人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「サウルの息子」

「Saul fia」2015 ハンガリー
「サウルの息子」_a0051234_2231833.jpg

1944年10月、ポーランドのアウシュビッツ(ビルケナウ)収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはゾンダーコマンドとして働いている。彼の仕事は同胞であるユダヤ人の死体処理。ある日ガス室で生き残った少年を発見するが、直ちに医者が呼ばれ殺されてしまう。やがてサウルは彼を手厚く葬ろうとラビを探し始める…

サウルにゲーザ・ルーリグ。
監督、脚本はネメシュ・ラースロー。

カンヌ国際映画祭グランプリ/ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞/アカデミー賞外国映画賞と華やかなる受賞歴。
かなり前(昨年?)にシアターで予告編を見て、一般公開されてもアウシュヴィッツものはあまり見たくないとずっと躊躇していた。でもアカデミー賞外国映画賞にも輝いたし、ちょっと見てみるかと重い腰を上げて見に行った。サービスディ(夕方の回)に行ったらかなりの人で、最終回はたぶんもっと入っていたはず。

少年はサウルの実の息子ではない。しかし少年を我が息子と自身に言い聞かせ埋葬にこだわり続ける。アウシュビッツ(ビルケナウ)ではナチスたちは人間であるユダヤ人を“部品”と呼んでいる。ここで生きのびるにはひたすら感情を押し殺して行動しなくてはならない。サウルは日々失われそうになる人間としての尊厳を保つため少年の埋葬にこだわったに違いない。

酷いシーンはぼかしてあるので良く見えないが、女性と子供の泣き声は聞こえて来る。なのでより以上に想像力をかきたてられ、途中でやめようかとも思うくらい見ていて辛かった。
ラスト…希望が見えたのに…結末は哀しい。

サウルを演じるゲーザ・ルーリグは詩人であり、現在小説を執筆する才人。レイフ・ファインズとアントニオ・バンデラスを足して2で割った風貌。全編を通じて見せる彼の哀しげな目が記憶に残る。
“ビルケナウ”はドイツ語で「白樺の谷」を意味するという。ラストシーンは正に“白樺の谷”だった。

新宿シネマカリテにて
by margot2005 | 2016-03-04 23:27 | ヨーロッパ | Comments(0)