「アデル、ブルーは熱い色」

「La vie d'Adèle - Chapitres 1 et 2」…aka「Adèle's Life」「Blue Is the Warmest Color」2013 フランス/ベルギー/スペイン
a0051234_22193791.jpg

アデルにアデル・エグザルコプロス。
エマに「美しい人/2008」「ロビン・フッド/2010」「ミッドナイト・イン・パリ/2011」「マリー・アントワネットに別れをつげて/2012」のレア・セドゥ。
サミールにサリム・ケシュシュ。
リーズにモナ・ヴァルラヴェン。
アントワーヌにバンジャマン・シクスー。
トマにジェレミー・ラウールト。
監督、脚本はアブデラティフ・ケシシュ。
a0051234_22201434.jpg
a0051234_2220696.jpg
a0051234_22195863.jpg
a0051234_22194836.jpg

高校生のアデルは文学と子供が大好きで将来は教師になりたいと思っている。上級生のトマと出会い恋人になるがなぜか満たされない。トマとのsexにも歓びを感じられず、アデルは彼と別れる決意をする…

アデルがトマと別れたのはエマのせい??トマとのデートに向かう途中、道で髪をブルーに染めた女性を見つけたから…それは一目惚れだったに違いない。その後アデルはレズビアン・クラブでエマとの再会を果たす。アデルはエマとの出会いは偶然だというが、エマは人生に偶然はないと言い放つ。確かにアデルはエマを探し求めてそのクラブに行ったのだから…。

“出てけ!売春婦!”となじるエマが凄まじい!!女が浮気をし、それを知った男が怒り狂う。それも良くあること。しかしこれほどまでに相手の女を罵るだろうか?同性だと嫉妬が勝るのかも知れないと思った。
エマは筋金入りのレズビアンだが、アデルはどうだろう?高校生の時、トマと愛し合ったが歓びを感じることはなかった。その後、学校で女の子とのキスの経験をし、運命的にエマと出会う。アデルにとってエマとの出会いは衝撃的だった。自分は同性が好きなのかも知れないと感じていた矢先だったから…。やがてアデルはエマに夢中になっていく。エマはレズビアンであることを母親にも隠そうとしないが、アデルはそうはいかない。エマと暮らしていることを両親や同僚に隠し続けるアデル。そしてある夜、エマがいない寂しさから同僚であるアントワーヌの誘惑にのってしまう。

映画を観て感じたのは、エマはブルジョアジーの人間で、アデルは決してそうではないということ。エマが何度も“書くのが好きなのだから本を書けば...”という。エマはアーティスト(画家)だから尚更そう思うのだろう。しかしアデルは働かなくては生活できない。二人の生き方は最初から違っていたのだ。
ラスト、エマに寄り添う新しい恋人リーズに少々嫉妬を覚えつつギャラリーを後にするアデル。エマと出会い大人になった彼女の後ろ姿が素敵で、最高のエンディングだった。

「美しい人」で高校生を演じたレア・セドゥーが貫禄で、ヘアーが短いせいかマダムっぽくて驚く。本作は初日に観た。ラスト上映の回、シアターはほぼ満員で驚いた。想像どおり女性が圧倒的。
女性二人のアムールのシーンがとても美しく、カンヌ映画祭パルムドールに輝いたドラマはとても見応えがある。当然ながらエマとアデルを演じる二人の女優が素晴らしい。
映画は179分とフランスのドラマにしてはとても長い。でも長さは全く感じなかった。

ヒューマントラストシネマズ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2014-04-29 22:42 | フランス | Comments(2)
Commented by Bianca at 2014-10-14 12:33 x
この同じ監督の「クスクス粒の秘密」をDVDで見たところですが、こちらの「アデル、ブルーは~」もぜひ見たいです。DVDにならないかなあ?
Commented by margot2005 at 2014-10-16 23:41
Biancaさん、こんばんは。
「クスクス粒の秘密」は途中で挫折したのですがまだHDDに残っているので見てみようと思います。
さて「アデル、ブルーは~」はまだDVDになってないのですね?ちょっと調べた所11月下旬にDVD発売されるようですよ。
<< 「チョコレートドーナツ」 「フィッシュ・タンク」 >>