「プロメテウス」

「Prometheus」 2012 USA/UK
a0051234_23564551.jpg

エリザベス・ショウに「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」「ミレニアム2 火と戯れる女/2009」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士/2009」のノオミ・ラパス。
デヴィッドに「ジェーン・エア/2011」のマイケル・ファスベンダー。
メレディス・ヴィッカーズに「告発のとき/2007」「あの日、欲望の大地で/2008」「ザ・ロード」「ヤング≒アダルト/2011」のシャーリーズ・セロン。
船長ヤネックに「ロックンローラ/2008」のイドリス・エルバ。
チャーリー・ホロウェイにローガン・マーシャル・グリーン。
ピーター・ウェイランドに「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」「英国王のスピーチ/2010」「アニマル・キングダム/2010」のガイ・ピアース。
エリザベスの父親に「リトル・チルドレン/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」「パッセンジャーズ/2008」「ヤング≒アダルト」のパトリック・ウイルソン。
監督、製作は「エイリアン/1979」「ブレードランナー/1982」「グラディエーター/2000」「プロヴァンスの贈りもの/2006」のリドリー・スコット。
a0051234_23575562.jpg
a0051234_23574515.jpg
a0051234_2357465.jpg
a0051234_23573570.jpg
a0051234_23572282.jpg
a0051234_23571342.jpg

2089年、科学者のエリザベス・ショウは“招待状”に誘われて、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロ メテウス号に乗り込む。そしてが目指す遥かかなたの惑星にたどり着いたのは2093年。人工冬眠から目覚めたエリザベスはパートナーのチャーリーや精巧に作られたアンドロイドのデヴィッドらと共に調査を開始する…

先先行ロードショーで3Dを、そして再び2Dを鑑賞。
二度も観たのはマイケル・ファスベンダーが出演してたから…。
壮大なる宇宙船とエリザベスたちが調査する洞窟の中のシーンはスゴい迫力だ。そして3Dじゃなくとも2Dで十分見応えあると思った。

アンドロイド、デヴィッドを演じるにあたってデヴィッド・ボウイーにインスピレーションを得たとIMDbに記してある。そして彼の素敵な声は”Calm Voice”というらしい。確かにあの声は“Calm/穏やかな”だ。
ブロンド・ヘアーも一緒だし、若い頃のデヴィッド・ボウイーに雰囲気良く似ている。それとデヴィッドが映画を見るシーン...あれは「アラビアのローレンス」?とにかくピーター・オトゥールが出ているシーンで、デヴィッドがオトゥールのヘヤー・スタイルをまねたりするのだ。若き日のピーター・オトゥールもデヴィッドの雰囲気だった。
デヴィッドとメレディス・ヴィッカーズの雰囲気が何となく似ているのも興味深くて面白い。そういや“君はアンドロイドか?”なんて船長に突っ込まれて憤慨していた。

映画のタイトルとなっている”プロメテウス”を調べてみた。それはギリシャ神話に登場する神だそうで、“一説によると、人間を創造したのはプロメテウスだったという…”という文章を読んでタイトルに納得。でも映画のタイトルは“エイリアン6”“エイリアン7”?かも…でも良かったのじゃないかな?
エリザベス・ショウとリプリーが被る。そしてラスト…絶対、続がありそうな気配。
遥か彼方の惑星に行くには4年もかかるとはスゴい!オープニングの映像が素晴らしく雄大で美しかったがアイスランドでロケされたそう。

デヴィッドは意図的にチャーリーに隠し持っていたアレ…エイリアンのたまご??(ネバネバ状のもの)を酒にいれて飲ませている。あの根拠は?彼をエリザベスと引き離すためだった?嫉妬して?ロボットなのに…。結局エリザベス以外皆死んでしまったけど…。
既に死んでいるウェイランドに“Have a good journey Mr.Weyland!”というデヴィッドが可笑しかった。
アンドロイドの彼は“Certainly!”などと答える従僕で、きちんとsirやma'amを使い、丁寧な言葉で会話するところが実にニクい。S.W.のロボットたちも丁寧語使っていたのを思い出す。

エリザベス・ショウを演じたノオミ・ラパスがハリウッド・マネー映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム/2011」に出演していた。シアターで観たがレビューは書いていない。「シャーロック~」の時「ミレニアム・シリーズ」のリスベット・サランデルとは別人で驚き。彼女はとてもチャーミングな女性だ。
同じくレビューは書いてないけどシャリーズ・セロンは前作「スノーホワイト/2012」同様無慈悲な役が似合っている。

ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2012-08-31 00:06 | USA | Comments(2)
Commented by セレンディピティ at 2012-09-02 12:06 x
こんにちは。
マイケル・ファスベンダー、すてきでしたね!
でも謎の実験をしていたり、チャーリーに感染させたり…
ひょっとして何か企んでいるのでは?と気になりました。
margotさんが書かれている、ウェイランド社長への意味深な
セリフも気になりますね…?
アラビアのロレンスやアイスランドでの撮影のことは
エンドロールを見て気づきました。
映像が壮大ですばらしかったですね。
Commented by margot2005 at 2012-09-03 21:25
セレンディピティさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
Fassy素敵ですね。
感染させたのはアンドロイドを軽く見る(扱う)チャーリーに激怒したのかも知れません。

さてとにかく映像が素晴らしかったですね。アイスランドでロケしたというオープニングの映像は特に美しくて引き込まれました。
デヴィッドが「アラビアのロレンス」をお気に入り映画としたのもナイスな展開でした。
<< 「トータル・リコール」 「ジョルダーニ家の人々」 >>