「隠された日記 母たち、娘たち」

「Mères et filles」…aka「Hidden Diary」2009 フランス/カナダ
a0051234_21415299.jpg

マルティーヌに「キングス&クイーン/2004」「ストーン・カウンシル/2005」「輝ける女たち/2006」のカトリーヌ・ドヌーヴ。
オドレイに「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「コード/2008」のマリナ・ハンズ。
ルイーズに「ミュンヘン/2005」「潜水服は蝶の夢を見る」のマリ・ジェゼ・クローズ。
マルティーヌの夫ミッシェルに「プチ・ニコラ/2009」のミッシェル・デュショーソワ。
弟ジェラールに「ぼくセザール10歳半 1m39cm/2003」のジャン・フィリップ・エコフェ。
オドレイのボーイフレンド、トムにロマーノ・オルザリ。
監督、脚本に「正しい恋愛小説の作り方/2006」のジュリー・ロペス・クロヴァル。
a0051234_21414476.jpg
a0051234_21413489.jpg
a0051234_21412678.jpg
a0051234_21411731.jpg

カナダに住むキャリア・ウーマンのオドレイは2週間の休暇を両親の家で過ごすため、実家のあるアルカションに帰省して来る。数年ぶりの再会を楽しみにしていたが、母マルティーヌにはどこかよそよそしい態度を示される。オドレイは自宅で開業医をしている母の邪魔にならないよう、今は空き家となっている海辺の祖父の家で寝泊まりすることに決める。
そしてある日、オドレイはキッチンの引き出しの奥から祖母が書いたと思われる古い日記を見つけるのだった...

半世紀以上前の過去と現在を交差しながら描かれるストーリー。舞台となったスペインに近いフランス、ランド地方の大西洋岸にある海辺の街アルカションの現在と過去の景色がさほど変わっていないのはフランスの大田舎ゆえ?
映画の中で医師を演じているカトリーヌ・ドヌーヴの存在感は際立っている。彼女の夫を演じる俳優ミッシェル・デュショーソワは気の毒なほど影が薄い。まぁ女性たちが主人公の映画だから仕方ないが...。
11/20公開の「クリスマス・ストーリー/2008」、予告が始まった「幸せの雨傘/2010」と、ドヌーヴ映画は目白押し。60代後半ながらエレガントで美しい彼女は、40年もの長きに渡って第一線で活躍する希有な女優かと思える。いやはやスゴいマダムだ。
この映画の主人公はオドレイだと思うが、ドヌーヴ、ママの存在が圧倒的で娘のオドレイも霞んでしまっている。しかしメモリーとして登場するルイーズの存在感は中々のものだ。女性が職業を持つことが難しかった50年代、夫との確執に苦しみ悩むルイーズの姿がとても印象的である。ルイーズ役のマリ・ジェゼ・クローズはクラシックな雰囲気を醸し出す素敵な女優で、哀しみと、苦しみを背負った孤独な女性を好演している。50年代のクラシックなファッション&メイクもばっちり似合っていた。

祖父が亡くなった後無人と化していた家にしばし住まいを移すオドレイ。ある日、キッチンの戸棚の奥に隠されていた祖母ルイーズの日記を発見する。日記に残されていた料理のレシピ。オドレイは会ったことのない祖母の姿を想像し、過去に彼女が料理を作ったキッチンでレシピに挑戦する。ゴーストではないがルイーズがキッチンに現れ、オドレイと語り合うように交差する映像は感動的だ。
ぎくしゃくした母マルティーヌと娘オドレイ。マルティーヌは母ルイーズに捨てられたと思い込んでおり、自らの娘とも上手くつきあえない。
ラスト近く、とてもミステリアスに見えたルイーズの過去が暴かれる。あのルイーズの運命には驚き!
ルイーズの過去が明かされショックを受けるマルティーヌを慰めるオドレイ。そこに母と娘の深い愛を見た。

ちょっと気になったことが…フランス人はタバコ好き人種のように思えるが、医師であるマルティーヌがタバコを吸うのは少々疑問?

銀座テアトルシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2010-11-11 22:07 | フランス | Trackback(9) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/11553737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2010-11-14 21:43
タイトル : 隠された日記〜母たち、娘たち〜
公式サイト。原題:MERES ET FILLES(母と娘)。ジュリー・ロペス=クルヴァル監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、ミシェル・デュショーソワ、ジャン=フィリップ・エコフェ、キャロル・フランク、エレオノール・イルト、ジェラール・ワトキ....... more
Tracked from 象のロケット at 2010-11-15 21:34
タイトル : 隠された日記 母たち、娘たち
妊娠したオドレイは、それを隠したままカナダからフランスの片田舎アルカションの実家に帰省する。 相変わらず仕事に忙しい母と穏やかで優しい父との再会はどこかぎこちなく、居心地の悪さから海辺にある亡き祖父の家で休暇を過ごすことにしたオドレイは、キッチンの奥に隠されていた古い日記を見つける。 それは50年前に突然姿を消した祖母のものだった…。 女たちのヒューマンドラマ。 ... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-11-20 11:18
タイトル : 隠された日記
 久しぶりのカトリーヌ・ドヌーヴ出演作ということで、『隠された日記 母たち、娘たち』を銀座テアトルシネマで見てきました。 (1)物語は、カナダのトロントで暮らす... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-11-21 00:54
タイトル : *『隠された日記 -母たち、娘たち-』* ※ネタバレ少々
2009年:フランス+カナダ合作映画、ジュリー・ロペス=クルヴァル監督&脚本、ソフィー・ハイエ脚本、カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、ミシェル・デュショーソワ、ジャン=フィリップ・エコフェ出演。... more
Tracked from Cartouche at 2010-11-21 20:44
タイトル : *隠された日記 母たち、娘たち*
M竪res et filles - bande annonce FR          ***STORY***                  2009年  フランス=カナダ フランスの田舎の町に帰省したオドレイ。優しく迎えてくれる父とは対照的に、母マルティーヌとはぎごちない関係しか築けない。カナダで働くオドレイは、仕事は充実しているものの、友人以上恋人未満のトムの子どもを妊娠していた。しかし、そのことを両親に打ち明けられない。ある日オドレイは、今は誰も住んで...... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2011-01-14 17:31
タイトル : 隠された日記 母たち、娘たち
隠された日記 母たち、娘たち'09:フランス、カナダ◆原題:MERES ET FILLES/HIDDEN DIARY◆監督:ジュリー・ロペス=クルヴァル「正しい恋愛小説の作り方」◆主演:カトリーヌ・ドヌーヴ、マリ ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2011-04-17 12:17
タイトル : mini review 11522「隠された日記 母たち..
『正しい恋愛小説の作り方』のジュリー・ロープ=キュルヴァルが監督を務めた、3世代にわたる女性の生き方を見つめた人間ドラマ。偶然祖母の日記を発見した孫娘とその母親、そして過去に家出した祖母らが織り成す複雑な心模様を大胆に描く。気丈な母親を演じるのは、大女...... more
Tracked from りゃんひさ MyBlog.. at 2011-05-11 00:11
タイトル : 『隠された日記 母たち、娘たち』:女三代の確執。だけど書..
祖母、母、娘。女三代の母娘の確執物語である。 まぁ、男であるりゃんひさとしては、父-息子もの、母-息子ものだと、かなり身につまされるところがあって、その内容の良し悪しで評価する場合があるのだけれど、母-娘ものだと、流石に身につまされることはなく、「なるほど」「ふむふむ」「うんうん」と納得させてもらえれば高評価、イイ映画ということになる。 さて、この映画・・・... more
Tracked from 映画とライトノベルな日常.. at 2011-09-25 23:24
タイトル : 隠された日記 母たち、娘たち
感想などをあれこれ書く前にもう一度3世代の女性像について整理しておこうと思います。 ルイーズ(祖母):仕立屋の夫を持ち、貞淑な妻であり子ども達の母親でもあります。ですが家庭のことだけに縛られずに仕事をしたいと思っていますが夫から猛反対を受けます。女性は家庭のことだけやっているのがよしとされた時代の人。 マルティーヌ(母):医師として忙しく働くが、母親と過ごした時間が短く、娘とどう接していいか戸惑います。女性が社会に進出するようになったけれど苦労が多い時代を生きてきた人。 オドレイ(娘):仕事に生きた...... more
<< 「約束の葡萄畑 あるワイン醸造... 「わたしの可愛い人-シェリ」 >>