「ターザン:REBORN」

「The Legend of Tarzan」2016 USA/UK/カナダ
a0051234_23354151.jpg

19世紀末のロンドン。ジョン・クレイトンは美しい妻ジェーンと瀟洒な屋敷で暮らす裕福な貴族。アフリカ、コンゴのジャングルで両親を亡くしたジョンはメスゴリラに育てられ、大人になり英国に戻った今では政府の要人。そんなある日、英国首相に頼まれ外交のためコンゴへ赴く…

ジョン・クレイトン(ターザン)に「メランコリア/2011」「メイジーの瞳/2012」「ザ・イースト/2013」のアレキサンダー・スカルスガルド。
ジェーン・クレイトンに「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」2013」「フランス組曲/2014」「フォーカス/2015」のマーゴット・ロビー/
ジョージ・ワシントン・ウィリアムズに「イン・マイ・カントリー/2004」「1408号室/2007」「ザ・クリーナー 消された殺人/2007」「キングスマン/2014」のサミュエル・L・ジャクソン。
レオン・ロムに「イングロリアス・バスターズ/2009」「おとなのけんか/2011」「恋人たちのパレード/2011」「ビッグ・アイズ/2014」「007 スペクター/2015」のクリストフ・ヴァルツ。
首長ムボンガに「ブラッド・ダイヤモンド/2006」「テンペスト/2010」のジャイモン・フンスー。
英国首相に「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」「ウイークエンドはパリで/2013」「パディントン/2014」「ブルックリン/2015」のジム・ブロードベント。
監督は「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・イェーツ。

“ターザン”映画って何となくTVで見た記憶がある。でもなぜか?“キングコング”映画とごっちゃになってしまって物語は全く覚えていない。
見に行ったのはちょっと気になるアレキサンダー・スカルスガルドに惹かれて…。そして久方ぶりにジャイモン・フンスーをスクリーンで見ることができた。

ジョンはピカピカに磨きあげられた大理石の宮殿のような屋敷で妻のジェーンと暮らしているが、常にどこか寂しげな表情を見せている。しかしアフリカのジャングルに戻ると俄然生気を取り戻すのだ。やはり彼の住む場所はここなのか?と思っていたらラストは想像どうりだった。

物語に環境破壊や、アフリカ先住民の奴隷化などを絡ませているのが今の時代にあったターザン映画でgood。南北戦争で戦った経験を持つアメリカ人のジョージ・ワシントン・ウィリアムズ博士が黒人で、英国人のジョンと親交を温めるという設定もナイスだ。

アクション・アドヴェンチャー映画を見るとエンド・クレジットのスタントマンの数が半端でない。ジャングルの中、“アーア・アー!!(ターザンの雄叫び)”と叫びながら木立から木立へと飛び回るのは、多分スタントマンだろうけど、アレキサンダーも8ヶ月トレーニングしただけあって頑張っている。CG合成ながら動物たちに向ける優しいまなざしが素敵だった。

ウェブサイトにスタイリッシュ・アクションとある。確かにこのターザンはかなりスタイリッシュ。そして、演じるアレキサンダー・スカルスガルドは意外にもターザン役が似合っている。
とにかく撮影の8ヶ月間食事制限された上、トレーニングと寝ることしか許されなかったらしい。
クリストフ・ヴァルツは「イングロリアス・バスターズ」のイメージがぬぐい去れないのかいつも悪役。でもそれが限りなく似合っているからキャンスティングされるのかも知れない。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2016-08-23 00:17 | USA | Comments(0)
<< 「ハイ・ライズ」 「ニュースの真相」 >>