「わたしを離さないで」

「Never Let Me Go」2010 UK/USA
a0051234_18575596.jpg

キャシーに「プライドと偏見/2005」「マイ・ブラザー/2009」「17歳の肖像/2009」のキャリー・マリガン。
トミーに「BOY A/2007」「大いなる陰謀/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「ソーシャル・ネットワーク/2010」のアンドリュー・ガーフィールド。
ルースに「プライドと偏見」「シルク/2007」「つぐない/2007」「ある公爵夫人の生涯/2008」のキーラ・ナイトレイ。
ミス・エミリーに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」「ある公爵夫人の生涯」のシャーロット・ランプリング。
ミス・ルーシーに「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」「17歳の肖像」のサリー・ホーキンス。
監督は「ストーカー/2002」のマーク・ロマネク。
原作は「日の名残り/1993」のカズオ・イシグロ。
a0051234_18574738.jpg

外界から完全に閉ざされた緑豊かな田園地帯に建つ寄宿学校ヘールシャム。そこでは幼い頃からずっと一緒だったキャシー、ルース、トミー3人組の他多数の子供たちが共同生活を送っている。ミス・エミリーを中心に厳格な教師たち(保護官)が子供たちの教育に携わるある日、ヘールシャムへ新しい教師ミス・ルーシーが赴任して来る。しかし子供たちに”ある秘密”を話したことから彼女は学校を追われるはめになる。やがて18歳になった3人はヘールシャムを卒業し、農場のコテージで共同生活を始めるのだった…

“ドナー/提供者”となるため生まれて来た子供たち…映画の予告を観た時に、シャーロット・ランプリングが醸し出すなんか怪しい匂いから、少々異様な物語ではないのか?と感じたが、あの展開には正直驚いた。
私的に見終わって疲れる物語で、またまた二度と観たくない映画の中に入れてしまった。
カズオ・イシグロの小説”日の名残り”はもちろん読んだ。しかし本屋で手に取ったこの小説は、映画を観てしまった後なので読みたくなくなった。本来は映画を観てその原作を読むことが多いが、これに関しては原作小説に詳しく書かれていることをいくらフィクションでも読みたくない。

キャリーとキーラは1985年生まれ。「プライドと偏見」では、キーラ演じるエリザベスの幼い妹キティ役のキャリーはホントに可愛かった。この映画ではキャリーの方が大人の女性に見え、落ち着いた、優しいまなざしが素敵だ。

ルースは早くにドナーとなりどんどん弱って行く。一方でキャシーはルースやトミーたちドナーの介護士となる。いつか自身もドナーとなる日が来る…と考えながら二人を見守るキャシーの目が猛烈に哀しげだ。トミーの目も、ルースの目もそうだった。心を持たせてもらえなかった彼らの魂の叫びが聞こえ圧倒される。

上にも書いたシャーロット・ランプリングってなんて存在感のある女優なんだろう。一番圧倒されたのはランプリング演じるミス・エミリーの目かも知れない。
なんともはや、身につまされるというのか、どうしようもないというのかとんでもない展開のドラマだが、映画の背景に描かれる英国の田園風景がのどかで美しく、過酷で惨い物語が少し緩和されるような気もする。
キャリーも良かったけど、アンドリュー・ガーフィールドがスゴく良い。
TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2011-04-26 19:20 | UK | Comments(4)
Commented by Bianca at 2011-05-04 08:15 x
margot2005様、お久しぶりです。この画像が美しいので、心ひかれますが、そうなんですか、そんなに怖い話なんですか?でもそういわれると却って見たくなってしまいます。
Commented by margot2005 at 2011-05-07 21:33
Bianca さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですか?画像に惹かれてくださったのですね?
カズオ・イシグロの書いたこの小説のテーマはまるで近未来の出来事のようではありますが、描かれた世界は現代の英国の美しい景色の中に上手く溶け込んでいたようにも思えます。
Commented by イチゴ at 2012-09-26 21:35 x
いつも綺麗どころであったキーラ・ナイトレイが憎まれ役を演じましたね。
映画の方がトミーとキャシーの愛情にドラマチックにフォーカスしているので、まだ救いがある気がしました。
小説はルースとキャシーの結び付きが描かれ、トミーの存在は希薄に感じました。
Commented by margot2005 at 2012-09-28 23:14
イチゴさん、こんばんは。
そういやキーラ・ナイトレイの憎まれ役珍しいですね。

カズオ・イシグロが書いた翻訳小説は本屋で手に取ったのですが、映画があまりに重くて辛かったので、読むのは断念しました。
<< 「引き裂かれた女」 「神々と男たち」 >>