「リメンバー・ミー」

「Remember Me」 2010 USA
a0051234_22105855.jpg

タイラーに「ニュームーン/トワイライト・サーガ/2009」のロバート・パティンソン。
タイラーの父親チャールズに「あぁ、結婚生活/2007」「ゴーストライター/2010」のピアース・ブロスナン。
母親ダイアンに「カサノバ/2005」「愛を読むひと/2008」のレナ・オリン。
妹キャロラインにルビー・ジェアリング。
アリーにエミリー・デ・レイヴィン。
刑事でアリーの父親クレイグに「テンペスト/2010」のクリス・クーパー。
タイラーの友人エイダンにテイト・エリントン。
監督は「ハリウッドランド/2006」のアレン・コールター。
a0051234_22104578.jpg
a0051234_22103287.jpg

もうすぐ22歳になるタイラーはN.Y.の安アパートに友人エイダンと同居中で、6年前の兄の自殺が未だ心のしこりとなっている。仕事に忙しいリッチな弁護士の父親とは距離を置き、離婚した母親に引き取られ、新しい父親と暮らす妹キャロラインが気がかりでならない。ある日、街中で喧嘩が起こりタイラーが仲裁に入る。しかし駆けつけた警官クレイグに逮捕されてしまう。やがて、エイダンがタイラーの父親に連絡を取り彼らは保釈されるが、彼は父親に世話になったことが許せないのだった…

“22歳でガンジーは3人の子供を持ち
モーツアルトは交響曲を作り
バディ・ホリーは死んだ
兄さん、俺はもうすぐ22歳になる…”

この映画の予告編は何度か観た。主演がロバート・パティンソンということで興味があり、公開されたら観に行こうと思っていた。“ハリーポッター・シリーズ”に興味がないので、ロバート映画は“トワイライト・シリーズ”が初見。何となくシアターに観にってしまった「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のレビューに“ロバート・パティンソンの大人な映画が観てみたい!”と書いた。それは“ハリーポッター&トワイライト・シリーズ”ではない彼が観たい、大人の鑑賞にたえる彼を観たいという意味で書いた。1986年生まれなのでまだ25歳の若さ。この方UK人ながらアメリカ映画にばかり出演している。英国が舞台でスタイリッシュな、大人なロバート映画が観てみたいものだ。

脚本が気に入り製作総指揮にまで参加したロバートの意気込みが感じられる佳作だった。
長男が自殺して以来タイラーに辛くあたるようになった父親。一方で、強盗に妻を殺された刑事クレイグも娘アリーとの間にわだかまりがある。愛するがゆえに反撥しあう二組の親子。

ある日、大学でアリーを見つけ、デートに誘ったタイラー。それはエイダンにそそのかされ、彼女が刑事クレイグの娘だと知っての行動だった。惹かれ合う二人。アリーはタイラーがいきなり誘いをかけて来たわけを知らなかった。しかしそれがバレてしまって...アパートを飛び出すアリー。でもその時すでにタイラーはアリーに夢中になっていたのだ。なんとかアリーの心を取り戻したいと奔走するタイラー。この辺は“悩める青春期の恋”の展開が素敵だ。

観る人によってはリッチな父親に反撥する世間を知らない(知ろうとしない)わがままな青年…としか映らない気もする。でもタイラーはアリーと出会い成長して行く。物語の時代設定がなぜ21世初頭なのか?と不思議だったが、ラストに続く展開でなるほどだった。

“リメンバー・ミー”というタイトルは意味深でgood。タイラーは兄を亡くし、アリーは母親を亡くしている。そしてタイラーの妹キャロランは母親が離婚し、父親の愛情を見失ってしまっている。
N.Y.ワールドトレードセンタービルの最上階のオフィス。父親を待つタイラーが一人たたずむ姿はスゴく印象的。で、少々出来過ぎかとも思えるエンディングだが、アメリカ映画らしくて微笑ましい。

シネマート新宿にて
[PR]
by margot2005 | 2011-09-18 22:21 | MINI THEATER | Comments(0)
<< 「あしたのパスタはアルデンテ」 「ツリー・オブ・ライフ」 >>