シテ島 ノートルダム大聖堂

1163年に起工したノートルダム大聖堂は今年生誕850周年。大聖堂の真正面に観客席というのか、階段状になったベンチが設けられ、観光客がひっきりなしにシャッターをきっている、昼も、夜も…。
ライトアップされた大聖堂が見たくて、十数年ぶりに訪れたのは夜。そしてその日は日曜日だったためミサが催されていた。ヨーロッパ観光で大聖堂のミサに遭遇したのは初めて。映画かTVでしか見たことのないミサはとてつもなく荘厳で素晴らしかった。おそらく位の高い司祭だろうか?彼は数人(十数人だったかも?)の僧を従え大聖堂の身廊を静々と進んで行く。聖歌隊の歌声が流れ、遥か彼方に鎮座する“ピエタ”が見え隠れする。やがて内陣前の聖歌隊席にたどり着いた司祭は香の壷を振り回した後祈りを捧げ始めた。
上にも書いたようにとてつもなく荘厳な儀式に参列したわけだが、延々と続く、理解出来ないフランス語の祈りの最中大聖堂を後にした。
ノートルダム大聖堂は地下鉄Citeから徒歩3分くらいのところにある。RER(SNCF/フランス国鉄)の駅が大聖堂により近いが地下鉄が便利。RERは乗り換えのために長い距離を歩かねばならない駅が多い(歩くエスカレーターがストップしてたりもするし...)。
ノートルダム大聖堂は昼でも夜でも神々しいことがわかった。
a0051234_22373517.jpg

a0051234_22361263.jpg

a0051234_22382321.jpg

a0051234_22382026.jpg
a0051234_2238865.jpg
a0051234_22375282.jpg

次の日大聖堂の中をゆっくりと見たくて、特にバラ窓とピエタが...でもまたまたミサが行われていてピエタまではたどり着けなかった。
a0051234_23472515.jpg

a0051234_22574220.jpg
a0051234_22572722.jpg
a0051234_22572315.jpg
a0051234_2257844.jpg
a0051234_2256522.jpg

大聖堂正面左(出口のある門<ドア>の上部分)に切り落とされた自分の首を持って数キロ歩いたという伝説が残る聖ドニの像がある。首を持って力付き倒れた所に墓が作られ、やがて礼拝堂が建てられたサン・ドニ・バジリカ聖堂はパリ郊外にあり、歴代のフランス王たちが眠っている。
a0051234_2353096.jpg

a0051234_23114431.jpg

大聖堂を一回りしようとしたら小雨が降ってきたので、雨宿り件ランチで大聖堂が見えるセーヌ沿いのカフェに入った。ここのクロック・ムッシュ実に美味だった。
a0051234_2324744.jpg

a0051234_23274870.jpg

a0051234_2373415.jpg

a0051234_23212433.jpg

ランチの後セーヌ湖畔から大聖堂をぐるっと一回りして正面に戻った。
a0051234_23244379.jpg
a0051234_23234873.jpg
a0051234_23243956.jpg
a0051234_23215796.jpg

a0051234_23282276.jpg
a0051234_2328686.jpg
a0051234_2329892.jpg
a0051234_23285646.jpg
a0051234_23353899.jpg

a0051234_23315184.jpg
a0051234_23313932.jpg
a0051234_23345825.jpg

[PR]
by margot2005 | 2013-11-30 23:38 | TRIP | Comments(0)
<< オランジュリー美術館/オルセー美術館 再びルーヴル... >>