「フェアウェル/哀しみのスパイ」

「L'affaire Farewell」…aka「Farewell」 2009 フランス
a0051234_21382740.jpg

セルゲイ・グリゴリエフ大佐に「ウエディング・ベルを鳴らせ!/2007」の監督エミール・クリストリッツア。
ピエール・フロマンに「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」「ナルコ/2004」「戦場のアリア/2005」「美しき運命の傷痕/2005」のギョーム・カネ。
ピエールの妻ジェシカに「セントアンナの奇跡/2008」「バーダー・マインホフ 理想の果てに/2008」「愛を読むひと/2008」のアレクサンドラ・マリア・ララ。
セルゲイの妻ナターシャに「セブン・イヤーズ・イン・チベット/1997」のインゲンボルガ・ダクネイト。
ロナルド・レーガンにフレッド・ウオード。
フランソワーズ・ミッテランにフィリップ・マニャン。
大統領の顧問フィーニーに「パリ、ジュテーム/2006」「インサイドマン/2006」のウィレム・デフォー。
「戦場のアリア」のカップル、ダイアン・クルーガーとベンノ・フュルマンがワンシーンに出演している。
監督、脚本に「戦場のアリア」のクリスチャン・カリオン。
a0051234_2140264.jpg
a0051234_21393588.jpg

1981年、ソビエト連邦、モスクワ。KGBのセルゲイ・グリゴリエフ大佐は“フェアウエル”というコードネームを持つソ連のスパイ。国家のエリートである彼は何不自由ない生活を送っているが、西側諸国に比べ国の発展が大きく遅れている祖国に危機感を抱いていた。そして彼はソ連の極秘情報を西側の国フランスに流すことを決意する。西側への仲介役はフランス企業のモスクワ駐在員ピエール。電気技師のピエールは上司の命令で仕方なしに動き始めるが、次第にグリゴリエフの志に魅了されて行く…
a0051234_21391375.jpg
a0051234_21385330.jpg
a0051234_21383812.jpg

二人の妻たちはもちろん夫たちがスパイだとは知らない。ジェシカは怪しい行動のピエールを疑い、セルゲイの息子イゴールも父親を信用できなくて反発ばかりしている。しかしセルゲイは息子の将来と祖国のために危険な任務を遂行しているのだ。一方でピエールはそんなセルゲイに魅了され、任務にのめり込んではいたが、妻子への深い愛(何度か妻に別れると脅かされていたが…)は決して変わらない。
家族愛にあふれた人間ドラマのようなスパイ映画。胸に迫るストーリーはとても見応えがある。このようなスパイ映画には滅多にお目にかかれない気がする。

“フェアウェル”というコードネームを持つスパイ、セルゲイ・グリゴリエフは妻と息子を愛し、愛人もいたロマンティックな男。
浮気中の妻と反抗期の一人息子を抱え、自らも愛人を作るが決して信念は失わない。ピエールを通じて西側から手に入れたソニーのウオークマンや、その頃黄金期だった“クイーン”のCDを息子にプレゼントしてご機嫌を取る姿(息子に浮気の現場を押さえられたってこともあるけど...)は人間クサく映る。
金も、西側への亡命も望まず理想を追求した“フェアウェル”って感動するくらいクールなスパイだ。
映画の中で“ソニー”のことを“ジョニー”と言ったり、“クイーン”のことは“キーン”と言っていたセルゲイ。80年代のロシア人は世界の“ソニー”を“ジョニー”と思っていたなんて情報無さ過ぎであっと驚く。
セルゲイとピエールのリスクを冒したやり取りが続く前半は観ていてとても興味深く面白い。しかし中盤から各国の首脳であるレーガンやミッテランが登場して来る。これは史実なのでその時に交わされた場面も本当のことであるのだが、それらのシーンに臨場感はない。
レーガンを描くシーンでは元俳優だった彼が自ら出演したハリウッド映画のビデオを繰り返し見る場面は笑いを誘うが、別にあのような陳腐なシーンはなくとも良かったのじゃないかな?
実際のエリゼ宮殿(大統領官邸)が使われた場面でのミッテラン役の俳優は中々似ていた。
“クイーン”の“ウイ・ウイル・ロック・ユー”のライブ・シーンとダブらせて...あれって草原だった?で、シャウトするイゴールの姿は最高にナイス。

エミール・クリストリッツアについては「ウエディング・ベルを鳴らせ!」のレビューにも書いたように私的には俳優のイメージが強い。彼の監督作品「ウエディング・ベルを鳴らせ!」を観た後wowowで放映されていた「ライフ・イズ・ミラクル/2004」を観たが、とてもついて行けなくて途中で挫折した。やはり彼は俳優が良い。「サンピエールの命/1999」の死刑囚役も素晴らしかったが、これでのクリストリッツアの演技はただただ素晴らしい!
お気に入りフランス人俳優ギョーム・カネも作品毎に良い俳優になって行く。
渋谷 シネマライズにて
[PR]
by margot2005 | 2010-08-08 22:23 | フランス | Trackback(8) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/11101670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NiceOne!! at 2010-08-24 05:59
タイトル : 『フェアウェルさらば、哀しみのスパイ』(200...
原題:L'AFFAIREFAREWELL/FAREWELL監督・脚本:クリスチャン・カリオン出演:エミール・クストリッツァ、ギヨーム・カネ、アレクサンドラ・マリア・ララ、インゲボルガ・ダプコウナイテ、ウ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2010-08-27 03:10
タイトル : 『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』 キャスティングの謎
 【ネタバレ注意】  『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のキーパーソンは、ウィレム・デフォーだ。  なのに、出番はとても少ない。顔を出すのは数カット。  もちろん主人公はエミール・クストギ..... more
Tracked from Cartouche at 2010-08-27 08:42
タイトル : *フェアウェル さらば,哀しみのスパイ*
       ***STORY***                    2009年  フランス            1981年のモスクワ。KGBの幹部グリゴリエフ大佐は、フランスの国家保安局を経由して接触した家電メーカーの技師ピエールに奇妙な親近感を覚え、ある重要な情報を渡す。それは、スペースシャトルの設計図やフランスの原子力潜水艦の航路図など、ソ連が調べ上げた機密情報だった。世界の国家勢力を一変させる力を秘めたその情報の壮大さに、一介の技術者に過ぎないピエールは目を見張り...... more
Tracked from 象のロケット at 2010-08-27 22:55
タイトル : フェアウェル さらば、哀しみのスパイ
1981年、ソ連・モスクワ。 ソ連の諜報機関であるKGB(国家保安委員会)のセルゲイ・グレゴリエフ大佐は、フランスの家電メーカー技師ピエール・フロマンを通して、極秘情報を東西冷戦時代の敵陣営であるフランスの防諜機関DST(国家保安局)に受け渡した。 なぜ彼は自ら進んでスパイ行為を行ったのか…?  史上空前のスパイ事件“フェアウェル事件”に基づくサスペンス。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-08-28 06:49
タイトル : フェアウェル
 冷戦が終わってしばらく経つのにスパイ物かとも思いましたが、フランス映画『フェアウェル―さらば、哀しみのスパイ』を渋谷のシネマライズで見てきました。 (1)物語は、ソ連のKGBの幹部のグリゴリエフ大佐(そのコードネームが「フェアウェル」)が、各国のソ連スパイから送られてくる西側の最重要機密情報を、フランス人技師ピエールを通して西側に渡し続け、最後には、西側に潜入しているソ連スパイのリストを渡すことによって、ソ連のスパイ網を崩壊させてしまい、ソ連の崩壊の切っ掛けを作った、というものです。  初めのう...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-10-25 01:00
タイトル : フェアウェルさらば、哀しみのスパイ(2009)
 原題:L'AFFAIRE FAREWELL人は希望で動く。歴史は信念で動く。... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2011-02-19 23:43
タイトル : フェアウェル さらば、哀しみのスパイ
ソビエト連邦を崩壊させたきっかけの一つともいわれる実在のスパイ事件 “フェアウェル事件”を映画化したヒューマン・サスペンス。 愛する息子と祖国の未来のため、危険なスパイ行為に及んだ男の実像と、 民間人でありながら仲介役としてスパイ活動の一翼を担ったフラン…... more
Tracked from かえってきた秘宝館 at 2012-06-06 12:17
タイトル : 映画『フェアウェル〜さらば哀しみのスパイ』
監督 クリスチャン・カリオンエミール・クストリッツァ (Sergei Gregoriev)ギヨーム・カネ (Pierre Froment)アレクサンドラ・マリア・ララ (Jessica Froment)インゲボルガ・ダプコウナイテ (Natasha)アレクセイ・ゴルブノフ (Choukhov)ディナ・コルズン (Alin...... more
Commented by rose_chocolat at 2010-08-24 06:01 x
>クストリッツアの演技はただただ素晴らしい!
まさに。
俳優としては初めて観ましたが、ものすごいオーラですよね。
Commented by margot2005 at 2010-08-29 22:10
rose_chocolatさん、レスが遅くなってごめんなさい。
クストリッツアはスパイ役がぴたっとハマってましたね。
俳優としてのクストリッツアは「サンピエールの命」が素晴らしい!です。機会があれば是非。
<< 「セラフィーヌの庭」 「小さな命が呼ぶとき」 >>