「コッホ先生と僕らの革命」

「Der ganz große Traum」…aka「Lessons of a Dream」 2011ドイツ
a0051234_23541946.jpg

ダニエル・ブリュール映画は「セブン・デイズ・イン・ハバナ/2012」以来(本作は以前の製作)だが、ちょっと前にジュリー・デルピーが監督、製作、脚本、主演し、音楽まで担当した未公開作「血の伯爵夫人/2009」をwowowで観た。ヒロインの相手役を演じたダニエルはとてもキュートで、おまけにホラー映画であり中々面白かった。
スペイン人の母親と、ドイツ人の父親を持つダニエルは童顔のせいかとても若く見える(1978年、6月生まれ)。

本作はドイツにサッカーを広め、後に“ドイツ・サッカーの父”と呼ばれるようになったコンラート・ コッホと彼の教え子たちの物語。
イングランドがサッカー発祥の地ということは知っていたが、最初は野蛮なスポーツと見なされドイツ本国でも受け入れられるまで時間がかかったというサッカーの歴史が面白い。と言うことは、イングランド人て野蛮なのか?
a0051234_2356360.jpg
a0051234_23552312.jpg
a0051234_23551262.jpg
a0051234_2355498.jpg
a0051234_23545551.jpg
a0051234_23544549.jpg

1874年、ドイツ、ブラウンシュヴァイク。オックスフォードへの留学から戻ったコンラート・ コッホは名門カタリネウム校にやって来る。校長のグスタフ・メアフェルトはドイツで初めての英語教師として彼を採用したのだ。しかしながら生徒たちは教壇に立ち英語を教えるコッホに全く興味を示さない。ある時コッホにある考えが浮かび、生徒たちを体育館に呼び寄せる。オックスフォードから持ち帰った愛用のサッカー・ボールを手に“これはボールだ!”と英語で話し始める。そしてサッカー用語を連発しながらボールをキックしゴールへと入れる。コッホのマネをしながらボールを蹴り、ゴールに入れるを繰り返すうち彼らはサッカーというスポーツに興味を抱くようになる...

主演のコンラート・コッホにダニエル・ブリュール。
校長グスタフ・メアフェルトに「白いリボン/2009」「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~/2010」のブルクハルト・クラウスナー。
フェリックス・ハートゥングにテオ・トレブス。
ヨスト・ボーンシュテットに「トスカーナの贋作/2010」のアドリアン・ムーア。
フェリクスの父親で会長のリヒャルト・ハートゥングに「es[エス]/2001」のユストゥス・フォン・ドーナニー。
歴史の教師ボッシュに「善き人のためのソナタ/2006」のトマス・ティーマ。
ヨストの母親クララ・ボーンシュテットにカトリン・フォン・シュタインブルク。
教会の牧師に「厨房で逢いましょう/2006」のヨーゼフ・オステンドルフ。
監督、原案はセバスチャン・グロブラー。

上に若く見えると書いたダニエル・ブリュール…彼ってとても爽やかなのだ。本作では爽やかなダニエルが100%見られる。今までで一番爽やかなダニエルに会えること間違いなし。
サッカーに興味を持った子供たち。しかしドイツ帝国の教育は秩序と服従が全てと言い切る会長とコッホの間に亀裂が生じ、野蛮なスポーツであるサッカーをすることは許さない!と宣言され、“野蛮なスポーツを子供たちに教えた責任を取れ!”とカタリネウム校を追い出されることになる。
しかしこの後は語るまでもない。子供たちがサッカーを続けなくてはドイツにサッカーというスポーツが広まらなかったのだから…。

富裕層である会長の息子フェリックスと母子家庭に育つヨスト…この二人を軸に物語は展開して行く。ちびのヨストが意外にもフォワードの才能があったりして、とても心温まるドラマに仕上がっている。
ダニエル主演の「ベルリン、僕らの革命/2004」を文字った邦題は全く持っていただけない。

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2012-10-01 23:58 | ドイツ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/16488511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2012-10-03 21:16
タイトル : 〜『コッホ先生と僕らの革命』〜 ※ネタバレ有
2011年:ドイツ映画、セバスチャン・グロブラー監督、ダニエル・ブリュール、ブルクハルト・クラウスナー、ユストゥス・フォン・ドーナニー、トマス・ティーマ出演。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-10-03 21:23
タイトル : コッホ先生と僕らの革命
公式サイト。ドイツ映画。原題:Der ganz grosse Traum(大いなる夢)。セバスチャン・グロブラー監督、ダニエル・ブリュール、ブルクハルト・クラウスナー、トマス・ティーマ。ドイツのサ ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-10-09 04:05
タイトル : コッホ先生と僕らの革命
 『コッホ先生と僕らの革命』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)今月上旬に、サッカーのドイツ代表の中心的な選手でMFのM.バラック氏(36歳)が現役引退を表明しましたが(注1)、本作は、ドイツに初めてサッカーが導入されたときのお話です(事実に基づく物語と...... more
Tracked from 象のロケット at 2012-10-11 01:46
タイトル : コッホ先生と僕らの革命
1874年、帝政ドイツの都市ブラウンシュヴァイク。 コンラート・コッホは、ドイツ初の英語教師として名門カタリネウム校に招かれた。 しかし、当時ドイツでは反英感情が高まっており、生徒たちは授業に身が入らない。 コッホは体育館で英語の授業をしながらサッカーゲームを教え始める。 体育と言えば体操しか知らなかった子どもたちは、初めての球技に夢中になるのだが…。 実話から生まれた教育ドラマ。... more
Tracked from いやいやえん at 2014-05-02 09:29
タイトル : コッホ先生と僕らの革命
サッカーに興味ない私、でもドイツで教育と絡めたこんなドイツ・サッカー誕生ドラマがあったとは。 厳格で、教育が「規律・服従」であった時代に、型破りな教師コッホが英語授業に取り入れたサッカーを通じ、生徒たちが自立、成長してゆく姿を、爽やかに描いた作品で、コッホ先生にダニエル・ブリュール。うん、良し。 服従ってところがなんかドイツっぽさを感じさせますが、そんな教育方針のもとでは、コッホ先生の授業はそら型破りにみえたでしょうなー。そして子供たちは、今までの窮屈さと自由を感じたかもしれない。 ...... more
<< 「そして友よ、静かに死ね」 「最強のふたり」 >>