「ミレニアム2 火と戯れる女」

「Flickan som lekte med elden」…aka「The Girl Who Played with Fire」2009 スウェーデン/デンマーク/ドイツ
a0051234_231556.jpg


ミカエルにミカエル・ニクヴィスト。
リスベットにノオミ・ラパス。
ミカエルの恋人エリカにレナ・エンドレ。
リスベットの友人ミリアムにヤスミン・ガルビ
リスベットの後見人ベーテル・テレボリアンにアンデシュ・アルボム・ローゼンダール。
監督にダニエル・アルフレッドソン。
原作はスティーグ・ラーソンの“ミレニアム2 火と戯れる女”。
a0051234_2312973.jpg

“ミレニアム”に復帰した編集長ミカエルは少女売春組織の実態に迫る特集記事の準備を進めていた。しかしある日、記者二人が殺害されてしまう。そして現場にはリスベットの指紋がついた銃が残されていた。やがて彼女は殺人犯として指名手配される。リスベットと1年近く会っていないミカエルは彼女の身を案じつつ無実を信じるのだった...

過去のトラウマからミカエル以外誰も信じないリスベットは犯人に仕立てられた自身の潔白を晴らすため一人で行動を起こす。警察の追求をかわしながら犯人と対決するリスベットは相変わらず賢くて、強いこと!
今回終盤でリスベットの過去が明かされ、父親とも再会する。悪魔のような後見人ペーテルの前の心優しい後見人も登場して来る。
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」の続編で非常に楽しみにしていた。前作はミカエルが依頼された事件をリスベットと共に解き明かして行く過程がとてもスリリングで見応えあったが、“ミレニアム2”は少々盛り上がりに欠け期待したほどではなかった。でも現在公開中の「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士/2009」も観に行く予定。
このシリーズはミカエルとリスベットのコンビあっての映画だと思うので、1年以上会っていない設定で、二人の絡みがないのは寂しい。大ラスでミカエルがリスベットを助けに来て互いに再会を果たす。
今回はストックホルムの街や郊外がロケーションに使われていて、行ってみたいな北欧!
前作のラストで大金をゲットしたリスベットは億ションを購入する。それは窓から美しい海が見えるロケーションに建ち素晴らしい!他にもリスベットの母親が眠る広大な墓地…そこの芝生に巨大な十字架が建てられている。あの景色は民放のハイビジョン放送でいつも楽しみにしている旅行番組、多分“スエーデン完璧マップ”で紹介されていた。
鼻ピアスのリスベットが扮装する時はスッピンにブロンド・ヘアー。ブロンドは彼女に似合わないが、素顔のノオミ・ラパスが以外にチャーミングで驚く。
毎回書いているかも知れないが、ミカエル・ニクヴィストはホント素敵な俳優だ。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋に
[PR]
by margot2005 | 2010-09-19 23:24 | スペイン | Comments(2)
Commented by mezzotint at 2010-11-03 00:37 x
margotさま
今晩は☆彡
コメント頂きありがとうございます!
突然TB出来なくなることって結構ありますよね。
ほんと困ります。この作品、斬新ではありませんが。
とても好きな作品です!北欧の寒々したあの雰囲気が
何か良いですよね。3の方にもTBさせて頂きますね。
Commented by margot2005 at 2010-11-09 00:09
mezzotintさん、こんばんは。
TBは届く時と届かない時があったりして驚かされますね。
そちらの3の方にTB飛んだのですが2にはダメで...なんなのでしょうね?ワケがわかりません。また機会をみて飛ばしてみますわ。
<< 「終着駅 トルストイ最後の旅」 「ミックマック」 >>