「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」

「Luftslottet som sprängdes」…aka「The Girl Who Kicked the Hornet's Nest」2009 スウェーデン/デンマーク/ドイツ
a0051234_20563510.jpg

ミカエルにミカエル・ニクヴィスト。
リスベットにノオミ・ラパス。
ミカエルの妹でリスベットの弁護士アニカにアニカ・ハリン。
リスベットの後見人ベーテル・テレボリアンにアンデシュ・アルボム・ローゼンタール。
リスベットの父親ザラチェンコにゲオルギー・ステイコフ。
ザラチェンコの部下ニーダーマンにミカエル・スプレイツ。
公安警察官モニカにミリヤ・トゥレステット。
“ミレニアム”の編集長でミカエルの恋人エリカにレナ・エンドレ。
監督にダニエル・アルフレッドソン。
原作はスティーグ・ラーソンの“ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士”。
a0051234_20564516.jpg

ザラチェンコとの壮絶な闘いで重傷を負ったリスベットはミカエルに発見されイェーテボリの病院に収容される。そこには同じく重傷を負ったザラチェンコも収容されていた。一方で政府公安警察の秘密組織は 国家的スキャンダルを闇に葬るためリスベットを始めとした関係者の抹殺に動き出す。始めにザラチェンコが殺され、次にリスベットも狙われるが間一髪で難を逃れる。そしてミカエルにも危険が迫っていた...

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」「ミレニアム2 火と戯れる女/2009」に続く“ミレニアム3”最終章。
“ミレニアム1”から“ミレニアム2”公開までは間が開いたが、“ミレニアム2”“ミレニアム3”は続けて公開され配給会社に感謝した。こういったシリーズものは誰しも早く観たいものだ。
二作目は少々中だるみって感じだったが、いやいや最終章は面白かった。リスベットがブラック皮ジャンを着用し、鼻、耳ピアス&鶏冠ヘアーで、目の周りばっちりアイライン・メイクで自らの裁判に登場する。リスベットにはあのメイクとファッションが欠かせない。小柄な彼女に驚く検事。そうリスベットは小柄な女性なのだ。
ミカエルはもちろんの事、リスベットの雇い主である警備会社社長 ドラガン・アルマンスキーや、ミカエルの妹を弁護士に向かえ“狂卓の騎士”を結成し巨悪を滅ぼすに至る様は最高に見応えがあった。
驚くべきリスベットの過去が明かされ、あの変態後見人の真実も暴露され痛快!しかし一人の幼い少女リスベットが国家的スキャンダルの犠牲者だったとはあまりにもお気の毒。このように壮大で、スリリングなストーリーを書いた原作者スティーグ・ラーソンは既にお亡くなりになっているとは残念なこと。原作の翻訳本はいつか読んでみたい!

天才ハッカーのリスベットの武器はPC。ある日、病院の彼女のベッドにチョコレート・ボックスに隠した携帯が置かれていた。それは“これで自伝を書くと良い。”とメッセージを残したミカエルからの贈り物だった。
ラスト、ミカエルがリスベットのマンションを訪れる。再会した二人…リスベットが部屋に入るよう誘うか、それともミカエルが部屋に入って良いか訪ねるか?どちらかの展開を予想したが、どちらもなく、“また..”と言い合って別れる姿は妙に味わい深くてとても素敵なエンディングだった。
2作品を観た後、DVDに保存してある”ミレニアム1”を今一度観てみたがやはり原作買いに行かなきゃ...。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2010-09-26 21:11 | スペイン | Comments(2)
Commented by cochi1228 at 2010-11-06 23:03
これはこれは凄いと思い、是非原作を読みたいと思わせてくれました。映画を見てこういうしびれ感を感じるのは久しぶりのことです。終わり方をどうするのか気になりましたが、「また、、、」というさらり感がよかったかなと。
Commented by margot2005 at 2010-11-09 00:19
cochi1228さん、こんばんは。
今頃原作読んでらっしゃるのでしょうか?
本ならリスベットとミカエルの描写もより以上に詳しく書かれていて面白いでしょうね。
映画のあのラストはホント洒落てました。
<< 「彼女が消えた浜辺」 「終着駅 トルストイ最後の旅」 >>