「故郷よ」

「La terre outragée」…aka「Land of Oblivion」2011フランス/ウクライナ/ポーランド/ドイツ
a0051234_22111062.jpg

水辺に船を漕ぎ出し戯れるアーニャとピョートル。そしてアレクセイとヴァレリー親子は川辺にリンゴの木を植える。やがてドラマはチェルノブイリ原発事故の日に…

アー ニャに「007/慰めの報酬/2008」「陰謀のスプレマシー/2012」のオルガ・キュリレンコ。
アレクセイに「カティンの森/2007」「ELLES/2011」のアンジェイ・ヒラ。
アレクセイの息子ヴァレリーにイリヤ・イオシフォフ。
アー ニャの夫ピョートルにニキータ・エムシャノフ。
アー ニャの友人ディミトリにセルゲイ・ストレルニコフ。
アー ニャの恋人パトリックにニコラ・ヴァンズィッキ。
アーニャの母にタチアナ・ラスカゾワ。
監督、脚本はミハル・ボガニム。

1986年4月26日、ウクライナの街プリピャチ。そこからわずか3kmの距離にチェルノブイリがある。この日はアーニャの結婚式。美しい花嫁アーニャは披露宴で“百万本のバラ”を歌い、花婿と共に幸せの中にいた。しかしながら事故が起こる。やがて“山火事を消しに行く!”と行ったままアーニャの夫ピョートルは二度と戻らなかった。
一方で原子力発電所の技師アレクセイは守秘義務からことの重大さを知りながら人に告げることが出きないでいた。とりあえず妻子を非難させ、雨に打たれる人々に傘を差し出す。“ここから逃げろ!”と言いたくとも言えず、誰も助けることが出来ないアレクセイは絶望を募らせて行く。
10年後、アーニャは故郷で廃墟と化したチェルノブイリを巡る観光ツアーガイドをし、アレクセイは放浪の旅を続けていた…

本作は観てから1ヶ月以上たってしまったが、なんとなく心に残るドラマだったので記録に残しておこうかと思った。
元パリコレのモデルで元ボンドガールのオルガ・キュリレンコ。ウクライナ出身のオルガは出演を切望したというだけあって“ヒューマン・ドラマのオルガ・キュリレンコここにあり!”の熱演だった。記憶に残るような役柄は今回初めて見た気がする。

立入制限区域に指定された廃墟の街プリピャチでロケされたというのだからスゴい。ドラマのほぼ全編が冬で、雪の降るシーンもあり、廃墟と化したプリピャチは寒々しい。
アレクセイは列車がプリピャチに停まらないと聞かされ呆然とする。原タイトルが示すようにそこは“忘却の地”だった。

何度も“パリで一緒に暮らそう!”と言うフランス人の恋人パトリックに別れをつげ故郷を選んだアーニャ。
母親から“父さんは死んだ。”と教えられながら、“どこかできっと生きている!”と希望にすがるヴァレリー。
放浪の旅の途中会った人々に名前を尋ね、いつか妻子に会えると希望を捨てないアレクセイの姿と共に迎えるラストがなんとも身につまされる。

シネスイッチ銀座にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2013-03-29 23:45 | フランス | Comments(0)
<< 「ザ・ワーズ 盗まれた人生」 「ゼロ・ダーク・サーティ」 >>