「ダリダ~あまい囁き~」

Dalida2016 フランス

a0051234_20092650.jpg

フランスの国民的人気歌手ダリダの知られざる愛と哀しみの人生を描いた伝記ドラマ。


オープニング、空港でイタリア語で会話するダリダ。そして相手がイタリア人俳優のリッカルド・スカマルチョ。ダリダってフランス人なのに?と思っていたので、ドラマが進行し彼女がイタリア系のエジプト人として生まれたことを知った。後にフランスに帰化している。


21世紀の今では考えられないが、60年代に活躍した国民的人気歌手には私生活がなかった。愛する人との結婚と母親になることを願ったが、ダリダにとってはかなわぬ夢だった。ダリダを世に送り出したルシアンと結婚はしたが後に離婚している。

弟でマネージャーでもあるオルランドが、シンガーソングライターのルイジとの愛にのめり込むダリダを見て引き合わせたことを後悔するシーンがあり、オルランドも恋多き女ダリダに手を焼いていた様子。ダリダって半端じゃないくらい男関係が激しい女性で驚き。


伝記ドラマなので当然ながらダリダの曲がたくさん披露される。

ダリダに関してはよく知らないのに映画を見てしまった。知っているのはアランドロンと歌ったフランス語の甘い囁きくらい。おまけに彼女は若くて亡くなったとばかりと思っていて、54歳で自殺したとは全く知らなかった。そしてダリダは愛した内の3人の男が自殺するという壮絶な人生を歩んだ恋多き女性だった。

ダリダの墓はパリのモンマルトル墓地にある。かつて行ったその地でダリダの墓見た記憶あり。


ダリダにスヴェヴァ・アルヴィティ。

オルランドに「南部のささやかな商売/2013」「二ツ星の料理人/2015」のリッカルド・スカマルチョ。

ルシアン・モリスに「愛しき人生のつくりかた:監督、脚本、出演/2015」のジャン=ポール・ルーヴ。

リシャール・シャンフレーに「WEAPONS/2008」「パリ警視庁:未成年保護特別部隊/2011」のニコラ・デュヴォシェル。

ルイジ・テンコに「SUBURRA -暗黒街-/2017」「ザ・プレイス/2017」のアレッサンドロ・ボルギ。

ルチオに「眠れる美女/2012」のブレンノ・プラシド。

ジャン・ソビエスキーに「ボヴァリー夫人とパン屋/2014」「ソフィー・マルソーの秘められた出会い/2014のニールス・シュネデール。

エディー・バークレイに「ヒトラーへの285枚の葉書/2016」のヴァンサン・ペレーズ。

ブルーノ・コキャトリクスに「恋は足手まとい/2005」のパトリック・ティムシット。

監督、脚本、製作は「ソフィー・マルソーの秘められた出会い」のリサ・アズエロス。


角川シネマ有楽町にて(6/22まで)



[PR]
by margot2005 | 2018-06-22 21:08 | フランス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/238615826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「男と女、モントーク岬で」 「ゲティ家の身代金」 >>