「サンシャイン/歌声が響く街」

「Sunshine on Leith」 2013 UK
a0051234_0253653.jpg
a0051234_0252470.jpg

スコットランド、リース。ロブとジーンは今年で結婚25年周年を迎える仲睦まじい夫婦。二人には息子と娘がおり、息子のデイヴィーが、娘リズのボーイフレンド、アリーと共に兵役を終えアフガニスタンから帰還する。やがて大勢の親戚や、知人を招いた銀婚式の祝いが盛大に行われるパーティの席でロブに隠し子がいることが発覚する…。

ロブに「BOY A/2007」「思秋期/2010」「戦火の馬/2011」「ビトレイヤー/2013」のピーター・ミュラン。
ジーンに「リトル・ヴォイス/1998」のジェーン・ホロックス。
デイヴィーに「ディファイアンス/2008」のジョージ・マッケイ。
イヴォンヌにアントニア・トーマス。
リズにフレイア・メイヴァー。
アリーにケヴィン・ガスリー。
ハリーに「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ/1999」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」タイタンの戦い/2010」「エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~/2012」「ビトレイヤー/2013」のジェイソン・フレミング。

遠い昔のたった一度の過ちだったが、ロブの裏切りに怒り心頭のジーン。
看護師のリズはアリーに突然プロポーズされるがフロリダで新しい仕事にチャレンジするため彼のプロポーズを断ってしまう。
デイヴィーはリズの同僚のイヴォンヌと出会い恋に落ちるが、彼女をずっと愛せるか不安を募らす。
やがて心臓発作でロブが倒れてしまう。
そんなトラブルだらけの一家が幸せを取り戻して行く様子が歌と共に進行する。

スコットランドのリースを舞台に描くミュージカルで、英国のヒット・ミュージカルが元になっているそう。
シアターで本作の予告編は見ているはずだが、英国のいぶし銀俳優ピーター・ミュランが歌い出したところ非常に驚いてしまった。
ラスト、エディンバラのナショナル・ギャラリー前で歌って踊るシーンで、インド映画入ってる??なんてことはないのだが…あのシーンはミュージカル映画の迫力ありナイス。
そして俳優たちが抜群の歌唱力。ジーン役は「リトル・ヴォイス」のヒロインを演じたジェーン・ホロックス。彼女の歌唱力はやはりで、他の若者たちも皆上手いのだ。ピーター・ミュランも頑張っている。

映画を観てから相当なる日にちが経っているのでレビューを書くのはやめにしようかと思っていたが、9月に入ってからヒューマントラストに行ったところ、本作は今だ上映中であった。英国で大ヒットしたのは頷けるが、日本人が観てどうだろう?感動ってほどのものではなかったが、中々素敵なミュージカル映画だった。
テーマソング“I’m Gonna Be(500Miles)”は何処かで聞き覚えのある…と思っていたら「妹の恋人/1993」の主題歌。
ジーンの同僚役ハリーを演じるジェイソン・フレミングのこういった役柄は初めて見たけど意外や似合っている。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて(17:10~一回のみ上映中)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-16 00:39 | UK | Comments(0)
<< 「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」 「めぐり逢わせのお弁当」 >>