「17歳の肖像」

「An Education」 2009 UK
a0051234_21361674.jpg

ジェニーに「プライドと偏見/2005」のキャリー・マリガン。
ディヴィッドに「ニュースの天才/2003」「フライト・プラン/2005」「エレジー/2008」のピーター・サースガード。
ダニーに「ある公爵夫人の生涯/2008」「大暴落 サブプライムに潜む罠/2009」のドミニク・クーパー。
ヘレンに「プライドと偏見」「大暴落 サブプライムに潜む罠」のロザムンド・パイク。
ジェニーの父ジャックに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「シルク/2007」のアルフレッド・モリーナ。
母マージョリーに「アダプテーション/2002」「ホテル・ルワンダ/2004」のカーラ・セイモア。
校長に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」」新しい人生のはじめかた/2008」「パイレーツ・ロック/2009」のエマ・トンプソン。
ミス・スタッブスに「フラッシュバック/2008」のオリヴィア・ウイリアムズ。
監督に「幸せになるためのイタリア語講座/2000」のロネ・シェルフィグ。
a0051234_21334234.jpg
a0051234_213485.jpg

1961年、ロンドン郊外。16歳のジェニーはオックスフォードを目指す優等生。苦手なラテン語やチェロの練習にはうんざりだが、それも進学のためならとがんばる毎日。唯一の楽しみは大好きなシャンソンを聞きながら憧れのパリに想いを馳せること。そんなジェニーはある雨の日、ディヴィッドと名乗る紳士と出会い、恋に落ちる…

“あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。”…英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に描いた青春ドラマ。
ヒロインのキャリー・マリガンはオスカー主演女優賞にノミネートされた。20代のキャリー、17歳役は彼女のあどけない風貌により意外や違和感ない。
雨の日、ディヴィッドは車の中からがジェニーに声をかける。最高の笑みをたたえ、そしてもちろん紳士的に、彼はこう言う“怪しいものではないから安心して…”と、案の定ジェニーはディヴィッドの笑顔にコロッとだまされてしまう。少々ネタばれしてしまったけど、観ている途中でほぼ成り行きは分って来る。
同級生の男の子に物足りなさを感じるジェニーの前に突然現れた経験豊かな大人の男。16,7歳の女の子が夢中になるのも無理はない。
ジェニーは担任教師ミス・スタッブス救われたわけだが、とことん傷ついたにも関わらずまた勉強を始めるなんてとても良い子で感心する。
若い娘を食い物にしたディヴィッド役のピーター・サースガードは適役。ピーター・サースガードと言えば「ニュースの天才」ではクールな編集長役でお気に入り俳優に入れそうだったが、なぜか?その後の役柄はどうも冴えない役ばかり。クールな彼が今一度見てみたい。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-05-27 22:23 | UK | Comments(2)
Commented by オリーブリー at 2010-06-13 17:03 x
margotさん、こんにちは。

ピーター・サースガードのお顔は好みではないのですが(笑)お芝居上手ですよね。
「ジャーヘッド」や最近の「エスター」も良かったです。
妻のマギーも義弟ジェイクも演技派ですね~刺激的な環境かな(笑)
Commented by margot2005 at 2010-06-17 23:27
オリーブリーさん、こんばんは!
UK人に囲まれてのUSA人のピーター・サースガード、遜色なかったですね。
彼はヨーロッパ系なのかな?と思ってましたがそうではないようです。
一族で切磋琢磨してるのかしら??
<< 「プレシャス」 イタリア映画祭2010...「... >>