「ムースの隠遁」

「Le refuge」…aka「The Refuge」「Hideaway」2009フランス 
a0051234_19353811.jpg
a0051234_19353157.jpg
a0051234_1935226.jpg
a0051234_19351254.jpg

a0051234_1939554.jpg
a0051234_19385655.jpg

パリの高級アパルトマンで愛し合うムースとルイは若くて美しくてリッチなカップル。しかしながらドラッグに夢中でやめることができない。ある日、二人はドラッグの過剰摂取で病院に搬送される。やがてルイは急性ドラッグ中毒で死んでしまうがムースは生き残り、妊娠していると医師に告げられる…

ムースに「奇跡のひと マリーとマルグリット/2014」のイザベル・カレ。
ポールにルイ・ロナン・ショワジー。
セルジュにピエール・ルイス・カリクト。
ルイに「わたしはロランス/2012」のメルヴィル・プポー。
ルイとポールの母親にクレール・ヴェルネ。
ルイとポールの父親にジャン=ピエール・アンドレアーニ。
監督、脚本は「17歳/2013」のフランソワ・オゾン。

残念なことにお気に入りフランス人俳優メルヴィル・プポーはすぐに死んでしまう。それもオープニングで…。彼は「ぼくを葬る/2005」でもゲイを演じている。そして「わたしはロランス」ではトランスジェンダーの男。そういや優しい表情とかゲイっぽい?のかな?

ドラッグ依存症カップルのオープニングはとてもショッキング。そしてタイトル(邦題も原タイトルも…)からも、その後どのように展開されていくのだろうと興味津々となる。
ドラッグ中毒の女性の妊娠は危険であるゆえ、“生むきなの?わたしたちは死後の子供を望んでない。”と、退院したムースは亡くなったルイの母親に迫られる。しかし子供を産む決心をした彼女はルイの親族の田舎の別荘にこもることになる。

ルイの弟ポールはゲイ。田舎の村でポールが出会うセルジュももちろんゲイ…と、ムースの周りの男はゲイばかり。しかしムースはポールとの暮らしで日々癒されていく。
ある時、ポールは“本気で愛した人が死んでしまった。”と話し、“ルイとは血のつながらない兄弟だった。”とも告白する。その言葉でムースはポールとルイが愛し合っていたと気づくのだった。

ラスト、ムースの取った行動はちょっと切ないが、ポールとルイの深い愛を考えたのだろうか?ムースとルイの幼い娘を愛おしげに抱きしめるポールがとても素敵に映る。
本作はtrès très bien!(トレ、トレビアン)なオゾンの世界のラヴ・ドラマで、フランスの田舎の景色が美しい。
ポール役のルイ・ロナン・ショワジーがハンサム。
ロマン・デュリスとラファエル・ペルソナーズが出演するオゾンの次作「彼は秘密の女ともだち/2014」が楽しみ。

wowowにて
[PR]
by margot2005 | 2015-06-20 19:51 | フランス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/21363852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ハイネケン誘拐の代償」 「奇跡のひと マリーとマルグリット」 >>