「さざなみ」

「45 Years」2015 UK
a0051234_0135571.jpg

リタイアしたジェフとケイト夫婦は結婚して45年。子供のいない夫婦はイングランドの地方都市(ロケ地はノーフォーク)で愛犬と共に静かな日々を送っている。今週末には結婚45周年記念のパーティが開かれる予定。ドラマはその夫婦の一週間を描いている。

ケイトに「リスボンに誘われて/2013」「海に帰る日/2013」のシャーロット・ランプリング。
夫ジェフに「モネ・ゲーム/2012」「リスボンに誘われて」のトム・コートネイ。
ケイトの友人リナに「カレンダー・ガールズ/2003」「ドラゴン・タトゥーの女/2011」のジェラルディン・ジェームズ。
リナの夫ジョージにデヴィッド・シブリー。
リナの娘サリーにドリー・ウェルズ。
監督、脚本はアンドリュー・ヘイ。

静かで平凡な日常を送るジェフとケイト。そんなある月曜の朝ジェフに一通の手紙が届く。それはドイツ語で書かれた手紙だった。50年以上前にジェフは恋人カチャと共にスイスを旅していた。そして不幸なことにカチャは雪山のクレバスに落ち亡くなってしまう。しかし遺体は発見されず、50年近くたった今当時のままの姿で見つかったのだ。
ジェフは“ぼくのカチャ”と悲しみをにじませ、遺体の確認にスイスに行かなければならないと言う。ジェフにとってカチャはそれほど大事な人だったのか!?とケイトは夫の愛情に不信を抱き始める。

カチャは過去の女性と言い切るジェフ。しかし深夜、屋根裏部屋にしまいこんでいたカチャとの思い出の品を見つけたジェフは心も過去に戻ったかに見え戸惑いを隠せないケイト。
ジェフの留守に屋根裏部屋に上がり、8ミリカメラに納められたカチャの姿を見た時のケイトの衝撃は相当キツかったに違いない。

“45年”の原タイトルが“さざなみ”となるのはとても詩的で邦題にぴったり。熟年夫婦に突如起こる“さざなみ”は少々哀しいが…。
ラスト、パーティの席でケイトと結婚したことは素晴らしい選択だったと語るジェフ。その後ダンスに興じる二人は幸せそうに見えたが、やがてケイトはジェフの手を振り払う。それは積もったわだかまりが爆発したように思えた。
自分自身がおかした過去によってズタズタにされた妻の心を気にもかけていなかった夫。男ってそんな生きものかも知れない。

ケイト役のシャーロット・ランプリングはオスカーにもノミネートされていたが、ドラマの中の彼女の表情が素晴らしい!もともと憂いを帯びた顔のシャーロット・ランプリングながら、やるせない表情が見ているものに強烈に伝わってくる。
とらえどころがない雰囲気を醸しだすトム・コートネイもナイス・キャスティング。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-29 22:22 | UK | Comments(0)
<< イタリア映画祭2016...「... 「ハロルドが笑うその日まで」 >>