「ルートヴィヒ」

「Ludwig II」2012 オーストリア/ドイツ
a0051234_19315271.jpg

ルートヴィヒ二世にザビン・タンブレア。
晩年のルー トヴィヒ二世にゼバスチャン・シッパー 。
オーストリア皇后エリザベートに「4分間のピアニスト/2006」「バーダー・マインホフ 理想の果てに/2008」のハンナー・ヘルツシュプルンク。
リヒャルト・ワーグナーに「es [エス]/2001」のエトガー・ゼルゲ。
弟オットーにトム・シリング。
ゾフィにポーラ・ビール。
リヒャルト・ホルヒニに「マーラー 君に捧げるアダージョ/2010」のフリードリヒ・ミュッケ。
バイエルン首相ヨハン・ルッツに「コッホ先生と僕らの革命/2011」「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀/2011」のユストゥス・フォン・ドナーニー。
監督、脚本はマリー・ノエル&ピーター・ゼアー。
a0051234_19331221.jpg
a0051234_1932585.jpg
a0051234_19324721.jpg
a0051234_1932389.jpg

今で言うイケメンのバイエルン王、ルートヴィヒ二世は、執務室に花や樹を飾り日々それを愛でている。鳥もいたそういや…。正に夢見る王子で、彼を知ればあのノイシュヴァンシュタイン城を建てたことが良くわかる。

作曲家リヒャルト・ワーグナーに心酔するルートヴィヒはパトロンとなり全面的に援助を始める。
芸術至上主義者にして平和主義者の人間が戦争に赴くわけがない。
ルートヴィヒはワーグナーにピアノ演奏させ、“この美しい調べを聞いたら敵も去って行くだろう!”なんて宣い、軍事費を芸術的なことに回すべきだと主張する。側近たちは彼の行動に難色を示すがルートヴィヒは“我が道を行く!”を貫く。
しかし普墺戦争(プロセイン王国とオーストリア帝国)の勃発でバイエルンはオーストリア帝国側で参戦を余儀なくされ、後に普仏戦争(フランスとプロセイン王国)で精神に異常をきたした弟オットーの姿に打ちのめされる。

ルートヴィヒはフランスの太陽王ルイ14世を崇拝していたそうで、ヴェルサイユのような城を建てたかったらしい。彼が即位した19世紀中盤はナポレオン三世の時代で、ヴェルサイユでナポレオン三世と談笑するシーンも何度か登場する。
大きさはヴェルサイユ宮殿にはとても敵わないがリンダーホーフ城もヴェルサイユのように美しい城。そしてノイシュヴァンシュタイン城はもう語るまでもなくスーパー級に美しい城だ。是が非でもこの目でノイシュヴァンシュタイン城が見たくなる。

ルートヴィヒは“狂王”の異名で知られるそうだが、ドラマの中では偏執症(パラノイア)と診断されている。
そしてルートヴィヒを理解したエリザベート(従甥にあたる)と、一時期ルートヴィヒのフィアンセだったエリザベートの妹のゾフィとのエピソードも織り交ぜながら、とても美しい伝記ドラマとなっている。

ヘルムート・バーガーがルートヴィヒ二世を演じたルキノ・ヴィンスコンティの「ルートヴィヒ/1972」は見ている。
リヒャルト・ホルヒニはルートヴィヒの馬丁で愛人であり私設秘書として使えた人。ルキノ・ヴィンスコンティ版はホモセクシュアルなシーンが多くどろどろとしたストーリーだったと記憶するが、本作はそれをさらっととらえて描いている。
ハンガリー生まれの俳優ヨーゼフ・カインツも愛人だったが、彼との間もさらりとしか描かれていない。

ルーマニア出身の主演俳優ザビン・タンブレアのイケメン度はルートヴィヒ本人には及ばないが、なりきりぶりは素晴らしい。
「4分間のピアニスト」で印象深いハンナー・ヘルツシュプルンクのエリザベート役は本人とあまりにも違ってミス・キャストかな?
「マーラー 君に捧げるアダージョ」でアルマの恋人を演じたフリードリヒ・ミュッケが素敵。


スバル座にて(1/16で終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-01-19 21:31 | ドイツ | Trackback(3) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/19362366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2014-01-22 17:51
タイトル : ルートヴィヒ
1864年、19歳でバイエルン王国(現在のドイツ・バイエルン州)の国王となったルートヴィヒ2世(1845〜1886年)。 彼は即位後ただちに心酔する作曲家ワーグナー(1813〜1883年)を宮廷へ招き、金銭面を支えるパトロンとなった。 当時、バイエルンが所属するドイツ連邦では、オーストリア帝国とプロイセン王国の間で普墺戦争が今にも始まろうとしていたが、ルートヴィヒは軍事費を劇場建設に回すべきだと主張し、重臣たちを唖然とさせる…。 歴史ドラマ。... more
Tracked from gala at 2014-01-25 08:05
タイトル : ルートヴィヒ
高い美意識と強烈な個性ゆえ誰にも理解されることなく、“狂王”とまで呼ばれたルートヴィヒ2世。その彼が崇拝した作曲家ワーグナーの生誕200年にあたり、ドイツが威信を賭けて制作。夢想家国王の《孤独と狂気》そして《自己崩壊の過程》を美しく描いた作品になっている。 ノイシュバンシュタイン城をはじめ、王の夢と浪費の象徴ともいえる数々の古城でロケが敢行されており、人間ドラマとしては余りにも幼い国王の言動に多少うんざりするが、撮影スポットの美しさにはうっとりする。 後半、実質的な権力を失い、浪費に明け暮れる...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-09-15 08:19
タイトル : ルートヴィヒ
【概略】 父の急死により18歳で王座に就いたルートヴィヒ。崇拝するワーグナーを宮廷に招いた彼は、戦争が迫る中、独自の理想を掲げ国費をワーグナーに貢ぐが…。 ドラマ 類まれな美貌と謎の生涯。芸術を愛し、ワーグナーに心酔し、争いと権力を嫌忌した若き王の孤独と苦悩、そして真実の姿とは―。 ワーグナー生誕200周年における作品のようですね。主演のザビン・タンブレアさんの華奢な長身とその長い手足、中世的な風貌が、意外とはまっています。 ワーグナー作品といえば、やはり「ニーベルングの指環」...... more
Commented by 葉子 at 2015-02-06 21:03 x
こちらの映画、ハマってしまいました。ヴィスコンティ版も好きなんですが。ザビン・タンブレアがとても麗しくて。儚い感じで。トム・シリング、フリードリヒ・ミュッケ、三人それぞれ違うタイプの美形が見れて。

ルートヴィヒの言う、戦争反対、芸術至上主義は今の時代ならよくわかりますね。しかし、あの3つのお城やワーグナーの音楽を残してくれたことは本当にありがたく感謝します。
Commented by margot2005 at 2015-02-07 00:06
葉子さん、こんばんは。
wowowで放送してましたね。今一度見ようとHDDに入れてあるのですが、中々見れなくて....。

さてイケメン3人ですか?
ザビン・タンブレアとヘルムート・バーガーを比べるのはやめにしましょう。

戦争反対、芸術至上主義を唱えるルートヴィヒ二世は本当に繊細な心の持ち主だったのだと想像します。

実はこの映画を観てからますますノイシュヴァンシュタイン城が見たくて困っています。
Commented by 葉子 at 2015-02-07 00:17 x
早速、コメントありがとうございます(^^)

いえいえ、比べてませんよ。それぞれのよさがありますもの。

WOWOWで視聴して、早速DVDを買ってしまいました。

ルートヴィヒの繊細さや感受性の強さを感じました。民主主義では成し遂げられない、後世への遺産をありがとう!

私もノイシュバンシュタイン城見たいですし、音楽も好きなのでバイロイト音楽祭に行きたいですね~
Commented by margot2005 at 2015-02-10 22:59
葉子さん、何度もコメントありがとうございます。

wowowでの放送分やっと見ました。
古典もの大好きなので、魅せられますね。
ますますバイエルンへ行きたくなりまhした。
<< 「愛しのフリーダ」 「シャンボンの背中」 >>