「ファウスト」

「Faust」 2011 ロシア
a0051234_1920747.jpg

ハインリヒ・ファウストにヨハネス・ツァイラー。
高利貸(悪魔)のマウリツィウス・ミュラーにアントン・アダシンスキー。
マルガレーテにイゾルダ・ディシャウク。
ワーグナー(ファウストの助手で彼を慕う学者)に「アイガー北壁/2008」「ミケランジェロの暗号/2010」のゲオルク・フリードリヒ。
高利貸の妻に「そして、私たちは愛に帰る/2007」のハンナ・シグラ。
監督、脚本は「チェチェンへ アレクサンドラの旅/2007」「ボヴァリー夫人/2009」のアレクサンドル・ソクーロフ。
a0051234_22281019.jpg

a0051234_19203738.jpg
a0051234_19202944.jpg
a0051234_19202180.jpg

19世紀初めのドイツ。あらゆる学問を探求したファウストは次なる探求を進めるべく高利貸ミュラーを訪ね借金を依頼する。しかしミュラーは金は貸さないが生きる意味を教えるとファウストに囁き二人して町へと繰り出す。やがてある洗濯場で若くて美しい娘マルガレーテと出会ったファウストは彼女に魅せられてしまう…

ロシアの監督アレクサンドル・ソクーロフが文豪“ゲーテのファウスト”を初めて映画化した幻想的かつ壮大なるドラマ。舞台はドイツで、台詞もドイツ語。very哲学的ながらveryファンタスティックでもある。

ファウストが美しい娘マルガレーテを得るため高利貸ミュラー(悪魔)と取引をする。悪魔と自らの魂の取引…それはとてもキリスト教的でピンと来ないが映像の美しさに圧倒される。当然のことながらバックに流れるクラシカルなmusicも素晴らしかった。しかし上映時間は140分と少々長い。途中で睡魔が襲ってきたが何とか持ちこたえた。
金曜日の割引ディ(土曜日(6/2)公開の次の週)の最終回に観に行ったため女性たちでいっぱい。こんな哲学的なロシア製作の映画にたくさんの人が集まるとは思ってもいなかったのでちょっとした驚きだった。

19世紀初頭のドイツの町。町とはいえ1800年代なので、町は森の中にあり、人々の暮す家や酒場、そして教会などがとてもとても幻想的なのだ。
ファウストがマルガレーテを伴って行動する深い森のシーンと湖のシーンはスゴく印象的。
ラスト近くに登場する湧き出る温泉…あれはどこだろう?と想像していたら、ロケはチェコ・リパブリックとアイスランドで行われたそう。

アレクサンドル・ソクーロフ作品を過去に観たのは上に書いた2本のみ。ソクーロフ版「ボヴァリー夫人」は決して美しくはない普通のobasanがヒロインを演じ、エロスの世界が少々クドかった。一方で、レビューにはまるでドキュメンタリーのような反戦映画と書いた「チェチェンへ アレクサンドラの旅」は中々良かった。
本作はアレクサンドル・ソクーロフ映画の中で一番心に残る作品であることは間違いない。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2012-06-24 19:44 | スペイン | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/15630883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-07-08 19:06
タイトル : ファウスト
ソクーロフ監督の“歴史4部作”の最終作「ファウスト」。美と醜が入り乱れる、ミステリアスな文芸映画だ。19世紀のドイツの町。人間の魂の在り処を探すファウスト博士は、研究資 ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-07-08 21:07
タイトル : ファウスト
 『ファウスト』をシネスイッチ銀座で見ました。 (1)ソクーロフ監督の作品としては、『牡牛座―レーニンの肖像』(2008年にユーロスペースで)と『太陽』(DVDで)を見たにすぎませんが、特に後者の印象が強く残っていて、同監督の新作の上映と聞いて映画館に出向いてみ...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-07-08 21:45
タイトル : ファウスト
公式サイト。ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ原作、原題:Faust。ロシア映画。アレクサンドル・ソクーロフ、マリーナ・コレノワ監督、ヨハネス・ツァイラー、アントン・ア ...... more
Tracked from 大江戸時夫の東京温度 at 2012-07-09 22:50
タイトル : 「ファウスト」:悪夢のイメージ
映画『ファウスト』は、冒頭に明記されているように、ゲーテの原作をソクーロフが自由... more
<< 「星の旅人たち」 「私が、生きる肌」 >>