「ダンケルク 4Kレストア版」

Week-end à Zuydcoote1964 フランス/イタリア

a0051234_19021029.jpg

a0051234_19012510.jpg

19406月、北フランス、ダンケルクにほど近いズイドコートの海岸。そこには40万近い英仏連合軍の兵士がひしめき、彼らは絶望と不安に苦しめられていた。そしてジュリアンマーヤ曹長はテントを張りアレクサンドル、デリイ、ピエルソンら3人の戦友と野営をしていた


ドラマがどのような展開になるのか全く知らなかった。戦争映画にロマンスを絡める辺りはアムールの国フランスらしい。戦争映画ではあるが、マーヤ曹長が戦場で遭遇する人々との出会いと別れを軸に描かれていて、これってヒューマンドラマ?と思わせるほど。

反戦映画と書いてある映画案内を見つけ、ドラマの中でもアレクサンドルが妻が待っているから除隊したい。と言っていたり、マーヤ曹長も早くこの場から逃れたいと必死になっている姿を見て反戦映画らしき雰囲気がうかがえる。

「ダンケルク/2017」英国軍がドーヴァー海峡を渡り始め、フランス兵の乗船を拒否している模様を描いていたが、本作でもそれはあり。そしてドイツ軍の空爆も激しいがドイツ兵は一切登場しない。


2/173/2まで角川シネマ有楽町で華麗なるフランス映画ドロン!ドヌーヴ!モロー!ベルモンド!を開催している。昨年の9月に「ダンケルク/2017」を鑑賞してジャン=ポール・ベルモンドの本作が気になっていた。で、あまりにもタイムリーに1964版が公開されると知ってシアターへ!

でも期待した割にはそれほどでもなかったかな?4Kレストア版の映像は驚くほど綺麗だったけど...。


今年85歳になるジャン=ポール・ベルモンド。ちょっと調べてみたら「パリの確率/1999」以来、彼の映画は日本で公開されていないし、ほぼ10年くらい映画にも出演していない様子。

ロマン・デュリス主演の「パリの確率」とアラン・ドロンと共演した「ハーフ・ア・チャンス/1998」はwowowで見ている。

ジャン=ポール・ベルモンド映画は大昔にリバイバル上映で見たような気もするが記憶にないので、シアターで初めて鑑賞したベルモンド映画としておきたい。


ジュリアンマーヤに「勝手にしやがれ/1959:気狂いピエロ/1965」「パリは燃えているか/1966」のジャン=ポール・ベルモンド。

ジャンヌに「太陽の下の18才/1962」のカトリーヌスパーク。

アレクサンドルに「サムライ/1967」のフランソワ・ペリエ。

デリイに「ヘッドライト/1955」のピエール・モンディ。

ピエルソンに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「ミックマック/2009」ジャンピエール・マリエール。

監督は「地下室のメロディー/1963」「シシリアン/1969」のアンリ・ヴェルヌイユ。

原作はロベール・メルルのズイドコートの週末


角川シネマ有楽町にて(期間、時間限定公開中)



[PR]
by margot2005 | 2018-02-25 23:19 | フランス | Comments(2)
Commented by Bianca at 2018-03-04 17:16 x
へえー、ベルモンドを劇場で始めてでしたか?意外でしたが、時期が私とずれているのでしょうね。
私は17歳で「雨のしのび逢い」を見たのが初体験でしたのでジャンヌ・モローともども、惚れ込みました。
まあ、美男とは言えませんけれど、思春期には見境がないですからね。
Commented by margot2005 at 2018-03-06 21:16
> Biancaさん
こんばんは。
ベルモンド映画って昔TVでよく放映していてそれは見ていました。
シアターでも見たかも知れませんね。記憶がごっちゃになってるかも?
ベルモンドは味のある俳優です。
60年代にジャンヌ・モロー映画はシアターで見たことがないのです。
ドヌーヴは見たのですが...。
モローの映画はレンタルビデオで見たのが初めてかな?
<< 「ローズの秘密の頁」 「ドリス・ヴァン・ノッテン フ... >>