「ジャコメッティ 最後の肖像」

Final Portrait2017 UK

a0051234_22201974.jpg

1964年のパリ。アメリカ人作家ジェイムズ・ロードは美術評論家でもある。ある日、友人のアルベルト・ジャコメッティから”肖像画(下写真)のモデルになってくれないか?”と頼まれる。やがてロードはジャコメッティの”1日で終わるから~”という言葉を信じてアトリエに…


しかしながらロードのモデルは1日で終わらなかった。帰国する予定だった彼はそれを延期して肖像画のモデルを務めたのだ。

アトリエにはジャコメッティの愛人カロリーヌが突然やって来て作品作りが中断したり、気がのらないと描くのをやめて散歩に出かけたりする。結局作品が完成するのに18日が費やされた。


ジャコメッティは肖像画が完成しかけると白い絵の具でキャンバスを塗りつぶしまた一から描き始めるのだ。同じことが何度も何度も繰り返されロードは困惑してしまう。

ある時、ロードはアトリエに出入りするジャコメッティの弟ディエゴに”いつまでたっても肖像画が完成しないで困っている”と相談。そして兄をよく知るディエゴのアドバイスに従った所、画家はキャンバスを塗りつぶさないで筆を置きとうとう肖像画が完成する。


アルベルト・ジャコメッティについては良く知らないが20世紀を代表する芸術家の一人で、ドラマの中でピカソと交友があったことなどさりげなく語られている。

主演のジェフリー・ラッシュが本人(下二番目写真)に似ている。

気まぐれな天才画家と、生真面目そうな作家が対照的で面白い。それぞれのキャスティングも素晴らしい。

舞台はパリながらロケのシーンは全て英国ロンドン。

a0051234_22201114.jpg
a0051234_22195903.jpg

アルベルト・ジャコメッティに「キング・オブ・エジプト/2016」のジェフリー・ラッシュ。

ジェイムズ・ロードに「ノクターナル・アニマルズ/2016」のアーミー・ハマー。

ディエゴ・ジャコメッティに「1408号室/2007」トニー・シャルーブ。

アネットに「黄色い星の子供たち/2010」のシルヴィー・テステュー。

カロリーヌに「127時間/2010」のクレマンス・ポエジー。

監督、脚本は「美女と野獣/2017」のスタンリー・トゥッチ。


TOHOシネマズシャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2018-01-21 22:46 | UK | Comments(4)
Commented by Bianca at 2018-01-22 10:40 x
ジャコメッティはボーヴォワールの自伝・小説に登場する御馴染みさんです。
芸術家の魂を持っていてすることなすこと芸術家ですよね。
ジェフリー・ラッシュは見た目もよく似てますね。
1日で済むはずのモデルが18日になって困惑には笑えますね。
どういう策だったのか、映画を見たくなりますね。
Commented by margot2005 at 2018-01-23 20:59
> Biancaさん
こんばんは
ボーヴォワールと親交があったのですね。
ジャコメッティの彫刻にはあまりひかれないのですが、映画を見て彼の芸術家魂感じました。
そうそう何年か前に東京でジャコメッティ展開催されていたようです。
18日かかって仕上がった肖像画はなかなか素敵でしたよ。
Commented by ituka at 2018-01-23 22:39 x
永遠に終わりそうもない肖像画によく耐えましたよね。
モデルのジェイムズには尊敬です(笑)
ジャコメッティはいつもこうなんでしょうね。
妻も「だから私は(モデルを)もうしないの」なんて言ってましたもんね(笑)
Commented by margot2005 at 2018-01-24 20:20
> itukaさん
モデルを務めたジェイムズには感心しました。
きっととっても忍耐強い人なのでしょうね?
永遠に続くかと思われた創作活動に終止符が打たれた時
映画を見ている人皆がホットしたに違いありません。
ひつこいくらい書き直していたもの...。
そうそう妻が言うのも無理ないです。
<< 「ヒトラーに屈しなかった国王」 「キングスマン ゴールデン・サ... >>