「教授のおかしな妄想殺人」

「Irrational Man」2015 USA
a0051234_22443424.jpg

アメリカ、ニューポート。中年男のエイブは、ある日この小さな海辺の町へ哲学教授として赴任して来る。彼は全てのことにおいて無気力な人間。しかしそんなエイブに教え子のジルが夢中になる...

エイブに「帰らない日々/2007」「アンダーカヴァー/2007」「ザ・マスター/2012」「エヴァの告白/2013」のホアキン・フェニックス。
ジルに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」「マジック・イン・ムーンライト/2014」のエマ・ストーン。
リタに「ブロークン・イングリッシュ/2007」「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/2014」のパーカー・ポージー。
ロイに「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所/2014」のジェイミー・ブラックリー。
監督、脚本は「マジック・イン・ムーンライト/2014」のウディ・アレン。

見てから1ヶ月以上は経っていてレビュー書くのはやめようかとも思ったけど、とりあえず記録しておくことにした。
ホアキン・フェニックスは少々苦手な俳優で、ではなぜ見に行ったか?と考えればウディ・アレン映画だから…。
で、「マジック・イン・ムーンライト」もつまらなかったが、本作はより以上につまらなかった。「マジック・イン・ムーンライト」のレビューに次は期待したいと書いたのに…。

素敵なボーイ・フレンド、ロイがいるのに冴えない中年男エイブに夢中になるジルの心理が良く理解出来ない。でもそれってウディ・アレンが監督だからかも知れない。「マジック〜」でもそうだった。
あの殺人事件が起こる前まではもうダラダラしてしまって、途中でやめようかと思ったくらい。やはりウディ・アレン映画は相当にマンネリ化している??エマ・ストーンも、時代設定は全く違うのに前作とほぼ同じイメージでつまらなかった。
しかしながらホアキン・フェニックスのメタボにはあっと驚く。

シネ・リーブル池袋にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2016-07-28 23:56 | MINI THEATER | Comments(2)
Commented by セレンディピティ at 2016-08-04 15:21 x
こんにちは。
ちょっぴり残念な作品でしたね。
ホアキン・フェニックスのメタボは役作りかしら?^^
私も無気力なエイブにまったく魅力を感じなかったので、ジルの心理がさっぱり理解できませんでした。
冴えない中年男&魅力的な若い女の子の組み合わせは、アレン作品の定番ではありますが...
次こそは期待したいですね。
Commented by margot2005 at 2016-08-06 22:27
セレンディピティさん、こんばんは。
いつもコメントありがとう!

>ホアキン・フェニックスのメタボは役作りかしら?^^
どうでしょう?でもかなり派手なメタボでひょっとしたら??なんて思いましたね。
アレン好みかとも思いますが、主人公はスゴい無気力男で、
げんなりしてしまいそうでした。
<< 「トランボ ハリウッドに最も嫌... 「ラブ・トライアングル 秘密」 >>