「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」

「Hindenburg」2011ドイツ
a0051234_20482795.jpg

マーテンはツェッペリン社の設計技師。ある日、自ら操縦する軽飛行機の事故により湖で溺れかけた彼は見知らぬ女性に助けられる。彼女はアメリカの石油会社社長エドワード・ヴァンザントの令嬢で、ド イツ貴族の息子フリッツと婚約していた。2人を軸にマーテンの友人でヒンデンブルグ号の乗員アルフレート、ジェニファーの母親ヘレン、ヒンデンブルグ号船長、ジェニファーのフィアンセであるフリッツ、ツェッペリン社会長エッケナー、プルス船長、エンタテーナーのブローカ、そしてユダヤ人ケルナー夫妻などなどの人物がドラマに加わり物語は進んで行く...

マーテン・クルーガーにマキシミリアン・ジモニシェック。
ジェニファー・ヴァンザントにローレン・リー・スミス。
アルフレートに「善き人のためのソナタ/2006」「イェラ/2007」「戦火の馬/2011」のヒンネルク・シェーネマン。
ヘレン・ヴァンザントに「Emma エマ/1996」「そして、デブノーの森へ/2004」「情愛と友情/2008」のグレタ・スカッキ。
フーゴ・エッケナーに「ドレスデン、運命の日/2006のハイナー・ラウターバッハ。
フリッツ・リッテンベルクにアンドレーアス・ピーチュマン。
ブローカにハンネス・イェーニッケ。
プルス船長にユルゲン・ショルナゲル。
ケルナーにピエール・ベッソン。
ケルナー夫人に「太陽に恋して/2000」「THE WAVE ウェイヴ/2008」のクリスティアーネ・パウル。
エドワード・ヴァンザントに「ブッシュ/2008」のステイシー・キーチ。

ジェニファーのフィアンセであるフリッツを殺害した疑いでゲシュタポに追われるマーテンは飛行船に爆弾が仕掛けてあることを知る。やがてジェニファーが乗船したことを知ったマーテンは彼女を助けるべく自らも乗船する。そして身を隠しながらマーテンは着陸ぎりぎりまで爆弾を探し続ける…と文字にするとスリリングなのだが、登場人物が多すぎるのか?展開が粗雑なのか?散漫なのか?物語に引込まれることはなかった。

ドイツ、フランクフルトから大西洋を越えアメリカに向かった“ヒンデンブルグ号”は着陸寸前に爆発炎上し36人が犠牲となる。
“タイタニック号の沈没(1912)やアメリカのスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発(1986)と共に20世紀に起きた世界的な大事故のひとつとして語り継がれている…”とウェブサイトに記されているが、1937年に起こったヒンデンブルグ号の惨事は日本人にとって以外に記憶が薄いのではないかと感じる。

昔、ロバート・ワイズ監督が作った「ヒンデンブルグ/1975」という映画をTVで見たことがある。中々見応えのある映画だった覚えが…で本作に興味を。「ヒンデンブルグ」はかつて流行ったパニック映画(ディザスター・ムービー)の一つ。記憶はアン・バンクロフト演じる貴族夫人他の乗船のシーンとラストの爆発シーンくらいしかない。で、本作とは登場人物も展開もかなり違った気がする。そして結論…殆ど記憶がないながら「ヒンデンブルグ」の方が断然面白かった。
本作はなんだか説得力のない描き方がつまらなかった感じ。「ヒンデンブルグ」が今一度見たくなる。
かつてハリソン・フォードの「推定無罪/1990」で初めてお目にかかった」グレタ・スカッキが懐かしい。
主人公マーテン役のマキシミリアン・ジモニシェックはTV俳優だそう。映画を観終わってデカい彼の顔だけが印象に残る。本作もTV映画。

丸の内TOEIにて
[PR]
by margot2005 | 2013-03-10 23:02 | ドイツ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/17436856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-03-12 15:03
タイトル : ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
何か纏まりが悪い・・・。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-03-12 18:42
タイトル : ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
似非ディザスター・ムービー 公式サイト。ドイツ映画(だけれど英会話)、 フィリップ・カーデルバッハ監督、マクシミリアン・ジモニシック、ローレン・リー・スミス、グレタ・スカ ...... more
Tracked from 象のロケット at 2013-03-13 08:30
タイトル : ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
1937年、ドイツ。 ドイツ・ツェッペリン社の巨大飛行船ヒンデンブルグ号の設計技師マーテンと、アメリカの石油会社社長令嬢のジェニファーは恋に落ちる。 しかし、ジェニファーにはドイツ貴族の息子でフリッツという婚約者がいた。 父の病の知らせを受けたジェニファーと母ヘレンは、急遽ヒンデンブルグ号でアメリカへ帰国する事になったが、飛行当日、マーテンは機内に爆弾が仕掛けられていることを知る…。 歴史ミステリー。... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・原宿 at 2013-03-15 00:42
タイトル : 「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」ミステリーは極上だけど
1937年に起きた歴史に残る大惨事 巨大飛行船ヒンデンブルグ号 爆発事故を題材に描かれた本作。 『ミステリーの陰にミステリー』に、見事なまでのVFXで魅せる冒頭の大惨事から掴みはOK! ・・・・・・・なのに? なのにどうして眠くなっちゃったんだろう?... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2013-03-15 23:19
タイトル : ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
ポスタ- A4 パターンB ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 光沢プリントドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフにした歴史ミステリーアクション「ヒンデンブルグ 第三帝国の ...... more
<< 「レッド・ライト」 「命をつなぐバイオリン」 >>