HAPPY NEW YEAR!

今年もよろしくお願いします!
そしていつもながらマイブログを見に来てくださる皆様に感謝したいと思います!
今年はまたパリに行きたくて古い写真を...

昨年シアターで観た映画は118本。その内フランス映画27本、UK映画17本、イタリア映画9本、ドイツ映画2本、そしてスペインを始めとしたヨーロッパ映画は15本。他は全てUSA製作映画。
コロンビア&スペイン合作の「ヒドゥン・フェイス/2011」はとてもミステリアスで素晴らしい映画だった。2月にDVDになる予定。

MYBESTは10本選ぶのが難しくて20本にした。下から観た順番に...

砂漠でサーモン・フィッシング
チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~
ウォリスとエドワード 王冠をかけた恋
思秋期
ミステリーズ 運命のリスボン
最終目的地
アイアン・スカイ
わたしたちの宣戦布告
ヒドゥン・フェイス
ヘッドハンター
闇を生きる男
あの日 あの時 愛の記憶
私が、生きる肌
ジェーン・エア
ル・アーヴルの靴みがき
裏切りのサーカス
アーティスト
ルート・アイリッシュ
SHAME -シェイム-
メランコリア
a0051234_0525994.jpg
a0051234_0513848.jpg
a0051234_0511051.jpg
a0051234_0495073.jpg

a0051234_18532447.gif
a0051234_18531312.gif
a0051234_1853163.gif

レビューを書かなかった映画たち…

「魔弾の射手/2010」
スイス製作のウェーバーの傑作オペラを映画にした作品。普段オペラなど見れないのでシアターに観にいった次第。しかし上映はヒューマン・トラスト・シネマ有楽町の小さい方のシアター。ここの小さい方はホントに小さくて…迫力がなくてがっくりだった。

「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム/2011」
「シャーロック・ホームズ/2009」を観ていたのとの、ノオミ・パラスの出演に惹かれたため…まぁ映画はかなり派手目で主演のロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウが勝手に楽しんでるといった感じ?


「第九軍団のワシ/2010」
ローズマリー・サトクリフのベストセラー小説“第九軍団のワシ”も知らずに観に行ったためストーリーについて行けなくて困った。ローマ時代が舞台ということのみの興味では全くダメだったな。

「マリリン 7日間の恋/2011」
マリリン・モンローは大好きな女優で、彼女の映画はかなり見ている(全てBS&WOWOW)。自叙伝も何冊か読んだし、「王子と踊り子」ももちろん見ている。モンロー役のミシェル・ウイリアムズは中々良かったな。

「ドライヴ/2011」
ライアン・ゴズリングは本国ではsexy俳優NO.1に選ばれるくらいの人気ものだが、この方どうも好きじゃない。デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフンが監督するストーリーにもあまり惹かれなかった記憶が…。

「ダーク・シャドウ/2012」
主演はジョニー・デップ。ミシェル・ファイファー/ヘレナ・ボナム・カーター/エヴァ・グリーン/ジャッキー・アール・ヘイリーと豪華な出演陣で、ティム・バートンのファンタジーの世界に一時魅せられた。

「スノー・ホワイト/2012」
白雪姫の意地悪な継母を演じたシャーリーズ・セロンがぴったり!(他に誰が?)で、大胆にアレンジされたグリム童話“白雪姫”はナイスだった。クリム・ヘムズワースの隠れファンだし。しかしながらクリム・ヘムズワースって時代物と現代物で全く印象が異なる俳優で面白い(ロングヘアーのせい?)

「アベンジャーズ/2012」
全く観るつもりなどなかったのだが、クリム・ヘムズワースの出演を知り観に行った。これぞハリウッド映画!

「デンジャラス・ラン/2012」
ファンなのでデンゼル・ワシントン映画は外せない。デンゼルも少々お年だなの一作。ライアン・レイノルズが頑張っていた。

「白雪姫と鏡の女王/2012」
こちらの白雪姫の継母役はジュリア・ロバーツ。シャーリーズ・セロンの継母とは真逆のコミカルなジュリア・ロバーツの継母がイケてる。あのフィル・コリンズの娘リリー・コリンズがとってもキュートな白雪姫役。

「ボーン・レガシー/2012」
マット・デイモンの“ボーン・シリーズ”は大好きな映画だった。マットが出演しない”ボーン”映画は観るまいと思っていたが、エドワード・ノートンが出演しており観に行くことに…しかしやはり観なきゃ良かった。ストーリーはあるのか?みたいにつまらなくて、ジェレミー・レナーのアクション・シーンはまぁまぁだったけど、あのラストって?まさか?続があるわけ?

「アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち/2011」
エレン・バーキンが懐かしくて…でもうるさいことこの上ない群像ドラマ。主人公の母親リンが自分本位の性格でイヤになる。デミ・ムーアを久方ぶりでみたが、この方強烈なオーラを放つ女優だ。
[PR]
by margot2005 | 2013-01-02 01:07 | TRIP | Comments(6)
Commented by rose_chocolat at 2013-01-03 08:55 x
本年もよろしくお願いいたします。
margotさんらしいランキングですね。
この中だと『ヘッド・ハンター』『ヒドゥン・フェイス』が未見。特に『ヒドゥン・フェイス』が評判良かったのですが、いつやっていたのか知らぬ間に終わってまして・・・残念です。

ミニシアターが続々閉館で、その余波でアート系は1つの作品が公開期間が1~3週間&単館という大変見づらい状況になっていくのでしょうか。映画好きにしたら大変ですよね。
それでもメゲずに(苦笑)今年もいい作品に出会いたいですね。
Commented by margot2005 at 2013-01-03 22:33
rose_chocolatさん、こんばんは。
時間がないことをいいわけに気の向いた時にしかTBもコメントもしないわたしですが、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
>ミニシアターが続々閉館で...
ホント寂しい限りです。『ヘッド・ハンター』『ヒドゥン・フェイス』も短い公開期間で、『ヘッド・ハンター』などレイトショーのみでした。
こういったミニシアター映画はそのうち見れなくなってしまうのか?と案じたりしております。
でも公開される限り観に行きたいですね。
Commented by mig at 2013-01-04 01:19 x
TBいつもありがとうです。
今年もよろしくー
Commented by margot2005 at 2013-01-04 21:45
migさん、こちらこそTBありがとうです。
今年も飛ばしますのでよろしく〜
Commented by セレンディピティ at 2013-01-07 15:12 x
遅ればせながら… あけましておめでとうございます。
今年もmargotさんらしい映画のセレクトとレビューを
楽しみにしています♪

それにしてもmargotさんがクリス・ヘムズワースの
隠れファンだったなんて!
意外な一面?を発見して、ちょっとうれしいです。^^
Commented by margot2005 at 2013-01-08 22:18
セレンディピティさん、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
いつも見に来て下さって感謝しております。
MY WORLDのブログですが末永く続けていきたいと思っています。
さてクリス・ヘムズワースのファンなのです実は...彼はナイスバディですから...。
セレンディピティさんもクリスお好きなのですね?それと互いにダニエル、ファンでもありますし...こちらこそ嬉しいです。
<< 「マリー・アントワネットに別れ... 「砂漠でサーモン・フィッシング」 >>