タグ:UK映画 ( 164 ) タグの人気記事

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」

Anthropoid2016 チェコ/UK/フランス

a0051234_23315713.jpg

1941年、ナチス占領下のチェコスロバキア。ある時、イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府が協力して極秘作戦を練り、パラシュートを使って二人の軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュを現地へ送り込む。二人に与えられた使命はナチスNo.3と言われるラインハルト・ハイドリヒの暗殺だった…


ヨゼフ・ガブチークに「プルートで朝食を/2005」「麦の穂をゆらす風/2006」「フリー・ファイアー/2016」キリアン・マーフィ。

ヤン・クビシュに「マリー・アントワネット/2006」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」「フィフティ・シェイズ・ダーカー/2017」ジェイミー・ドーナン。

マリー・コヴァルニコヴァーに「フレンチ・ラン/2013」「マダム・マロリーと魔法のスパイス/2014」シャルロット・ルボン。

レンカ・ファフコヴァーにアニャ・ガイスレロヴァ。

アドルフ・オパルカに「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」ハリー・ロイド。

ヤン・ゼレンカ=ハイスキー「奇蹟がくれた数式/2015」「五日物語 3つの王国と3人の女/2015」トビー・ジョーンズ。

ミセス・モラヴェツにアレナ・ミフロヴァー。

アタ・モラヴェツに「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/2013」ビル・ミルナー。

監督、脚本。製作、撮影は「ブロークン/2008」ショーン・エリス。


報復を恐れて暗殺に反対する者もいる中ヨゼフとヤンは作戦実行に向かって偵察し情報収集に奔走する。ヨゼフとヤンを匿うレジスタンスのミセス・モラヴェツと、二人をサポートするマリーとレンカの存在を忘れてはならない。

やがて密告者が現れ多数の罪もない市民が殺されてしまう。ハイドリヒの暗殺に関わった人物を躍起になって探しまわるナチス・ドイツの威力が凄まじい。


インハルト・ハイドリヒの暗殺計画を描いた「暁の7人/1975」というアメリカ映画がある。それは見たような気もするし、原作を読んだような気もする。でもインハルト・ハイドリヒのことは全く記憶に残っていない。そして本作を見て“暁の7人”の意味を理解した。

本作を見たのはキリアンとジェイミーが出演していたから…。

映画は16ミリフィルムで撮影された模様。セピアカラーで描かれた1940年代のチェコスロバキアがドラマに重厚さを与えている。そしてキリアンとジェイミーが熱く演じている。

ラストの銃撃戦はスゴい!の一言!ナチスの報復は余りにも恐ろしい。

又一つナチス・ドイツの起こした酷い史実を知った。


昨年の秋にリニューアルした新宿武蔵野館の最近のラインアップは私的に大満足の作品ばかり、以前よりヨーロッパ映画の上映が多いような気がする。最近ここで見る映画はどれもこれも混んでいて、本作は連日満員(お盆休みってこともある?)で驚くばかり。現在都内では新宿のみの上映(8/19から渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映あり)。

アメリカやヨーロッパではヒットした作品ながら、著名俳優が出演しない地味な作品は結局ミニシアターでしか上映されないのが寂しい。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-08-17 23:51 | UK | Trackback | Comments(0)

「ヒトラーへの285枚の葉書」

Alone in Berlin2016 UK/フランス/ドイツ

a0051234_18450042.jpg

19406月、ベルリン市民は戦勝ムードに沸いていた。そんなある日、工場で働くオットーと妻アンナの元に、ドイツ軍から1通の封書が届く。それは出征した一人息子ハンスの戦死の知らせだった。ヒトラーのせいでハンスは死んだ!と夫に訴えるアンナ。やがてオットーはカードとペンを手に取り、ヒトラーを批判する言葉を書き始める...


アンナ・クヴァンゲルに「美女と野獣/2017」エマ・トンプソン。

オットー・クヴァンゲルに「アサシン クリード/2016」ブレンダン・グリーソン。

エッシャリヒ警部に「僕とカミンスキーの旅 /2015」ダニエル・ブリュール。

プラル大佐に「悪党に粛清を/2015」ミカエル・パーシュブラント。

監督、脚本は「インドシナ/1992」「王妃マルゴ/1994」「天使の肌/2002:監督/脚本」「皇帝と公爵/2012」(ほとんど)チャーミングな王子/2013」のヴァンサン・ペレーズ。


オットー一人がやり始めたことだが、後にアンナが共に行動しカードを公共の場所にそっと置く日々が始まる。書き込みは指紋がつかないよう手袋をはめて行う慎重さ。

オットーが街中の店でカードを購入するシーンを見て証拠として残らないのか?とハラハラしたが、ある時、別人が逮捕され、後にオットーが逮捕されたのは他でもない彼が働く工場だった。


実話が元の映画なのでオットーとアンナの結末はわかっている。しかし何とかバレないでいて欲しいと願いながら見ていた。

原タイトル“Alone in Berlin”が語るように、オットーとアンナは単独でペンとカードでレジスタンス運動をしたのだ。

オットーが匿名で書いたカードは合計285枚。そしてその内の18枚はゲシュタポの懸命なる捜査にも関わらず見つからなかった。カードを読んで共感してもらおうと思っていたオットーながら、18枚以外は全て警察に届けられたわけだ。

ラスト、全てを読んだゲエッシャリヒ警部は窓からカードを道路にまき自殺する。あの行為はゲシュタポに対する抵抗以外の何ものでもない。


エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、そしてダニエル・ブリュールと皆素晴らしい。ブレンダン・グリーソンは寡黙な男が似合うし、コメディが似合うエマ・トンプソンも一人息子を亡くした母アンナを好演している。苦悩するダニエル・ブリュールもナイスだし、絶対的権力でエッシャリヒ警部を攻め立てるプラル大佐を演じるミカエル・パーシュブラントの気迫の演技がコワいほど。


ヴァンサン・ペレーズの初めての監督作品「天使の肌」は当時横浜で開催されていたフランス映画祭2003で鑑賞した。彼は映画祭の団長で運良くお目にかかることもできた。あれから14年経過!月日の経つのは実に早いものだ。映画はモルガーヌ・モレと今は亡きギヨーム・ドパルデューがカップルを演じる感動的な恋物語だったと記憶する。

ヴァンサン・ペレーズはかつてフランス製作の大作やコメディに多く出演してきた人気俳優。硬派な作品の監督としても素晴らしく才能豊かな人である。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-07-11 19:23 | UK | Trackback | Comments(0)

「光をくれた人」

The Light Between Oceans2016 UK/ニュージーランド/USA

a0051234_18131923.jpg
a0051234_18133068.jpg

1918年、オーストラリア。トム・シェアボーンは戦争の英雄として帰国したが心に深い傷を負い、人生を拒むかのように絶海に浮かぶ無人の孤島、ヤヌス島の灯台守となる。トムは臨時採用扱いだったが、病気療養中の前任者が亡くなり正式採用となる。契約のためバルタジョウズの町に戻ったトムは、その地の有力者の娘イザベルと出会う


トム・シェアボーンに「X-MEN:アポカリプス/2016「アサシン クリード/2016」のマイケル・ファスベンダー。

イザベルに「ジェイソン・ボーン/2016」アリシア・ヴィキャンデル。

ハナに「グランドフィナーレ/2015」レイチェル・ワイズ。

セプティマス・ポッツに「オーストラリア/2008」「殺し屋チャーリーと6人の悪党/2014「キング・オブ・エジプト/2016」のブライアン・ブラウン。

ラルフ・アディコットに「オーストラリア/2008」ジャック・トンプソン。

監督、脚本は「ブルー・バレンタイン/2010」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」デレク・シアンフランス。


生命力に輝くイザベルに対してトムは世捨て人。しかし全く違う性格の二人に愛が芽生え結婚に至る。ヤヌス島での生活は不便で孤独だったが、愛する二人にとっては幸せな日々。やがてイザベルは妊娠するが流産してしまう。そして同じことが続きもう子供は持てないのではないかとあきらめかけたその時、海に浮かぶボートに男性の胸に抱かれた女の赤ちゃんを見つける。父親と思える男性は既に亡くなっていたが赤ちゃんは元気いっぱい。イザベルは早速家に連れ帰り世話を始める。一方でトムには事の顛末を町に報告する義務があったが、イザベルに自分たちの子供として育てたい!と迫られる。


子供を亡くした妻に迫られた夫はもうどうしようもなかったのだろう。こういう時って先のことなど考えないし善悪の判断も鈍ってしまう。結局、それが原因で悲劇が始まるのだが


映画を見終わってとにかくハナが気の毒でならなかった。自分がお腹を痛めて生んだ子供グレースに拒否された上、他の女性をママと呼んで泣き叫ぶなんてあまりにも悲し過ぎる。

もしトムが墓前で泣くハナを目にしなかったら、そしてハナが地元の人間ではなかったら二人の運命は変わっていたかも?なんて思ったりもした。


寡黙だが深い愛情を示すトム役のマイケル・ファスベンダー、子供をこよなく愛する母親役のアリシア・ヴィキャンデル、そして悲観に暮れるハナを演じるレイチェル・ワイズと、3人の俳優が素晴らしかった。


ラスト、生まれたばかりの息子クリストファーを伴いトムを訪ねるグレース(ルーシー)のシーンが素敵。

ロケ地はニュージーランドとオーストラリアのタスマニア。海のシーンが素晴らしく綺麗だった。

かつて灯台守という仕事があったが、それは世界一孤独な仕事かも知れない。


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-30 20:08 | UK | Trackback(6) | Comments(2)

「フリー・ファイアー」

Free Fire 2016 UK/フランス

a0051234_23264226.jpg

1978年のボストン。ある夜、寂れた倉庫で武器取引が行われようとしている。しかしふとしたはずみから銃撃戦が勃発!2組のギャングが生き残りをかけて闘い始める…


ヴァーノンに「特攻野郎Aチーム THE MOVIE2010」「マレフィセント/2014」のシャールト・コプリー。

オードに「ソーシャル・ネットワーク/2010」「コードネームU.N.C.L.E./2015」アーミー・ハマー。

ジャスティンに「ルーム/2015」ブリー・ラーソン。

クリスに「プルートで朝食を/2005」「麦の穂をゆらす風/2006」「ダークナイト ライジング/2012」キリアン・マーフィ。

ハリーに「マクベス/2015」「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出/2015」「シング・ストリート 未来へのうた/2015」ジャック・レイナー。

マーティンに「ベルファスト71/2014」「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/2015」バボー・シーセイ。

バーニーに「オデッセイ/2015」「奇蹟がくれた数式/2015」「ハイ・ライズ/2016」エンゾ・シレンティ。

スティーヴォに「オン・ザ・ロード/2012」「ビザンチウム/2012」「フランス組曲/2014」サム・ライリー。

フランクに「ブラック・シー/2014」「ロブスター/2015」マイケル・スマイリー。

ゴードンに「ニュー・ワールド/2005」ノア・テイラー。

監督、脚本は「ハイ・ライズ/2016」ベン・ウィートリー。


オープニングに人は銃で撃たれてもすぐには死なないと言う説明がでる。監督自らFBIの調書を片っ端から読んで結論に達したらしい。映画やTVドラマで、撃たれてすぐに死ぬのは嘘ということ。撃たれても中々死なない様子を描いているものもあるが、どうやらそれが本当らしい。

で、本作に登場する人間はマジで中々死なないのだ。“病院に連れて行ってくれ!”なんて台詞も飛び出すほど。誰も連れて行かないけど…そう、皆撃たれているから病院に連れて行く人がいない。

とにかく銃で撃たれてもあれほど死ねないって、死ぬほど、いや死ねないばかりにめちゃくちゃ苦しいのではないか!と思った次第。

「ハイ・ライズ」と本作の2本しか見ていないので何とも言えないが、監督ベン・ウィートリーは破壊が大好き!?


映画の舞台は銃を撃ちまくる寂れた倉庫のみ。ブラック・ジョークとdirty word満載のドラマ。密室の心理ドラマは多々あるけど、これほどシンプルにただ撃ち合うだけの物語って初めてかも知れない。

この映画を見ようと思ったのは大好きなキリアン・マーフィの出演に惹かれたから。キリアン・マーフィ映画をシアターで見たのは久しぶり。今後公開予定の「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦/2016」と「ダンケルク/2017」が楽しみ。


唯一の女ギャング役でブリー・ラーソンが出演。「ルーム」でアカデミー主演女優賞に輝き、いきなりメジャーな女優になった彼女がB級映画に出演していて面白い。アーミー・ハマーは身体がデカいからか貫禄たっぷり。ジャック・レイナーやサム・ライリーも冴えない男を頑張って演じている。本作は出演陣が多彩なところが一番の見所かも?そしてやはり女は強い!


新宿武蔵野館にて


[PR]
by margot2005 | 2017-05-20 23:49 | UK | Trackback(1) | Comments(2)

「マイ ビューティフル ガーデン」

This Beautiful Fantastic2016 UKUSA

a0051234_22142422.jpg
a0051234_23090917.jpg

図書館で働くベラ・ブラウンは病的に几帳面な性格で借りている家の庭は荒れ放題。というのも自由奔放に伸びる植物が大の苦手で手を出せないでいるのだ。しかしある日、やって来た家主から荒れ放題の庭を1ヶ月以内に元通りにしなければ退去してもらうと宣言される…


ベラ・ブラウンに「ダウントン・アビー/20102012「ニューヨーク 冬物語/2014」ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ。

アルフィー・スティーヴンソンに「きみがくれた物語/2016」のトム・ウィルキンソン

ヴァーノンに「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/2013」「ジミー、野を駆ける伝説/2014」「パレードへようこそ/2014」「007 スペクター/2015」「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁/2015」アンドリュー・スコット。

ミス・ブランブルに「わたしは生きていける/2013」「ドリーマーズ/2003」アンナ・チャンセラー。

ビリー・トランターに「戦火の馬/2011」「レイルウェイ 運命の旅路/2013」「ストーンウォール/2015」のジェレミー・アーヴァイン。

監督、脚本はサイモン・アバウド。


家を借りる条件の中に庭を美しく保つという項目が入っているのは実に英国らしい。

植物は心を癒してくれる。しかしながらベラは予測不能に無秩序に伸びる植物に恐れを抱いている。それは彼女が極端なほど几帳面だから…。

このドラマを見て、几帳面な人間て無秩序に伸びる植物に恐れを感じることを知った。私自身几帳面からほど遠い性格なので無秩序に伸びる植物は大好き。壁面をはったり、垂れ下がったりする植物が特に好きなのだから。なのでベラを理解するのは難しいが、人間て色々なんだなぁとしみじみ思う。でもやはりベラは変わり者。


ベラの庭は再生中なのでそこに花はない。しかし隣の老人アルフィーの庭が素晴らしく美しく、サンルームに所狭しと置かれた植物も綺麗でため息がでる。

頑固な老人アルフィー、アルフィーの元コックのヴァーノン、そしてベラの職場の図書館に通うビリー…と変わり者のベラと関わる人々がベラ同様ユニークで面白い。

図書館のミス・ブランブルの存外も良いな。


不器用で頑固なベラが植物によって癒され人生を徐々に輝かせて行く様が素敵だ。ドラマの冒頭でベラの生い立ちが描かれていたことを思い出し、人の性格って育った環境に左右されるものだと切に感じた。


ヒロインのジェシカ・ブラウン・フィンドレイがチャーミング。几帳面で頑固なベラが似合っている。ヴァーノンを演じるアンドリュー・スコットのこんなに明るいキャラは初めて見たけど、いい味だしている。トム・ウィルキンソンは相変わらずの貫禄だし、ちょっと変な?研究者役のジェレミー・アーヴァインがキュート。


シネスイッチ銀座にて


[PR]
by margot2005 | 2017-04-23 22:29 | UK | Trackback | Comments(2)

「T2 トレインスポッティング」

T2 Trainspotting2017 UK

a0051234_19533486.jpg
a0051234_19532476.jpg

スコットランド、エディンバラ。仲間の3人を裏切り大金を持ち逃げしたマーク・レントンが20年ぶりに故郷へ戻って来る…


マーク・レントンに「われらが背きし者/2016」ユアン・マクレガー。

スパッドに「マッチポイント/2005」「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式/2007」「恋のロンドン狂騒曲/2010」「パーフェクト・センス/2011」のユエン・ブレムナー。

シック・ボーイに「ドラキュリア/2000「ビザンチウム/2012」のジョニー・リー・ミラー。

ベグビーに「フル・モンティ/1997「フェイス/1997」「リトル・ストライカー/2000」「デス・パズル/2005」のロバート・カーライル。

ダイアンに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「アンナ・カレーニナ/2012」ケリー・マクドナルド。

ベロニカにアンジェラ・ネディヤルコーヴァ。

ゲイルに「マリー・アントワネット/2006」「五日物語 3つの王国と3人の女/2015」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期/2016」シャーリー・ヘンダーソン。

監督は「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「127時間/2010」「トランス/2013」「スティーブ・ジョブズ/2015」ダニー・ボイル。


離婚して故郷へ戻って来たレントン。家族に愛想をつかされ自殺寸前のジャンキーのスパッド。シック・ボーイはパブを経営しているが、主たる収入は売春とゆすり。そしてベグビーは殺人罪で服役中。と、まともな人間は誰もいない。


再会したレントンとシック・ボーイは、ベロニカを交えて新しいビジネスに乗り出す。スパッドは自殺寸前の所をレントンに助けられボクシングを始める。ベグビーはレントンの帰郷を知り復讐を誓って脱獄し、ひとまず妻子に会いに行くが全く歓迎されない。

そしていつまでも大人になれない4人のダメ男たちが再び結集する。ラスト、スパッドに文才があったなんて驚き!


ダメ男たちに反して女性たちはタフで、女子高生だったダイアンが弁護士になっていて素晴らしい。レントンがベロニカを連れてダイアンに相談に行くシーン…“あなたには彼女は若過ぎるわよ!”とレントンに言うダイアンが可笑しかった。

007オタクのシック・ボーイは相変わらずジェームズ・ボンドの話ばっかりしているし、刑務所脱獄の上、喧嘩中毒のベグビーは相変わらず怒りを押さえられない。演じるロバート・カーライル最高!


オランダから20年ぶりに故郷へ戻って来たレントンを空港で迎えてくれたのはようこそエジンバラへ!と歓迎の挨拶する東ヨーロッパからの移民の女性。シック・ボーイのガールフレンド(後にレントンの彼女になる)はブルガリア人だし、今時の英国が反映されていて面白い。

本作には時折「トレインスポッティング/1996」の映像が織り込まれていて懐かしいことこの上ない。

wowowでダニー・ボイル特集があり、再び「トレインスポッティング」が見れて良かった。

しかしながらダニー・ボイルってトイレのシーンが好きらしい。本作はポスターにもなっている。「スラムドッグ$ミリオネア」でも重要なシーンでトイレがでてきたのを思い出した。


ユアンはもちろん、ロバート・カーライルの大ファンなのでとても楽しみにしていた。そしてロバート・カーライルの映画を見るのはホントに久しぶり。数年前にDVDとwowowで「家族のかたち/2002」と「サマー~あの夏の記憶~/2008」を見て以来かも知れない。



丸の内ピカデリーにて



[PR]
by margot2005 | 2017-04-19 20:26 | UK | Trackback(2) | Comments(2)

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

I, Daniel Blake2016 UK/フランス/ベルギー

a0051234_21593613.jpg

イギリス北東部ニューカッスル。ダニエル・ブレイクは59歳の腕利き大工。長い介護の末愛する妻が亡くなり、子供のいないダニエルは孤独な一人暮らし。ある日、心臓が苦しくなったダニエルは病院で診察をうけ、医者から仕事を休むように言われ途方に暮れる


ダニエル・ブレイクにデイヴ・ジョーンズ。

ケイティに「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出/2015」ヘイリー・スクワイアーズ。

デイジーにブリアナ・シャン。

ディランにディラン・フィリップ・マキアナン。

役所の職員アンに「オレンジと太陽/2010」ケイト・ラッター。

隣人チャイナにケマ・シカズウェ。

監督は「ジミー、野を駆ける伝説/2014」ケン・ローチ。


働けなくなったダニエルは国の援助を受けるべく役所に赴く。しかし役所の仕事は全て形式によって成り立っている。頑固な役所の職員に激怒しながら手続きに励むが中々はかどらない。大工のダニエルは接したことのないPCというの厚い壁に阻まれるのだ。

役所ってどこの国でもそうだが、ホント形式にこだわるなぁと切に感じる、映画だからより以上に執拗にこだわりを見せる。でもウイットに富んだやり取りはイギリスらしくて面白い。


ラスト、役所の壁にスプレーで自らの訴えを書き込んだダニエル。警察には捕まったけど集まった民衆から拍手喝采が起こる。彼に賛同した男性が”ダニエルSirの称号を!なんて言っていたのもイギリスらしい。


ケン・ローチ映画を見たのは「ジミー、野を駆ける伝説」以来2年ぶり。ケン・ローチ、ファンなので公開されるのをとても楽しみにしていた。NHKの夜のニュースでも紹介されていて巷でも本作は評判らしい。


「麦の穂をゆらす風/2006」に続き2度目のパルムドール受賞作は素晴らしかった。ラストはうるうるしてしまって、エンディングが終わって明るくなってちょっとうろたえてしまった。

しかしながらニューカッスルにはAED設置してないのか?なんて疑問が...

テーマは違うが「この自由な世界で/2007」シングル・マザー アンジーを思い起こす。


本作のシングルマザー、ケイティは父親の違う幼い二人の子供を抱えて、住み慣れたロンドンから地価の安いニューカッスルにやって来る。そしてケイティは役所で偶然出会ったダニエルと交流を深めて行く。心優しいダニエルは何かとケイティや子供たちの手助けをするようになる。しかしケイティはダニエルに甘えるわけにはいかない。ダニエルはダニエルで病気を抱え大変なのだから...。そこでケイティはもっとお金を稼ごうと売春に走ってしまう。

イギリスは貧困の差がかなり激しい国で、シングル・マザーは尚更生活が苦しい。食料配給所の列に並び、空腹から棚に並ぶ缶詰をその場で食べてしまうケイティの姿に悲しくなる。


ケン・ローチ映画の主人公は皆素晴らしい!本作のデイヴ・ジョーンズはホントに素晴らしかった。俳優ながら、街中にいる失業中のおじさんのように、とてもリアルにドラマに溶け込んでいる。

何となく見たことある顔と終始思っていたが、デイヴ・ジョーンズの映画は初めて。彼は人気コメディアンで映画初出演だそう。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-03-23 00:02 | UK | Trackback(7) | Comments(6)

「アサシン クリード」

Assassin's CreedUK/フランス/香港/USA

a0051234_21592499.png

歴史の裏で長きにわたって対立してきたアサシン教団テンプル騎士団の抗争に巻き込まれた一人の男の冒険の行方を描いたアクション・ファンタジー・アドヴェンチャー。


カラム・リンチ/アギラールに「マクベス/2015」「X-MEN:アポカリプス/2016」のマイケル・ファスベンダー。

ソフィア・リッキン博士に「たかが世界の終わり/2016」マリオン・コティヤール。

アラン・リッキンに「ある天文学者の恋文/2014」ジェレミー・アイアンズ。

ジョセフに「未来を花束にして/2015」ブレンダン・グリーソン。

エレン・ケイに「さざなみ/2015」シャーロット・ランプリング。

ムサに「それでも夜は明ける/2013」マイケル・ケネス・ウィリアムズ。

監督は「マクベス/2015」ジャスティン・カーゼル。


元はゲームということは知っていた。マイケル・ファスベンダーが主演で見に行った次第。いつものように詳しいストーリーはもちろん知らないでおいた。映画は子供時代のカラムから始まり、大人になった彼が死刑囚となる。しかし処刑寸前(死刑囚になった経緯は詳しく説明されない)にリッキン博士親子の研究所に連れて来られ死刑執行は免れる。

やがて話は15世紀のスペインに...これから俄然面白くなって行く!なんて思っていたら又研究所に戻ってしまってそうかこれってゲームだったんだと納得。映画はもちろんゲームのように次作へと続く。次は見ないかも?


Fassyは製作に参加し「マクベス」の監督とヒロインを自らチョイスしたそう。2017年が始まってまだ3ヶ月なのにマリオン・コティヤール映画は既に3本見た。Fassy映画は5月公開予定の「光をくれた人/2016」が楽しみ。


アクション・アドベンチャーながら著名なるUK人俳優が脇を固めている。

テンプル騎士団のメンバー(ユニフォーム)が限りなく似合うジェレミー・アイアンズと、その長老会の有力者役に扮したシャーロット・ランプリング。そしてカラムの父親役のブレンダン・グリーソンと、とても豪華。ブレンダン・グリーソンは味のある俳優でお気に入り俳優の一人。少ない出番ながら存在感あり。

どこまでFassyでどこからスタントマン?と思わせるほどのアクションはスゴかった。


TOHOシネマズ日劇にて


[PR]
by margot2005 | 2017-03-22 22:25 | UK | Trackback(3) | Comments(2)

「フレンチ・ラン」

Bastille Day2016 UK/フランス/USA/ルクセンブルグ

a0051234_23473656.jpg

アメリカからパリにやって来たマイケルは天才的なスリ。ある夜、盗んだバッグに金目のものが入っていないことに気づき、道路に捨て置いて去ろうとする。しかしその時背後で何かが爆発炎上。それはマイケルが盗んだバッグに仕掛けられた時限爆弾だった…


ショーン・ブライアーに「ロックンローラ/2008」「プロメテウス/2012」「マンデラ 自由への長い道/2013」「善き人に悪魔は訪れる/2014」のイドリス・エルバ。

マイケル・メイソンに「暮れ逢い/2013」「シンデレラ/2015」「ブラナー・シアター・ライブ2016/ロミオとジュリエット」リチャード・マッデン。

ゾーエに「恋のベビーカー大作戦/2012」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「イヴ・サンローラン/2014」「マダム・マロリーと魔法のスパイス/2014」「ザ・ウォーク/2015」のシャルロット・ルボン。

カレン・デイカーに「ロシアン・ドールズ2005」「ヘンダーソン夫人の贈り物/2005」「フライト/2012」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のケリー・ライリー。

ヴィクター・ガミューに「ル・ブレ/2002」「グランド・イリュージョン/2013」のジョゼ・ガルシア。

ラフィ・ベルトランに「君を想って海をゆく/2009」ティエリ・ゴダール。

監督、脚本は「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館/2012」のジェームズ・ワトキンス。


時限爆弾が爆発した直後、現場の隠しカメラにマイケルの映像が映っておりテロ容疑者として捕まってしまう。しかしCIAのブライアーは直感からマイケルの無実を信じて彼に協力を要請する。やがてCIAきってのアウトロー捜査官とスリのコンビが誕生し、テロ組織による“36時間後の革命記念日にパリの街を制圧するという恐るべき犯行予告に立ち向かって行く!


原タイトルはズバリ“バスティーユ・デイ/フランス革命記念日”。

パリが舞台でイドリス・エルバとリチャード・マッデンがコンビということで、とっても楽しみにしていた。映画は期待どうり、いや以上に面白くて大満足!こんな映画見たかった!と切に思う一作。


オープニングの後、マイケルとブライアーのパリの煙突屋根でのチェイスがスゴかった。アクション満載なんだけどあのシーンはとても見応えがあったな。ラスト、一人でフランス警察と戦うブライアーの強さといったら半端じゃない!この人ホント強い!


映画を見た後でオフィシャルHPを覗いたら…

「ジェイソン・ボーン」シリーズに匹敵する、パンチの効いたアクション!スリル満点!傑作アクション!!などなどの文字が…。

でもシアターに観客は少なかった。


ドラマの中、マイケルに“笑うと別人”と言われていたCIAのブライアー。演じるイドリス・エルバはホント笑うと善い人になる。wowowで見た「善き人に悪魔は訪れる」での凄みを見せるコワいイドリス・エルバを思い出した。

マイケル役のリチャード・マッデンがマジでキュート。王子もロミオも似合っていたけど、本作のスリのマイケルが一番キマっているかも知れない。


渋谷シネパレスにて



[PR]
by margot2005 | 2017-03-16 00:02 | UK | Trackback(1) | Comments(0)

「ラビング 愛という名前のふたり」

Loving」2016 UKUSA

a0051234_21414449.jpg

1958年、アメリカ合衆国バージニア州。レンガ職人のリチャードには黒人女性のミルドレッドという幼なじみの恋人がいる。ある日、妊娠を告白されたリチャードは彼女との結婚を決意するが、バージニア州では異人種間の結婚が禁じられていた。そこで二人は法律で認められている首都ワシントンD.C.で結婚式をあげ地元に戻って来る。しかし新婚生活を送る二人の家に突然保安官がやって来て逮捕され、ラビング夫妻は法廷で離婚か25年間の州外退去かの選択を迫られる。別れることなど考えられない夫妻はワシントンD.C.に住居を構え暮らし始める...


ミルドレッドに「プルートで朝食を/2005」ルース・ネッガ。

リチャードに「キンキー・ブーツ/2005」「アニマル・キングダム/2010」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」「エクソダス:神と王/2014」「ブラック・スキャンダル/2015」ジョエル・エドガートン。

ブルックス保安官に「マーガレットと素敵な何か/2009」「パパの木/2010」「ドリーム・ハウス/2011」「ノア 約束の舟/2014」マートン・ソーカス。

ガーネットにテリー・アブニー。

レイモンドにアラーノ・ミラー。

弁護士バーナード・コーエンに「聖杯たちの騎士/2016」ニック・クロール。

弁護士フィリップ・ハーシュコプにジョン・ベース。

カメラマン、グレイ・ビレットに「ドリームホーム 99%を操る男たち/2014」マイケル・シャノン。

監督、脚本は「テイク・シェルター/2011」のジェフ・ニコルズ。


ある時、ミルドレッドが当時の司法長官ロバート・F・ケネディに手紙を書く。そしてその手紙がきっかけとなり、ラビング夫妻は最高裁判所で異人種間結婚禁止法は違憲であるとの判決を勝ち取ることになる。


5060年代のアメリカは州によって異人種間の結婚が認められずそれは犯罪だった。信じられないくらい理不尽な法律を変えることに成功した夫妻の真実の物語。互いを思いやる夫妻の深い愛情がスクリーンにあふれ感動する。


オスカー主演女優にノミネートされたルース・ネッガは、キリアン・マーフィーの「プルートで朝食を」のチャーリー役がキュートだった。あれから11年の歳月が流れ、夫に尽くす優しい眼差しのミセス・ラビングを好演している。

ジョエル・エドガートンも11年前の「キンキー・ブーツ」の時はキュートだったが、最近では個性も味もある実力俳優にナイスに変身。本作で彼はなぜか?「エクソダス:神と王」のラムセスと被って困った。


マイケル・シャノン&ジェシカ・チャステインの竜巻の恐怖を描く「テイク・シェルター」はwowowで鑑賞済。どうやら監督はマイケル・シャノンが好きらしい。本作での出番は少ないながらマイケル・シャノン演じるカメラマン、グレイ・ビレットの存在はとても重要。「ドリームホーム 99%を操る男たち」のレビューに顔のせいかワル役しかしない…”なんて書いたことを訂正したい。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/2015」に続きコリン・ファースが製作に参加している。


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-03-12 23:01 | UK | Trackback(4) | Comments(4)