「少年と自転車」

「Le gamin au vélo」…aka「The Kid with a Bike」 2011 フランス/ベルギー/イタリア
a0051234_21543531.jpg

サマンサに「ロシアン・ドールズ/2005」「モンテーニュ通りのカフェ/2006」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「シスタースマイル ドミニクの歌/2009」「スフィンクス/2010」のセシル・ドゥ・フランス。
シリルにトマス・ドレ。
シリルの父親に「ある子供/2005」「ロルナの祈り/2008」「夏時間の庭/2008」「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語/2009」「しあわせの雨傘/2010」のジェレミー・レニエ。
監督、脚本、製作は「息子のまなざし/2002、ロゼッタ/1999」「ある子供」「ロルナの祈り」のジャン・ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌ。
a0051234_21552020.jpg

a0051234_2155751.jpg

a0051234_21545730.jpg

児童養護施設に預けられたシリルはもうすぐ12歳になる。育児放棄した父親はシリルを捨てたのだ。しかしそれを受け入れられない彼は父親を探し回る。児童養護施設を抜け出し父親の家を訪ねるが、既に彼は引っ越していて隣人に追い払われてしまう。哀しみに打ちひしがれ荒れるシリル。そんなシリルがサマンサと出会う。“週末だけ里親になって!”とサマンサに頼むシリル。そしてサマンサはそれを受け入れるのだった。

映画のタイトルとなった“自転車”はシリルが父親から与えられたもの。彼はそれをとても大事にしている。サマンサと出会ったのも自転車が縁だった。
ダルデンヌ兄弟の映画で描かれるのは基本的に貧困家庭の人々。どれもこれも暗くて辛い物語ばかり。でも今まで観た中ではダントツで暗さや、辛さが少なめだった気がする。未来も見えたし…。
「ある子供」と「ロルナの祈り」で破滅していく若い男を演じたジェレミー・レニエは「夏時間の庭」でとても爽やかな青年を演じ、彼につきまとう貧困や辛さの中で生きる弱い男というイメージがすっ飛んだが、ダルデンヌ映画ではまたしても元の父親役に舞い戻り、それが又似合っている。

ある日、サマンサは恋人とシリルを選ぶハメになった時迷うことなくシリルを選ぶ。実の父親に見放された少年を恋人と量りにかけて選んだサマンサの気持ちは一瞬理解出来なかったが、少年とサマンサの間に何か通じるものがあったに違いない。そもそも“週末だけ里親になって!”と頼んだのはシリルの方だったが、サマンサはサマンサで恋人には満たされない何かがきっとあっだことだろう。
もう決して若くないサマンサと、親に捨てられた少年シリル。近所の友人とバーベキュー・パーティを予定する二人の姿に未来が見えて安心した。

渋谷 Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2012-04-24 22:19 | フランス | Trackback(7) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/15129426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-04-25 23:48
タイトル : 少年と自転車
他者との距離感を学ぶ少年 公式サイト。ベルギー/フランス/イタリア。原題:LE GAMIN AU VELO、英題:The Kid with a Bike。ジャン=ピエール、リュック・ダルデンヌ監督、セシル・ドゥ・フランス ...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-04-27 21:10
タイトル : 『少年と自転車』 (2011) / ベルギー・フランス・..
原題: LE GAMIN AU VELO/THE KID WITH A BIKE 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ 出演: セシル・ド・フランス 、トマ・ドレ 、ジェレミー・レニエ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 ダルデンヌ兄弟作品は前作『ロルナの...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-05-22 00:10
タイトル : 少年と自転車
う〜ん、あんまり感動できる作品ではなかったかな。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2012-05-23 06:53
タイトル : 少年と自転車
 ベルギー映画『少年と自転車』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、文部科学省選定(少年向き)等とされていて躊躇はしましたが、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  物語の主人公は、もうすぐ12歳となるシリル。  彼は、一緒に暮らしていた...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2012-05-24 15:36
タイトル : 少年と自転車
いつも心に染み入る作品を作るダルデンヌ兄弟の作品だから、襟を正して、心して観に行きました。 社会の中で、常に弱者である子ども。その子どもの中でも極め付けに弱い立場で生きる子どもに視点を置いた作品です。 色々と思う所はありますが、確かにフランスは成熟した社会なのだと思う。制度として色々整っていて、選択できる、という部分が。しかし、結局は、人の心根がどうであるか、ということに、子供の福祉の未来はかかっていくのだよなぁ…。 少しネタバレです。 冒頭、施設から逃げ出そうと激しく職員に抵...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2012-11-14 23:29
タイトル : 少年と自転車
『少年と自転車』---LE GAMIN AU VELO  THE KID WITH A BIKE---2011年(ベルギー/フランス/イタリア )監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ 出演:セシル・ドゥ・フランス、トマス・ドレ 、ジェレミー・レニエ 「息子のまなざし」...... more
Tracked from 楽天売れ筋お買い物ランキング at 2016-01-21 01:10
タイトル : 「少年と自転車」(2011年、ベルギー・フラン...
「少年と自転車」(原題:Legaminauvélo)は2011年のベルギー・フランス・イタリア合作のヒューマン・ドラマ映画です。ダルデンヌ兄弟監督、トマ・ドレ、セシル・ドゥ・フランスらの出演...... more
<< 「別離」 「アーティスト」 >>