「コードネームU.N.C.L.E.」

「The Man from U.N.C.L.E.」2015 USA/UK
a0051234_23575640.jpg

東西冷戦時代を舞台にアメリカ合衆国とソ連のトップ・エージェントが手を組んで活躍するスパイ・アクション。

ナポレオン・ソロに「トリスタンとイゾルデ/2006」「人生万歳!/2009」「インモータルズ -神々の闘い-/2011」「シャドー・チェイサー/2012」「マン・オブ・スティール/2013」のヘンリー・カヴィル。
イリヤ・クリヤキンに「ソーシャル・ネットワーク/2010」「白雪姫と鏡の女王/2012」「ローン・レンジャー/2013」のアーミー・ハマー。
ギャビー・テラーに「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/2012」「アンナ・カレーニナ/2012」「ガンズ&ゴールド/2013」のアリシア・ヴィキャンデル。
ヴィクトリアに「華麗なるギャツビー/2012」のエリザベス・デビッキ。
サンダースに「ブーリン家の姉妹/2003」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト/2013」のジャレッド・ハリス。
ウェーバリーに「ラブソングができるまで/2007」「噂のモーガン夫妻/2009」のヒュー・グラント。
ウド・テラー博士に「ワルキューレ/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「誰がため/2008」のクリスチャン·ベルケル。
監督、脚本、製作、原案に「スナッチ/2000」「ロックンローラ/2008」「シャーロック・ホームズ/2009」のガイ・リッチー。

1960年代のドイツ。アメリカCIAの敏腕エージェント、ナポレオン・ソロは東ベルリンに赴き、ある自動車修理工場を訪ねる。目的は工場の女整備士ギャビーを確保することだった。ギャビーの父親の天才科学者ウド・テラー博士が疾走し、核兵器を巡る国際的陰謀に巻き込まれている可能性があったのだ。やがて上司のサンダースからKGBのエリート・スパ イ、イリヤ・クリヤキンと組んでウド・テラー博士奪還と、旧ナチスの残党である国際犯罪組織によるテロの阻止を命じられる。猛烈に反撥し合うアメリカとソ連のエージェント、ソロ&イリア。しかしギャビーを守りながら、彼女の父親を見つけださなければならない。ギャビーとイリアは夫婦を装い、ソロと共にイタリアへ向かう。

TVドラマ「0011ナポレオン・ソロ」はもちろん知っている。映画となった本作はガイ・リッチーの原案で、とてもスタイリッシュで、ゴージャスでナイス。「0011ナポレオン・ソロ」とは全く別ものとしたい。
ナチスの残党が核兵器を作って陰謀を起こすなんて60年代だからこそのストーリーで面白い。

ただちょっと、ヘンリー・カヴィルとアーミー・ハマーのコンビって、見る前なんとなく違和感ありの雰囲気で、見ていても少々違和感ありで、でも中盤からはドラマの勢いにのせられてエンディングとなった。そして U.N.C.L.E.のボスのウェーバリーが出てきたり、ギャビーの本当の姿も明かされ続ありの雰囲気??

ヒュー・グラントが懐かしい。シアターでヒューの映画を見るのは「噂のモーガン夫妻」以来だった。現在公開中の「Re:LIFE~リライフ~」まだ見れてない。
どこかのレビューにヘンリー・カヴィルの大ファンと書いた気がする。でもなんだかだんだん脂ぎった感じがしてきてキモイ感じが漂っている。
アーミー・ハマーは爽やかな青年のイメージながら、本作はロシア人役だから?今迄と違ったキャラで中々素敵だ。
ギャビー役のアリシア・ヴィキャンデルがとてもチャーミング。60年代のオードリー・ヘプバーン映画「おしゃれ泥棒/1966」を思い起こしてしまいそうなファッションが素敵。
ヴィクトリアを演じるエリザベス・デビッキは濃いメイクが60年代らしい。でもパリス・ヒルトンそっくりなのだけど。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2015-11-29 23:59 | USA | Comments(4)
Commented by kogarinta at 2015-11-30 15:31
こんにちは。
今作は、女優陣の美しくてだけど強い!という所が良かったと思います。壁の花になっていなかったですものね。
私はヘンリー・カヴィルは元々苦手なタイプなのですが、60年代という古い設定が古いタイプのハンサムにはよく似合っていたと思いました。にしても、アーミー・ハマーの役はお得な役ですねー。普通に見てても結構胸きゅんですものね。
Commented by セレンディピティ at 2015-11-30 16:40 x
こんにちは。
margotさんは、「0011ナポレオン・ソロ」をご存知なのですね。
本作はオリジナルとはまったくの別物かもしれませんが?
スタイリッシュでおしゃれなすてきな作品に仕上がっていましたね。
レトロなテイストながら、スピード感のある展開で楽しめました。

私はソロ、イリヤ、ギャビーの3人の組合せが気に入ったので
続編ができたらうれしいです。
Commented by margot2005 at 2015-12-03 21:49
ここなつさん、こんばんは、
>ヘンリー・カヴィルは元々苦手なタイプ...ってわかる気がします。
かなり濃い感じですから。
確かにアーミー・ハマーのキャラの方が当然ながら女性に好まれそうですね。
Commented by margot2005 at 2015-12-03 21:54
セレンディピティ 、こんばんは。

「0011ナポレオン・ソロ」は60年代ですからTVで見ている世代でした。
半世紀もたっていますから、記憶は定かじゃありませんが、イリア役のデヴィッド・マッカラムの方が
断然好きでした。

本作はスタイリッシュで良かったです。続みたいですね。
<< 「カミーユ、恋はふたたび」 「1001グラムハカリしれない... >>