「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」

Dries2017 ドイツ/ベルギー

a0051234_20034564.jpg
a0051234_20032493.jpg
a0051234_20052978.jpg
a0051234_20030854.jpg
a0051234_20031611.jpg
a0051234_20033164.jpg

監督、製作はライナー・ホルツェマー。

音楽はレディオヘッドのコリン・グリーンウッド。


ドキュメンタリーにはあまり惹かれないが、シアターで予告を見て興味を持った。そして別の映画を見に行った時、大きな方のシアターで上映されていた本作に人が集まっていてますます興味を持ち、翌日新宿武蔵野館へ!

美しいファブリックを使ってメンズ&レディーズのファッションを作り出すドリス・ヴァン・ノッテンの美意識/美的感覚は半端ではない。

唯一無二のブランドを牽引する天才デザイナー…”と称されるドリスのファッションは素晴らしい!の一言。


ファッションにアクセサリーは欠かせないものだが、ドリスのファッションにアクセサリーは一切ない。それはファブリックが美しくてアクセサリーの一部になっているように思える。

ドリスが願ってやまなかったパリのオペラ座で行われたショーでラストを迎える。オペラ座でファッション・ショーなんてスゴすぎる。


初めてカメラが入ったベルギー、アントワープにあるドリスの自宅。パートナーと暮らすその館には広大なる庭がある。花をこよなく愛するドリスの庭は美しくてため息ものだし、華麗なる館もうっとりするほどゴージャス!

以前、亡くなったイヴ・サンローランのドキュメンタリーを見たことがある。パートナーと暮らすパリの館がすごくゴージャスでさすがデザイナー!と感嘆したのを思いだす。


新宿武蔵野館にて


[PR]
by margot2005 | 2018-02-22 20:20 | ドイツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/238350261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ダンケルク 4Kレストア版」 「THE PROMISE/君へ... >>