「砂上の法廷」

「The Whole Truth」 2016 USA
a0051234_2311624.png
a0051234_231758.png
a0051234_231091.jpg

ある日、富豪の大物弁護士ブーン・ラシターが殺害され、彼の息子で17歳の高校生マイクが容疑者として逮捕される。マイクの弁護をつとめるのはラシター家の敏腕顧問弁護士ラムゼイ。やがて裁判が始まるがマイクはラムゼイに対して沈黙を守り続ける…

リチャード・ラムゼイに「イルマーレ/2006」「フェイク シティ ある男のルール/2008」「50歳の恋愛白書/2009」のキアヌー・リーヴス。
ロレッタ・ラシターに「ミス・ポター/2006」「かけひきは、恋のはじまり/2008」のレニー・ゼルウィガー。
マイク・ラシターにガブリエル・バッソ。
ブーン・ラシターに「MR.デスティニー/1990」「ゴーストライター/2010」のジェームズ・ベルーシ。
ジャネルに「幸せの教室/2011」「ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜/2013」のググ・ンバータ=ロー。
監督は「フローズン・リバー/2008」のコートニー・ハント。

マイクが担当弁護士、それも一家の顧問弁護士と全く話さず心を開かないのが謎だった。しかし終盤でやはりそうだったのかと納得した。オープニングにラムゼイの独白がある。ラストに真実が明かされ、オープニングのラムゼイのシーンと被る。

ドラマは法廷でのシーンに加え実際に起こったシーンも織り込まれてる。
裁判が始まり証人たちの話を聞いた助手のジャネルは、皆が嘘をついていると確信する。確かに見ていて犯人はマイクではないとずっと感じていた。では誰が?母親か?と常に疑問に苛まれる。そしてあのラストにはまさか?とは思ったけどちょっと驚いた。正義は何処に??

私的には地味なドラマながら中々見応えがあった。本作の監督は「フローズン・リバー」のコートニー・ハント。法廷ものは大好きだし公開されたらすぐにと思っていたけど中々見に行けなくて、先週のサービス・デイに見に行ったらガラガラでびっくりした。キアヌーも過去の人?

キアヌー映画は「50歳の恋愛白書」以来のシアター鑑賞。wowowで「フェイク・クライム/2010」「47RONIN/2013」は見たけど、「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー/2013」は途中で挫折した。
レニー映画はジョージ・クルーニーと共演の、かなりつまらない「かけひきは、恋のはじまり」以来のシアター。
レニーに関しては2008年以来映画が公開されていない有様。“ブリジット・ジョーンズは何処へ?”といった状態。
以前ゴシップ記事写真でレニーの変貌ぶりに驚いたが、今やブリジットやポターとは別人の感じ。こんなに変化する人もいるんだと再び驚いた。
そうそうジェームズ・ベルーシのあんなキャラは初めて見たかも知れない。

キアヌーの一時劇太り姿もネットで見たが、本作ではスマートでクールなキアヌーに戻っていて安心した。
アル・パチーノ&シャーリーズ・セロンと共演した「ディアボロス/悪魔の扉/1997」はお気に入り映画の一つ。それはかれこれ20年前の映画でやはり弁護士役だったキアヌーがめちゃめちゃクールだったのを思い出す。キアヌーは弁護士役が似合う。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-17 23:12 | MINI THEATER | Comments(0)
<< 「最高の花婿」 「マジカル・ガール」 >>