「17歳」

「Jeune & jolie」2013 フランス
a0051234_22104739.jpg

イザベルにマリーヌ・ヴァクト。
シルヴィに「ふたりの五つの分かれ路/2004」「輝ける女たち/2006」「ディディーヌ/2007」のジェラルディーヌ・ペラス。
パトリックに「ずっとあなたを愛してる/2008」「サラの鍵/2010」「わたしたちの宣戦布告/2011」「タイピスト!/2012」のフレデリック・ピエロ。
ヴィクトルにファンタン・ラヴァ。
ジョルジュに「シスタースマイル ドミニクの歌/2009」「ラスト・ターゲット/2010」のヨハン・レイゼン。
アリスに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」「ある公爵夫人の生涯/2008」「わたしを離さないで/2010」「メランコリア/2011」
のシャーロット・ランプリング。
監督、脚本は「ぼくを葬る/2009」「エンジェル/2007」「Ricky リッキー/2009」「しあわせの雨傘/2010」「危険なプロット/2012」のフランソワ・オゾン。
a0051234_22102886.jpg
a0051234_22102066.jpg
a0051234_22101179.jpg

パリの名門アンリ四世高校に通うイザベルは17歳。家族でヴァカンスを過ごしたリゾート地でドイツ人青年と出会い一夜を共にするが、さっさと別れてしまう。パリへ戻ったイザベルはある日、学校の前で見知らぬ男に声をかけられる。その後、男の言った事に興味を覚えたイザベルはSNSに登録し売春を始める…

イザベルが売春に及んだ動機は?それはかなり曖昧。母親は娘を”あばずれ!”呼ばわりしていたけど…イザベルが相手にする男は年上ばかり。ジョルジュに至っては父親どころか祖父くらいの年齢。実父と別れファーザー・コンプレックスでもあるまいに…彼女の行動は誰にも、本人にさえ理解できないのかも知れない。
イザベルと弟ヴィクトルとの会話もかなりきわどいし、母親シルヴィは完璧なる放任主義だし、シャワーを浴びる姿を継父パトリックに見られてもちっとも動揺しないイザベルはやはりあばずれなのか?

オゾン映画ファンだが本作はどうもいただけなかった。銀座で上映ということもあるが、観客ojisanが多くて驚きつつも納得。
ラストに登場するシャーロット・ランプリングは相変わらずの貫禄。
イザベルを演じるマリーヌ・ヴァクト、可憐な表情が高校生に見えなくもないが実際は20歳を超えている。
イザベルの友人が住むアパルトマンは眼下にエトワールが見えるロケーション。以前エトワールのトップに登った時パリのリッチマンが住むアパルトマンが立ち並ぶ景色を見た記憶がよみがえった(下写真)。
原タイトルは“若さと美しさ”。ラストでアリスがイザベルにこの言葉を献上する。
“若さと美しさ”に“愚かさ”もプラスしたい。
a0051234_22121511.jpg

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-02-23 23:11 | フランス | Comments(2)
Commented by Bianca at 2014-02-26 10:30 x
ハハハ・・・・・「愚かさ」もプラスしたいとは、痛烈ですね!オゾンって女性に厳しいと思いますが17歳って古今東西、迷い多き年頃なのかも知れませんね。
Commented by margot2005 at 2014-03-02 18:10
Biancaさん、コメントありがとうございます。
映画の中でアリスは「愚かさ」は責めませんでしたが、顔には書いてあるように思えました。
17才って大人でもない、子供でもない、微妙な年齢なのでしょうね。

>オゾンって女性に厳しいと思いますが..やはりそうなんですね?
<< 「エヴァの告白」 「メイジーの瞳」 >>