「心と体と」

Teströl és lélekröl…akaOn Body and Soul2017 ハンガリー

a0051234_19584777.jpg
a0051234_19585622.png
a0051234_19591566.jpg

マーリアはブタペスト郊外にある食肉処理場で代理職員として働いている。コミュニケーションが苦手な彼女は職場に馴染むことができず孤立している。マーリアの上司のエンドレは片手が不自由な中年男で妻と別れて一人暮らし。エンドレはマーリアが気がかりだが首尾よくアプローチすることができない。そんなある日、社内で盗難事件が発生し、全従業員が精神分析医クラーラのカウンセリングを受けることになる


映画のオープニングは二頭の鹿が水辺にいるシーン。ドラマが進み二頭の鹿は夢の中のマーリアとエンドレに重なる。

ある時、同じ夢を同じベッドでみようと計画した二人はエンドレの家で眠ることになる。しかし互いに寝付けずトランプを始めてしまう。不器用な二人は互いが側にいると緊張してしまうのかも知れない。


食肉処理場での牛の屠殺、解体のシーンがかなり残酷でちょっと引いた。エンドレが従業員を採用する際精神的にキツい仕事だが耐えられるか?と質問する台詞があったのを思い出す。ドラマの中でも血だらけのシーンが何度か登場し、盗難事件で捜査に来た刑事が失神していた一方で従業員はランチで屠殺され加工された肉を普通に食べている。特殊な世界を垣間見た。


タイトルの「心と体と」マーリアは心に欠陥があり、エンドレは体に欠陥がある。同じ夢を見たことで二人が歩み寄り結ばれるラヴ・ストーリーはとてもユニーーク。

血が溢れ出る食肉処理場のシーンが、マーリアエンドレが見る美しい夢のシーンによってかき消されているようにも思えた。

マーリア役のアレクサンドラ・ボルベーイが心を病む女性を素敵に演じている。


マーリアにアレクサンドラ・ボルベーイ。

エンドレにゲーザ・モルチャーニ。

クラーラにレーカ・テンキ。

シャーンドルにエルヴィン・ナジ。

監督、脚本は「私の20世紀/1989」のイルディコー・エニェディ。


新宿シネマカリテにて(既に上映終了)



[PR]
by margot2005 | 2018-05-23 20:33 | ヨーロッパ | Comments(0)
<< 「モリーズ・ゲーム」 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 >>