「消えた声が、その名を呼ぶ」

「The Cut」2014 ドイツ/フランス/イタリア/ロシア/ポーランド/カナダ/トルコ/ヨルダン
a0051234_2043481.jpg

a0051234_2033448.jpg

a0051234_2042595.jpg

a0051234_204813.jpg

a0051234_2041765.jpg

a0051234_2035814.jpg

a0051234_2035076.jpg

1915年オスマン・トルコのマルディン。アルメニア人の鍛冶職人ナザレットは美しい妻ラケルと可愛い双子の娘たちと愛に満ちあふれた日々を送っている。キリスト教徒である彼は教会で祈りを捧げる善き人。しかしある夜、いきなり押し掛けてきた憲兵に、同居していた兄弟と一緒に強制連行されてしまう。
以後ナザレットは強制連行された男たちと共に灼熱の砂漠の中、毎日奴隷のように働かされる。ある日、ナザレットはアルメニア人の老人、女性、そして子供たちが疲れ果てた姿で列をなし歩く姿を目の当たりにする。ぐずぐずする者に容赦なく馬上からムチをふるう憲兵。彼らはどこへ向かっているのか?行き先には何が待ち受けているのだろうか?と自らも不安になる。やがてナザレットたちは手足を縄でつながれ行進させられ行き着いた所は谷底だった。そしてアルメニア人の男たちに処刑が言い渡される...

ナザレット・マヌギアンに「予言者/2009」「第九軍団のワシ/2010」「ある過去の行方/2013」「サンバ/2014」のタハール・ラヒム。
ナザレットの妻ラケルにヒンディ・ザーラ。
ナザレットの親友クリコルに「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「WEAPONS/シークレット・ディフェンス/2008」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のシモン・アブカリアン。
ナザレットを助ける石鹸工場のオーナー、オマル・ナスレディンに「シリアの花嫁/2004」「ミュンヘン/2005」のマクラム・フーリ。
ナザレットのアメリカの親戚ナカシアンに「96時間/リベンジ/2012」「エクソダス:神と王/2014」のケヴォルク・マリキャン。
ナカシアン夫人に「アララトの聖母/2002」のアルシネ・カンジアン。
孤児院院長に「未来を生きる君たちへ/2010」「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/2012」「愛さえあれば/2012」「ピエロがお前を嘲笑う/2014」のトリーヌ・ディルホム。
縫製工場のピーター・エデルマンに「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~/2010」「ガーディアン/2012」のモーリッツ・ブライブトロイ。
監督、脚本、製作は「太陽に恋して/2000」「愛より強く/2004」「そして、私たちは愛に帰る/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「ソウル・キッチン(SOUL KITCHEN)/2009」のファティ・アキン。

ファティ・アキン監督、タハール・ラヒム主演で楽しみにしていた一作。
鑑賞したのは昨年12月末。今年一番のレビューにしたかった一作でもある。
本作を見てすぐにイタリア映画祭で見た「ひばり農園/2007」を思い出した。第一次世界大戦下のトルコに住むアルメニア人家族を描くことで始まるドラマは「ひばり農園」と全く同じ。しかし本作はトルコにおけるアルメニア人虐殺が本筋ではなく、一人のアルメニア人の家族探しの旅が大きなテーマとなっていて、トルコの砂漠からレバノン、キューバ、フロリダ、そしてノースダコタへと続く主人公の過酷な旅のエンディングに感動する。
ドラマの中、娘探しをするナザレットがチャーリー・チャプリンのサイレント映画「The Kid/キッド/1921」を見て涙を流すシーンにも心打たれた。
「そして、私たちは愛に帰る」は“愛と死”をテーマに描いた素晴らしいヒューマン・ドラマだったが、本作でもやはり“愛と死”が描かれる。
ファティ・アキンって「ソウル・キッチン(SOUL KITCHEN)」のようなふざけた映画を作るかと思えば、「そして、私たちは愛に帰る」や本作のような超真面目な映画も作る...やっぱり彼は鬼才なのか?!

ナザレットを演じるタハール・ラヒムはほぼ全編に出演し大熱演している。
フランス映画祭2010で見た「予言者」の主人公マリックの面影はもはやなく、多種多様な役柄が似合う俳優だ。wowowで見たジル・ルルーシュと共演のサスペンス「ジブラルタルの罠/2013」ではフランス税関の捜査官役でとても似合っていたのを思い出す。「サンバ」はもちろん最高だったし、タハールは素晴らしいフランス人俳優。
レア・セドゥと共演のロマンス・ドラマ「グランド・セントラル/2013」が見てみたい。

モーリッツ・ブライブトロイは「ひばり農園」でトルコ軍兵士役で出演している。クレジットにしっかりと入っているモーリッツの出演はワンシーンのみ、それもロング・ショットで…。トリーヌ・ディルホムの出演も少ない。
エンドクレジットでファティ・アキン監督が敬愛するマーティン・スコセッシ監督に本作を捧げている。
邦題はかなり陳腐。原タイトル「The Cut」は主人公が鍛冶職人ということもあり意味深い。

角川シネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2016-01-07 23:00 | ドイツ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/22104913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2016-01-19 19:58
タイトル : 「消えた声が、その名を呼ぶ」
命をかけてこの道をゆく 君たちに再び会うためにこの作品の当時、オスマン帝国は中世からの大繁栄からは打って変わって領土を失い、黒海の下方に位置するのみの「瀕死の病人」状態であった。敵国ロシアに対する攻防を続けたのち、第一次世界大戦に参戦する。そして歴史的には1922年、帝国は滅亡する。これは、第一次世界大戦時に起こった、歴史に残るアルメニア人大虐殺(一説にはヒトラーのユダヤ人ホロコーストは、これを参考にしたとされている)に翻弄されたある男の物語である。1915年、第一次世界大戦が始まった翌年、まだ戦争は...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-01-20 17:22
タイトル : 消えた声が、その名を呼ぶ
1915年、オスマン・トルコ、マルディン。 少数民族アルメニア人の鍛冶職人ナザレットは、双子の娘ルシネとアルシネ、そして妻ラケルと幸せに暮らしていた。 ところがある夜、憲兵によって強制連行されたナザレットらアルメニア人の男たちは、灼熱の砂漠で奴隷のように働かされた後、喉をナイフで切られ殺されることに。 数時間後、ナザレットは意識を取り戻すが、声が出なくなっていた…。 社会派ヒューマンドラマ。 ... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2016-02-04 12:54
タイトル : 愛しい人~『消えた声が、その名を呼ぶ』
 THE CUT  1915年、オスマン帝国。アルメニア人鍛冶職人のナザレット(タハール・ラヒ ム)は、妻と双子の娘を愛し、幸せに暮らしていた。しかしある夜更け、憲兵が 彼を強制連行する。妻子と引き離され、過酷な肉体労働に従事させられたナ ザレットは・・・。  トルコ系ドイツ人監督、ファティ・アキンの新作。トルコの歴史の暗部である アルメニア人...... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2016-02-05 06:28
タイトル : 消えた声が、その名を呼ぶ
 第一次大戦中にトルコで起きたアルメニア人虐殺を舞台に、生き残った父親が離ればなれになった娘達を捜す壮大なストーリー。トルコ系のファティ・アキン監督が、トルコ史の恥部をいうべき作品を撮影するというのも驚きです。  作品情報 2014年ドイツ、フランス、イタ…... more
Tracked from いやいやえん at 2016-07-10 16:22
タイトル : 消えた声が、その名を呼ぶ
【概略】 1915年、オスマン・トルコ。家族と引き離されたアルメニア人のナザレットは、喉を刺されながら奇跡的に生き延びるが…。 ドラマ 命を懸けてこの道をゆく、おまえに会うためにー。 アルメニア人虐殺という歴史的悲劇を背景に、声を失った男性の壮大な旅路を描いたドラマ。 1915年、オスマン・トルコ。鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は突然終わった。アルメニア人であるがゆえに妻と双子の娘から引き離され、砂漠での強制労働の末に、喉にナイフを刺され命を奪われそうになる―。仲間が次々と命...... more
<< 「マイ・ファニー・レディ」 HAPPY NEW YEAR! >>