「人生、ここにあり!」

「Si può fare」…aka「We Can Do That」2008 イタリア
a0051234_192914.jpg

ネッロに「ニルヴァーナ/1996」のクラウディオ・ビシオ。
サラに「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」のアニタ・カプリオーリ。
フルラン医師に「愛と欲望 ミラノの霧の中で/2006」「まなざしの長さをはかって/2007」のジュゼッペ・バッティストン。
デルベッキオ医師に「イル・ディーヴォ/2008」のジョルジュ・コランジェリ。
監督、脚本にジュリオ・マンフレドニア。
a0051234_1923419.jpg
a0051234_1922539.jpg
a0051234_1921731.jpg

1978年、イタリア。“バザーリア法”の制定により精神病院廃絶法が制定され、無制限に患者を収容することが禁じられ、次々に精神病院が閉鎖されていった。そして1983年、ミラノに住む労働組合員のネッロは革新的な考え方が災いし左遷の憂き目に合う。やがて彼は精神病院から出された元患者たちの共同組合運営をまかされる。偏見を持たないネッロは毎日無気力に過ごす彼らと新しい職場で出会い“仕事をして金を稼ごうではないか!”と持ちかける。が、超個性的な彼らは考え方がバラバラでまとまるわけがない。それでもなんとかしなければと諦めないネッロは、彼らの密かな才能を発見し、“床貼り”の仕事を選ぶ…

平日の昼下がり、シアターはほぼ満員で驚いた。周りを見渡せば夏休みとは全く関係のない中高年男女と、若い女性が殆ど、子供が観る映画でもないのにエラいにぎわいだった。

こういった映画を観ていつも感じるのは特殊な役柄を演じる俳優たちの成りきりぶり。それは常に驚かされる。
かつて日本でも“精神病院”と呼ばれていた名称、今日では“心療クリニック”とか“メンタル・クリニック”と表現されている。

イタリア映画祭2009年で公開された時は原題の“やればできるさ”というタイトルがついていた。あいにく映画祭では見逃したが、今回一般公開され観る事が出来た。原題の“やればできるさ”そのものズバリの展開。精神を病む人々が主人公…一度だけ悲しい出来事は起きるが、ユーモアを交えながらほのぼのとして、観ているものの心をも温かくする素敵な人間ドラマだった。

ネッロが“床貼り”の仕事を思いついたのは,彼らが内職で封筒に切手を貼る様を見たからだった。個性豊かな彼らは決して同じ位置に切手を貼らない。束ねて見ると貼られた切手がまるでモザイクのような状態になっているのだ。

恋人サラと同居中のネッロは彼女との生活よりも、元患者たちとの仕事を優先しサラに呆れられている。でもネッロにとって元患者の彼らはまるで自身の大事な子供たちのように大切な存在なのかも知れない。演じるクラウディオ・ビシオがスゴく良かった。元患者を演じる俳優陣は語るまでもなく最高!
シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-07-31 19:26 | イタリア | Comments(0)
<< 「グッド・ハーブ」 「黄色い星の子供たち」 >>