「シェイプ・オブ・ウォーター」

The Shape of Water2017 USA

a0051234_20514573.jpg
a0051234_20513739.jpg

1962年、米ソ冷戦下のアメリカ合衆国。話すことができない孤独な女性イライザは政府の極秘研究所航空宇宙研究センターで清掃員として働いている。隣人でゲイのジャイルズと、一緒に働く黒人のゼルダに支えられ平穏な日々を送っているが、恋人がいない寂しさを抱えていた。そんなある日、研究所の水槽に閉じ込められている不思議な生きものを見つける


イライザが見つけた不思議な生きものは、アマゾンの奥地で原住民に神と崇められていたという。そういえばラストで、ストリックランドがお前は神か?というシーンがあった。


ある日、航空宇宙研究センターにホフステトラー博士が生物の入ったタンクを運び込んでくる。エリート軍人ストリックランドがタンクに入った不思議な生きものを粗末に扱ったところ、その生きものが怒りを爆発させ彼の指を食いちぎってしまう。そしてイライザは汚れた部屋を掃除するため呼ばれるのだった。


イライザはランチのゆで卵をそっと差し出し、レコードをかける。恋人がいない彼女は両生類のような半漁人のカレに心奪われてしまったのだ。カレに手話が通じるとはとても思えないがファンタジー・ラヴ・ロマンスとして見れば二人のシーンはとても素敵。


話すことができない孤独な女性と両生類の究極のラヴ・ストーリー。

本年度のオスカー作品賞と監督賞をゲットしたギレルモ・デル・トロは、授賞式で、話すことができない女性と両生類の恋物語の企画なんて通るのか?と思ったと語っていた。

よくは知らないけど、ダグ・ジョーンズってモンスター役俳優の第一人者らしい。IMDbによるとギレルモ・デル・トロ作品にしばしば出演とあり、どうやら監督のお気に入りの様子。

一方でサリー・ホーキンスはマイク・リー作品にしばしば出演している。憂いを帯びた悲しい表情が似合うサリー。唯一パディントンミセス・ブラウン役は明るいキャラで似合っていた。

残念ながらオスカーはフランシス・マクドーマンドに持って行かれたけど、本作のサリーはキュートだった。


イライザに「パディントン2/2017」のサリー・ホーキンス。

ストリックランドに「ノクターナル・アニマルズ/2016」のマイケル・シャノン。

ジャイルズに「親愛なるきみへ/2010」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」のリチャード・ジェンキンス。

半漁人に「パンズ・ラビリンス/2006「ゲンズブールと女たち/2010」「クリムゾン・ピーク/2015」のダグ・ジョーンズ。

ゼルダに「gifted/ギフテッド/2017」のオクタヴィア・スペンサー。

ホフステトラー博士に「女神の見えざる手/2016」のマイケル・スタールバーグ。

フレミングに「猿の惑星:創世記(ジェネシス)/2011」のデヴィッド・ヒューレット。

ホイト元帥に「マネーボール/2011」のニック・サーシー。

監督、脚本、製作、原案は「パンズ・ラビリンス/2006」「パシフィック・リム/2013「クリムゾン・ピーク/2015」ギレルモ・デル・トロ。


シネリーブル池袋にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-17 22:15 | MINI THEATER | Comments(6)
Commented by ituka at 2018-03-18 18:43 x
暗く湿気っぽい研究室が結構好きなワタシです(笑)
これはもうサリー・ホーキンスありきの映画だなと思いました。
彼女でなければ、この切なさは出せないのではないかと。
あの半魚人はもう完全に神ですよね!^^
Commented by セレンディピティ at 2018-03-19 00:01 x
margotさん、こんばんは。
ロマンティックですてきな作品でしたね。
デル・トロ監督の自由な発想とファンタジーの世界にノックアウトされました。
60年代の冷戦の空気が、この謎めいたシチュエーションに合っていましたし
レトロな映像や美術、音楽がとても好みでした☆
Commented by onscreen at 2018-03-21 07:57 x
<話すことができない女性と両生類の恋物語の企画なんて通るのか?

それを通しただけでなく、究極の芸術レベルにまで到達させた手腕は、アカデミー監督賞にふさわしいですね!
Commented by margot2005 at 2018-03-22 21:37
> itukaさん
こんばんは。
さてさて暗く湿気っぽい研究室お好きですか?
それはレトロな雰囲気にピッタリでした。
悲しい、寂しい表情が上手いですね!サリー・ホーキンス!
ゲットできなかったですがオスカーものの演技は素晴らしかったです。
神の半魚人の恋人が似合う彼女でした。
Commented by margot2005 at 2018-03-22 21:50
> セレンディピティさん
こんばんは。
レトロな映像や美術、音楽が絶妙でした。
わたしもかなりノックアウトされた感じです。
今まで見たデル・トロ監督作品の中では記憶に残る最高作かと思います。
米ソ冷戦時代に起こりそうな出来事もうまく絡めていてナイスでした。

Commented by margot2005 at 2018-03-22 21:54
> onscreenさん
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!
監督は企画を通して正解でした!
アカデミー監督賞と作品賞ダブル受賞も納得の
素敵な大人のファンタジーでした。
<< 「The Beguiled/ビ... 「花咲くころ」 >>