「パディントン2」

Paddington2」2017 UK/フランス/USA

a0051234_22124514.jpg

ペルーの山奥からロンドンにやって来たクマのパディントン。今ではブラウン家の一員で、都会暮らしにも慣れ幸せな日々を送っている。そんなある日、世界に1冊しかない飛び出す絵本を見つけたことから騒動に巻き込まれてしまう


クマのパディントン大好きなので公開を楽しみにしていた。

パディントンと、ベン・ウィショーの声がなんとなくミスマッチで好き。英国紳士ばりに話すパディントンがチャーミングなのだ。前作同様パディントンが窮地に立たされブラウン一家総出でクマを助けるために奔走する他愛ない物語。でも映画は大人も十分楽しめるように作られていてナイス!


見ていてパディントンと演じる俳優がうまい具合に溶け合っているところがこの映画の良いところ。

ダブル、ヒューは「ノッティングヒルの恋人/1999」以来の共演ながら、ドラマの中ではあまり関わりがなくて残念。でも何と言ってもこのドラマを盛り上げているのはヒュー・グラント&ブレンダン・グリーソン。コメディの二人は最高!

刑務所のユニフォーム…一足の赤いソックスだけでピンクに染まるなんてありえないけど…粗い男たちが着ていると滑稽で笑わせてくれる。そしてラストのヒューのダンスは最高のパフォーマンスで今一度見たい!


パディントンに「未来を花束にして/2015」「王様のためのホログラム/2016」のベン・ウィショー(声)。

ヘンリーブラウンに「ミケランジェロ・プロジェクト/2013」のヒュー・ボネヴィル。

メアリー・ブラウンに「僕と世界の方程式/2014」のサリー・ホーキンス。

ミセス・バードに「ブルックリン/2015」のジュリー・ウォルターズ。

ジュディ・ブラウンにマデリーン・ハリス。

ジョナサン・ブラウンに「インポッシブル/2012」のサミュエル・ジョスリン。

フェニックス・ブキャナンに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のヒュー・グラント。

ナックルズに「ヒトラーへの285枚の葉書/2016」のブレンダン・グリーソン。

ミスター・グルーバーに「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期/2016」のジム・ブロードベント。

ルーシーおばさんに「パレードへようこそ/2014」のイメルダ・スタウントン(声)。

パストゥーゾおじさんに「英国王のスピーチ/2010」のマイケル・ガンボン(声)。

監督、脚本は「パディントン/2014」のポール・キング。


TOHOシネマズスカラ座にて(2/2迄)/日本橋、新宿他で上映中


[PR]
by margot2005 | 2018-02-03 21:55 | UK | Comments(4)
Commented by 3740s at 2018-02-03 22:32
こんばんは
愛らしい・・・・。

自然と笑顔に (喜)
Commented by margot2005 at 2018-02-04 15:06
> 3740sさん
今日は。
クマのパディントン可愛いですね。
この映画は見ていると笑顔になります。
Commented by ituka at 2018-02-05 20:46 x
ワタシ、サリー・ホーキンスの年齢を50代後半くらいと
ずっと思っていたらまだ41歳だったのですね(びっくり)
ここにきて、やたら注目作に登場してるので調べた結果がこれでした(笑)
パディントンの目が怖いです^^;
Commented by margot2005 at 2018-02-06 20:20
> itukaさん
サリー・ホーキンスって老け顔ってわけでもないけど
落ち着いた雰囲気が感じられる人ですよね。
ヘンリー・ブラウンの妻役には若すぎかと...。
来月公開予定の「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリーが見たいですね。

パディントンの目が怖い?
そうかな??キュートじゃないですか?
<< 「5パーセントの奇跡~嘘から始... 「女の一生」 >>