「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

「The Imitation Game」2014 USA/UK
a0051234_21423311.jpg
a0051234_2142235.jpg
a0051234_21425313.jpg

1939年、英国はヒトラー率いるドイツに宣戦布告し第二次世界大戦が始まる。ドイツと戦うには敵の暗号機“エニグ マ”の解読以外に勝利は望めない。ある時、MI6の元にチェスの英国チャンピオンを始めとした天才的な頭脳を持つエリートが集められる。その中の一人がケンブリッジ大学キングス・カレッジで学んだ数学者アラン・チューリング。自信家で協調性に欠ける彼は一人で電子操作の解読マシーンを作り始める。子供の頃から孤独だったチューリングは、マシーンにかつてたった一人の友人だったクリストファーの名前をつけ、暗号を解き始める。そんな折、チューリングの発案でクロスワード・パズルが得意なジョーンがチームに加わる。社交的なジョーンが加わりチューリングは仲間との絆を深めて行く...

アラン・チューリングに「それでも夜は明ける/2013」のベネディクト・カンバーバッチ。
ジョー ン・クラークに「はじまりのうた/2013」のキーラ・ナイトレイ。
ヒュー・ アレグザンダーに「マッチポイント/2005」「敬愛なるベートーヴェン/2006」「ウォッチメン/2009」「シングルマン/2009」「イノセント・ガーデン/2013」のマシュー・グード。
ジョ ン・ケアンクロスに「ダウントンアビー/2010~204」「グランドピアノ 狙われた黒鍵/2013」のアレン・リーチ。
ピーター・ヒルトンに「17歳の肖像/2009」「ミスター・スキャンダル/2013」のマシュー・ビアード。
デニストン中佐に「ラヴェンダーの咲く庭で/2004(監督、脚本)」「タロット・カード殺人事件/2006」「ドラキュラzero/2014」のチャールズ・ダンス。
スチュアート・ミンギスに「ビトレイヤー/12013」のマーク・ストロング。
ロバート・ノック刑事に「007/慰めの報酬/2008」「007 スカイフォール/2012」「ブロークン/2012」のロリー・キニア。
監督は「ヘッドハンター/2011」のモルテン・ティルドゥム。

「ヘッドハンター」の監督とベネディクト・カンバーバッチ主演のドラマはとても見応えがあった。機械には機械で対抗するよりないと考えたアラン・チューリングが作ったコンピューターは当然のことながらバカでかい!何せ時代は1939年なのだから…。そしてチューリングはコンピューターの原型となるモデルを考案した一人であるそう。
ドラマはチューリングの戦争中と戦後の姿、そして学生時代を交差しながら描かれる。交差が少々頻繁な気もするが、ストーリーが分らなくなることはない。
チューリングには人には言えない重大な秘密があったようで...あの時代では罪とされていた彼の性癖。戦後、ジョーンがチューリングを救い出そうとするが、自殺してしまったという彼の最期が実にお気の毒。

オスカー主演男優賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。受賞は叶わなかったけど、本作での演技は素晴らしかった。映画は初日に鑑賞。カンバーバッチ、ファンが多くいた多分...。
ベネディクト・カンバーバッチを初めて見たのは「アメイジング・グレイス/2006」。英国の政治家で元首相のウイリアム・ピット役が似合っていた。その後、「つぐない/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」と続き、初めての主演映画「僕が星になるまえに/2010」「ミスティック・アイズ/2010」に到達。TVドラマ「SHERLOCK(シャーロック)/2010~」は見逃がしてしまったが「パレーズ・エンド/2012」はしっかりと見た。彼は時代ものが似合う俳優だ。2010年に作られたドキュメンタリー「Van Gogh: Painted with Words」もBSで見ている。
カンバーバッチの魅力は何と言ってもあのsexyなバリトン・ボイスに尽きる。

ヒュー・ アレグザンダーを演じるマシュー・グードは「チェイシング・リバティー/2004」以来の大ファン。マシュー・グードよりカンバーバッチの方が年上だったとは知らなかった。
M16のスチュアート・ミンギス役のマーク・ストロングの出演も嬉しい。
始め誰か分らなくて困ったが、見ている間に思い出した彼...「ダウントン・アビー」の運転手ブランソン役のアレン・リーチ初のシアターだった。
ダグレイ・スコット&ケイト・ウィンスレットの「エニグマ/2001」と言う映画があり、観ているが登場人物は全く別人。

日比谷みゆき座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-03-19 22:32 | MINI THEATER | Comments(4)
Commented at 2015-03-20 02:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by margot2005 at 2015-03-20 23:07
pretty-bacchusさん!
おつかれさまでした。読ませていただきましたよ。
Commented by セレンディピティ at 2015-03-23 10:48 x
こんにちは。
見応えのある歴史・戦争ドラマでとっても堪能できました。
カンバーバッチはややコミカルな序盤から苦悩を深めていく後半へ...
とみごとに演じていましたね。
個人的にはカンバーバッチよりマシュー・グードの方が好みですが。^^
若手からベテランまで、登場するイギリス俳優さんたちが魅力的でした。
Commented by margot2005 at 2015-03-25 19:51
セレンディピティ さん、こんばんは。

本作とても評判ですね。素晴らしい一作でした。
色んなところでこの映画の宣伝しているようです。カンバーバッチ、ファンが盛り上がっているのでしょうか?
私もカンバーバッチより断然マシュー好みです。
個人的に好きな俳優をあげて...と言われたら英国人が圧倒的です。アングロ・サクソン人になぜか?惹かれるのかも?

<< 「シェフ 三ツ星フードトラック... 「アメリカン・スナイパー」 >>