「砂漠でサーモン・フィッシング」

「Salmon Fishing in the Yemen」2011 UK
a0051234_0404562.jpg

ある日、退屈な毎日を送る、冴えない水産学者アルフレッド・ジョーンズ博士のもとへ投資会社のコンサルタント、ハリエットからの依頼が舞い込む。それは“イエメンで鮭釣りを!”というかなりあり得ない企画だった…

アルフレッド・ジョーンズ博士に「エージェント・マロリー/2011」のユアン・マクレガー。
ハリエットに「アジャストメント/2011」のエミリー・ブラント。
パトリシア・マクスウェルに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」「ずっとあなたを愛してる/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」「サラの鍵/2010」のクリスティン・スコット・トーマス。
大富豪シャイフ・ムハンマドに「シリアナ/2005」のアムール・ワケド。
ロバート・マイヤーズに「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」のトム・マイソン。
メアリー・ジョーンズにレイチェル・スターリング。
監督は「カサノバ/2005」「HACHI 約束の犬/2008」「親愛なるきみへ/2008」のラッセ・ハルストレム。
a0051234_0412783.jpg

a0051234_0462723.jpg

”イエメンでフィッシング”ながらロケ地はモロッコ。そしてスコットランド。スコットランドのシーンはとても美しい!
英国でベストセラーとなったポール・トーディ原作の”イエメンで鮭釣りを”が読みたくなる。

始めは”そのような企画は無理だ!”とはねつけたジョーンズ博士だったが、上司から“この企画を引き受けるなら、報酬は今までの二倍だ!“とか”やらないなら首だ!”と脅かされ、渋々企画書にサインしてしまう。
そして荒唐無稽な企画にのせられてしまったジョーンズ博士は提案する…“砂漠の国イエメンで鮭釣りをするにはまず水と鮭の稚魚が必要となる!”と。そして水の用意はばっちり出来るが、鮭の稚魚が問題となってしまう。英国の鮭の稚魚をイエメンに送ろうとしたところ猛反対が起きたのだ。そこで中国から稚魚を仕入れることになる。しかしそれは養殖の鮭の稚魚。そこで再びジョーンズ博士は“養殖の鮭は川を逆上れない!”と主張する。しかし結果は見ての通り。あのシーンは感動だった。養殖でも鮭は鮭なんだと納得した。
しかしながらアラブのリッチマンは計り知れないくらいリッチなのだと再認識した次第。

妻との関係も、仕事も冷えていたジョーンズ博士がハリエットと出会い、生きる喜びを取り戻して行く。その過程がとてもナイスなのだ。ユアン・マクレガーは40歳を過ぎてますます素敵な俳優になっていく。
若くてハンサムなロバートと、ミドル・エイジでちょっとくたびれたジョーンズ博士をハカリにかけるハリエットがニクい。
大富豪とジョーンズ博士の友情も清々しく美しかった。

主演のユアンはもちろん、ハリエットを演じるエミリー・ブラントも大好きな英国女優。二人の出演で是が非でも観たかった一作。
首相広報官マクスウェル役のK・S・トーマスは穏やかな役柄より強い女がむちゃくちゃ似合う。ひょっとして地なのかも知れない?
そしてロバート役のトム・マイソンは「ワン・デイ 23年のラブストーリー」での記憶が全くないが、かなりゴージャス。

映画を観たのは例によって平日の最終回。有楽町の大きなシアターはガラガラで、万人に受ける映画でもないのになぜこのような大きなシアターで公開されたのか?少々疑問?
わたし的には大満足だったが…。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2012-12-17 00:42 | UK | Comments(3)
Commented at 2012-12-26 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by セレンディピティ at 2013-01-11 21:57 x
こんばんは。
今年最初の映画は、この作品になりました。
公開ラストぎりぎりでしたが…。
ほのぼのしたすてきな作品でしたね。
キャストが魅力的でした。
男性陣が、ユアンの他、シヤイフやロバート役の俳優さん、とハンサム揃いでしたが私はエミリーブロントやクリスティン・スコット・トーマスと女性陣に目が釘付けでした。
エミリーはアメリカ映画に出ている時よりチャーミングに見えました。
Commented by margot2005 at 2013-01-13 23:31
セレンディピティさん、こんばんは。
この映画今年もまだ上映だったのですね。現在は終わっているようですが...。
キャスト素晴らしかったです。ほのぼのとした展開も。
このドラマは女性陣が強かったですね
そしてエミリー&K.S.トーマスのファッションも素敵でした。
エミリー・ブラントはやはり英国映画が似合うと思います。
<< HAPPY NEW YEAR! 「恋のロンドン狂騒曲」 >>