゴーストライターで、デルフィーヌのアパルトマンが見える距離に住んでいる。そしてデルフィーヌのアパルトマンにやって来たエルはPCに届いていたデルフィーヌ宛の大量のメールに勝手にレスをする。その後エルはデルフィーヌのアパルトマンに転がり込んでくる。やがて共同生活が始まりデルフィーヌに災難が降りかかる。


ちょっとネタバレ...


まず、精神安定剤の服用。

階段から落ちて骨折。

依頼されていた高校の講演会にデルフィーヌの代わりにエルが出席するというが、エルは出席していなかったことが判明。

止めは、食事に殺鼠剤が入っていたこと。


これはサスペンスか?と思われる展開だったが、エルはデルフィーヌの妄想?と理解した。

デルフィーヌがエルにプレゼントした真っ赤なストールとエルの真っ赤なルージュがインパクトあり。


最近公開されるフランス映画はあまり面白くないが、本作は私的に久しぶりのヒット作となった。

監督であるロマン・ポランスキーの妻エマニュエル・セニエはお気に入りフランス人女優の一人。

キレる役を演じたら右に出る者はいないほどハマるエヴ・グリーンがキレまくっていた。

デルフィーヌのパートナー、フランソワ役のヴァンサン・ペレーズが素敵。


デルフィーヌに「ヴィクトル・ユゴー 笑う男/2012「毛皮のヴィーナス/2013」のエマニュエル・セニエ。

エル「悪党に粛清を/2015」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/2016」のエヴァ・グリーン。

フランソワに「ダリダ~あまい囁き~/2017」のヴァンサン・ペレーズ。

レイモンに「パリ3区の遺産相続人/2014」のドミニク・ピノン。

展覧会の責任者に「カミーユ、恋はふたたび/2012」 パリ3区の遺産相続人」のノエミ・ルボフスキー。

監督、脚本は「おとなのけんか/2011」毛皮のヴィーナス」のロマン・ポランスキー。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



[PR]
by margot2005 | 2018-06-29 21:21 | フランス | Comments(0)
<< 「いつだってやめられる 7人の... 「母という名の女」 >>