「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ヨランド・モロー ( 6 ) タグの人気記事

「シークレット・オブ・モンスター」

「The Childhood of a Leader」 2015 UK/フランス/ハンガリー

a0051234_21314542.jpg
a0051234_21312230.jpg

第一次世界大戦末期の1918年。アメリカの政府高官がヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれる。彼にはドイツ人で信仰心の篤い妻と少女のように美しい一人息子がいる。その少年はかんしゃく持ちで日々大人たちを混乱させていた…


プレスコットにトム・スウィート。

母親に「ブラウン夫人のひめごと/2002」「アーティスト/2011」「タイピスト!/2012」「ある過去の行方/2013」「あの日の声を探して/2014」ベレニス・ベジョ。

父親に「日蔭のふたり/1996」「麦の穂をゆらす風/2006」「HUNGER/ハンガー/2008」リーアム・カニンガム。

家庭教師に「ハイ・ライズ/2016」ステイシー・マーティン。

家政婦に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」「ミックマック/2009」「ゲンズブールと女たち/2010」「危険なプロット/2012」「カミーユ、恋はふたたび/2012」「神様メール/2015」ヨランド・モロー。

チャーリー(リーダー)に「ニュームーン/トワイライト・サーガ/2009」「リメンバー・ミー/2010」「恋人たちのパレード/2011」「ベラミ 愛を弄ぶ男/2012」ロバート・パティンソン。

監督は「ファニーゲーム U.S.A./2007」「メランコリア/2011」「アクトレス ~女たちの舞台~/2014」「エスコバル 楽園の掟/2014」の俳優ブラディ・コーベット。


子供に愛情を込めてキスをしたり抱きしめたりしない母親がいるだろうか?しつけと称して父親も叱ることしか頭になく全く愛情表現をしない。このような両親に育てられた子供がまともに育つわけがない。

もう一人子供が欲しいという夫に“息子を生む時死にそうになった!”と訴える妻。おまけに結婚などしたくなかったと嘆いている。

結局母親は子供を甘やかす家政婦をクビにしてしまう。家政婦は少年にとってたった一人愛情を与えてくれる存在で心のよりどころだったのに…。


舞台が1910年代なので照明が暗い上、ドラマを盛り上げるためのBack Musicが重くて暗い。Back Musicは騒音のようにも聞こえて少々不愉快だった。

とにかくラストに唖然!唐突に終わる様は意図したものだろうけどエンディングもないなんてあり得ない!?

こちらもシアターでさんざん予告編を見て少々興味があったが良く理解できないドラマだった。


映画の公式HPには“この謎にヴェネチアがひれ伏した”と絶賛している。そういえばポスターに“A MASTERPIECE/傑作”の文字と星も5個つけてある。でもその謎も説明されないので良くわからない。

見る人によって“素晴らしい!”もしくは“良くわからない!”に分かれてしまう一作かも?

予告編を見る限りドラマはサイコホラー?と思っていたので、顔(こめかみ)にディナー・フォークざしだけではもの足りない。もっとスリリングに描いていたら面白かったかも知れない。


オープニングに当時の実写フイルムが映し出され、中盤で、父親は”ヴェルサイユへ行くぞ!”と息子をせき立て、ヴェルサイユ条約締結のために集まった人々が実写で映し出される。第一次世界大戦は終結したが、次に第二次世界大戦が始まり独裁者が現れる…といったアレンジ?

大ラス、いきなり大人になり独裁者として登場したカレ…現タイトル「The Childhood of a Leader/リーダーの幼年時代」を思い出した。

ロバート・パティンソンのスキンヘッドは実に似合っていなかった。彼のようなギョロ目はスキンヘッドだめなのかも知れない。


シークレット・オブ・モンスターの公式HPのPRODUCTION NOTEに監督のコメントあり。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2016-12-06 22:33 | UK | Trackback(3) | Comments(2)

「神様メール」

「Le tout nouveau testament」…aka「The Brand New Testament」2015 ベルギー/フランス/ルクセンブルグ
a0051234_0212062.jpg

世界を創造した神様はベルギー、ブリュッセルのアパルトマンに家族と暮らしている。神様はPCで好き勝手に世界を操り、引っ掻きまわして遊んでいる。10歳になる娘のエアはそんな父親を許せず、PCを勝手に操作させ、全人類にそれぞれの余命を知らせるメールを送信してしまう。そして兄イエス・キリストの助言に従って家出するのだった…

父(神様)に「ナルコ/2004」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」「チャップリンからの贈りもの/2014」のブノワ・ポールヴールド。
母 (女神)に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」「ミックマック/2009」「ゲンズブールと女たち/2010」「危険なプロット/2012」「カミーユ、恋はふたたび/2012」のヨランド・モロー。
娘 エアに「サンドラの週末/2014」のピリ・グロイン。
兄 イエス・キリストにダヴィッド・ミュルジア。
マルティーヌに「愛のあしあと/2011」「ミス・ブルターニュの恋/2013」のカトリーヌ・ドヌーウ。
フランソワに「プチ・ニコラ/2009」「ハートブレイカー/2010」「タンゴ・リブレ 君を想う/2012」「エール!/2014」のフランソワ・ダミアン。
オーレリーにローラ・ファーリンデン。
マルクに「セラフィーヌの庭」「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~/2012」のセルジュ・ラヴィリエール。
ジャン=クロードにディディエ・ドゥ・ネック。
ウィリーにロマン・ゲラン。
ヴィクトールにマルコ・ロレンツィーニ。
監督、脚本、製作総指揮は「トト・ザ・ヒーロー/1991」「ミスター・ノーバディ/2009」のジャコ・ヴァン・ドルマル。

宗教がテーマながら奇想天外なファンタジー・コメディなので面白可笑しく見ることができた。エアが全人類にそれぞれの余命を知らせるメールを送信したのは、残された時間に好きなことをしてもらいたかったから…そう愛をこめて…。

エアは兄の言いつけ通りに洗濯乾燥機を使って地上に出ることに成功する。そして大パニックに陥ったブリュッセルの街でホームレスの男と出会う。エアは新しい聖書作成のため男に執筆を頼み、6人の使徒を探し始める。エアが探しあてた悩める人々…幼い頃に片腕を失った孤独な美女オーレリー、冒険家が夢の会社員ジャン=クロード、保険屋から殺し屋に転身したフランソワ、セックス依存症のマルク、夫との間は冷めゴリラに恋をした主婦マルティーヌ、そして女の子になりたいと願う余命わずかの少年ウィリーの6人。やがてエアは6人の使徒に奇跡を起こして行く。

PCによって世界の人々を動かせると思っていた神様。しかしエアを追って地上に出てきた彼は、もはや人々を操ることができず、周りからはホームレス扱いされる始末。やがて旧ソ連のカザフスタン?だったかに送還されて、強制労働を強いられる結末は痛快そのもの。
ラスト、女神の母が奇跡を起こすシーンはトレ・ビアン!
主人公エアを演じるピリ・グロインが最高に可愛い。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-06-24 00:48 | フランス | Trackback(4) | Comments(0)

「カミーユ、恋はふたたび」

「Camille redouble」2012 フランス
a0051234_23162162.jpg
a0051234_23161391.jpg
a0051234_2315543.jpg

パリに住む女優のカミーユは、25年連れ添った夫エリックが若い娘に夢中になり離婚を迫ってきたことにムカつきの日々。あるパーティの夜飲み過ぎた上転倒し病院へ運ばれる。意識が戻り気がつくと、彼女の人生はいきなりタイムスリップして高校生に戻っていた…

監督、脚本、出演(カミーユ)に「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」「キングス&クイーン/2004」「マリー・アントワネットに別れをつげて/2012」のノエミ・ルボフスキー。
エリックに「トランスポーター イグニション/2015」のサミール・ゲスミ。
カミーユのクラスメート、ジョセファに「ヴェルサイユの子/2008」のジュディット・シュムラ。
同じくアリスにインディア・エール。
同じくルイーズに「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」のジュリア・フォール。
カミーユの母親に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」「ミックマック/2009」「ゲンズブールと女たち/2010」「危険なプロット/2012」のヨランド・モロー。
カミーユの父親に「ボン・ヴォヤージュ/2003」「ダニエラという女/2005」「モンテーニュ通りのカフェ/2006」「風にそよぐ草/2009」「愛して飲んで歌って/2014」のミシェル・ヴュイエルモーズ。
物理教師アルフォンスに「隠された記憶/2005」「サガン-悲しみよこんにちは-/2008」「愛の残像/2013」のドゥニ・ポダリデス。
エリックのクラスメート、ヴァンサンにヴァンサン・ラコスト。
ムッシュ・デュポン(時計屋)に「大人は判ってくれない/1959」「ドリーマーズ/2003」「ル・アーヴルの靴みがき/2011」のジャン=ピエール・レオ。
フランス文学教師に「青の寝室/2014」のマチュー・アマルリック。

中年のおばさんが飲み過ぎて病院へ運ばれる。やがて目を覚ますが、彼女の前に現れたのは亡くなったはずの両親。何がなんだかわからないまま両親の家に落ち着いたカミーユは学校へと送り出される。学校ではかつての親友たちが待っていた。そして自分を捨てた夫エリックも…。
カミーユは40代のおばさんながら周囲からは16歳の高校生に見えるらしい。猛烈な違和感を覚えながらも、大好きだった両親や友人たちと二度目の青春を謳歌しようと考える。しかし彼女の前にエリックが現れ猛烈にアタックして来る。

不仲の夫婦が青春にタイムスリップし、再び過去を経験して真実の愛を取り戻すハートフルなファンタジー・ドラマ。
撮影時、カミーユとエリックを演じる俳優は共に40代。カミーユの友人たちは20代と30代。カミーユはもちろん浮いているが、他の俳優たちは高校生役が意外に違和感なくてドラマに溶け込んでいる。

キャスリーン・ターナー&ニコラス・ケイジの「ペギー・スーの結婚/1986」と言う映画を見たことがある。浮気まみれの夫と別居中の妻が高校時代にタイムスリップして若き日の夫と出会い真実の愛を確認する…といった展開は本作とほぼ同じ。「ペギー・スーの結婚」はかなり素敵な映画だった。本作はまぁまぁかな?
ノエミ・ルボフスキーには「マリー・アントワネットに別れをつげて」でのカンパン夫人役が記憶に残っていたので、16歳の高校生役が笑える。
マチューはワンシーンにしか出演していなくて残念。

シネカリテにて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2015-12-04 23:25 | フランス | Trackback | Comments(0)

「ゲンズブールと女たち」

「Gainsbourg (Vie héroïque)」 2010 フランス
a0051234_2173196.jpg

セルジュ・ゲンズブールに「夏時間の庭/2008」「あの夏の子供たち/2009」のエリック・エルモスニーノ。
ジェーン・バーキンに「ロシアン・ドールズ/2005」のルーシー・ゴードン。
ブリジット・バルドーに「この胸のときめきを/2002」のレティシア・カスタ。
ラ・グール(仮面のセルジュ)に「パンズ・ラビリンス/2006」のダグ・ジョーンズ。
ジュリエット・グレコに「そして、デブノーの森へ/2004」「シャネル&ストラヴィンスキー/2009」のアナ・ムグラリス。
バンブーにミレーヌ・ジャンパノイ。
フランス・ギャルに「恋は足手まとい/2005」のサラ・フォレスティエ。
歌手フレエルに「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」「ミックマック/2009」のヨランド・モロー。
監督、原作、脚本にジョアン・スファール。
「引き裂かれた女/2007」のクロード・シャブロルがゲンズブールのミュージック・プロデューサーで出演している。
a0051234_2171464.jpg
a0051234_217556.jpg
a0051234_2165767.jpg

a0051234_16285141.jpg

酒とタバコと音楽、そして数々の女と戯れ、愛欲の日々を送った男の生涯を描いた伝記映画。

なぜにアニメーション合成?と不思議だったが、作ったジョアン・スファールがフランスのコミック界で活躍する人とのことで納得。ラ・グールを登場させたのもこの方ならではの展開である。エリック・エルモスニーノは過去に観ているフランス人俳優。この映画を観てセルジュ・ゲンズブールにとても良く似ているので、彼の過去作品の印象がトンでしまった。

コミック作家の初監督作品だけあって、幼い頃から女好きだったセルジュ(リュシヤン)が大人の女性に“ヌードを描かせて!”なんて迫ったりして、コミカルに描かれているとことがとても面白い。そしていきなり姿を現すラ・グールの存在も楽しい。

ジェーン・バーキンの元夫で、シャルロットの父親であることは良く知っているが、以外に彼のMusicについては知らない。フランス・ギャルの“夢見るシャンソン人形”をゲンスブールが作ったなんて全く知らなかった。セルジュ&ジェーンの“Je t'aime... moi non plus”は何度も聞いたことがあるが、映画は未見なので是非観てみたいものだ。しかしブリジット・バルドーと不倫していたなんて、セルジュ・ゲンズブールの人生は女、女、女!

キャバレーのピアノマンだったゲンズブールは素晴らしい音楽の才能を持ち合わせていた人。最初は画家を目指し、最終的にはシンガー、監督、俳優というマルチタレントだったのだがら。

ユダヤ人で幼い頃から容姿にコンプレックスを持っていた男が大人になり、たくさんの女たちを夢中にさせる。“女”を夢中にさせる“男”って顔だけじゃない!というのはスゴく理解出来る。醜男ながら女をメロメロにする何か…きっと女の扱い方を心得ていたんだろうな?まぁでも酒と暴力でジェーン・バーキンに逃げ出されてるが、その後30歳も年下のバンブーと恋に落ち子供までもうけたとはスゴい男だ。
多くの女性たちに音楽を提供したというから、彼に関わった女性は皆、彼の才能に惚れてしまったに違いない。

ブリジット・バルドー役のレティシア・カスタは映画のポスターでも予告編で観た際にもとても似ていたが、本編でもばっちりハマっていた。

渋谷 Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2011-06-07 21:36 | フランス | Trackback(2) | Comments(0)

「ミックマック」

「Micmacs」2009 フランス
a0051234_023561.jpg

バジルに「戦場のアリア/2005」「ぼくの大切なともだち/2006」「コード/2008」のダニー・ブーン。
タンブイユ(料理番)に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」のヨランド・モロー。

レミントンにオマール・シー。

ラ・モーム・カウチュ(軟体女)に「パリ/2007」のジュリー・フェリエ。
フラソワ・マルコーニ(地雷製造会社)に「シークレット・ディフェンス/2008」のニコラ・マリエ。

ド・フヌイエ(ピストル製造会社)に「あるいは裏切りという名の犬/2004」「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2005」のアンドレ・デュソリエ。
監督、脚本、製作に「アメリ/2001」「ロング・エンゲージメント/2004」のジャン・ピエール・ジュネ。
a0051234_025547.jpg

パリに住むバジルはレンタル・ビデオ・ショップの店員。ある夜、突然の発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けるはめになる。命は取り留めたものの銃弾は取り出せず、頭に残ったままの状態で退院して来る。しかしバジルがショップに戻った所、新しい店員がおり、彼は仕事も家も失ってしまったことに気づく。ホームレスとなったバジルは廃品回収をしながら共同生活を送るユニークな人々と出会い、彼らに温かく迎えられる...
a0051234_022486.jpg
a0051234_021419.jpg

幼い頃に地雷の事故で父親を亡くしたバジルは、大人になり発砲され銃弾を頭に受ける。そしてこの地雷と、銃弾(ピストル)の製造会社を偶然に見つけ復讐を誓う。
“世界が平和でありますように。”…とバジルとその仲間が武器製造会社社長二人を叩きのめすさまは痛快。
とてつもなく奇想天外な映画なので、バジルの仲間は皆不思議な特技を持つスーパー級に個性的な人物ばかり。

今年のフランス映画祭で上映された作品だったが、観ることが出来ずでずっと楽しみにしていた。フランスの風刺映画は展開が強烈で面白いことこの上ない。地雷&ピストル製造会社の社長たちがやり玉にあげられる終盤は最高!で、彼らを演じる二人の俳優...大の男が命を助けてと懇願する滑稽な姿…こんな役柄初めて観た!の二人の俳優。特にアンドレ・デュソリエの気の毒なほどの変わりぶりには大笑いした。
主演のバジルを演じるダニー・ブーン。「ぼくの大切なともだち」で一風変わった実に善良なタクシー・ドライヴァーが似合っていた。こちらの役でもちょっと変なバジルは奇想天外な物語にすっかり溶け込んで、ダニー・ブーンもぴったり。
パリの街がふんだんに登場するのもたまらない。バジルがホームレスするセーヌを始め、オルセー、ギャラリー・ラファイエットやムーラン・ルージュにモンマルトル墓地、パリ東駅&リヨン駅と、そこにある有名レストラン、トラン・ブルーとパリの街歩き観光状態。映像は全体的にセピア色で、それがパリの街にマッチしている。
ジャン・ピエール・ジュネ映画「デリカテッセン/1991」は残念なことに未見なので是非観てみたい。
恵比寿ガーデン・シネマにて

[PR]
by margot2005 | 2010-09-17 00:14 | フランス | Trackback(18) | Comments(2)

「セラフィーヌの庭」

「Séraphine」2008 フランス/ベルギー/ドイツ
a0051234_21442515.jpg

セラフィーヌ・ルイに「アメリ/2001」「ベティの小さな秘密/2006」「パリ、ジュテーム/2006」のヨランド・モロー。
ドイツ人画商ヴィルヘルム・ウーデに「善き人のためのソナタ/2006」「ノース・フェイス アイガー北壁/2008」のウルリッヒ・トゥクール。
ウーデの妹アンヌ・マリーにアンヌ・ベネント。
女子修道院長にフランソワーズ・ルブラン。
セラフィーヌの雇い主デュフォ夫人に「愛されるために、ここにいる/2005」のジュヌヴィエーヴ・ムニシュ。
ウーデの恋人ヘルムートにニコ・ログナー。
セラフィーヌの隣人ミヌーシュに「フランドル/2005」のアデライード・ルルー。
監督、脚本にマルタン・プロヴォスト。
a0051234_214482.jpg
a0051234_21435944.jpg

1912年、フランス郊外サンリス。セラフィーヌがメイドとして働くデュフォ夫人の家にドイツ人画商ウーデが妹のアンヌ・マリーと共に引っ越して来る。ある日、セラフィーヌの描く絵に心奪われたウーデは貧乏な彼女に援助を申し出る。しかし2年後第一次世界大戦が勃発。敵国ドイツ人のウーデはフランスを離れる運命に陥る。ウーデの援助を失ったセラフィーヌは生活のため再び働かなければならなかった。1927年にウーデは再びフランスにやって来る。セラフィーヌと再会した彼は再び援助することを約束する...

フランス、セザール賞(2009)最優秀作品賞/監督賞/主演女優賞/受賞。
実在の女流画家セラフィーヌ・ルイの生涯を描いたヒューマン・ドラマ。セラフィーヌ・ルイについてはもちろん初めて知った。“女ゴッホ”と呼ばれる彼女は、作風も生き様もゴッホに似ている。花や樹木を愛し、描き、生きている間は決して注目されなかったセラフィーヌ。ゴッホも同様である。セラフィーヌの絵は、彼女の死後ウーデを通じて世間に紹介された。
天使のお告げで絵を描き始めたセラフィーヌは、貧しい生活を支えるため、メイドとしてデュフォ夫人の家で働く傍ら、誰にも師事せず全く独自で絵を描いている。絵の具は動物の臓物や血、そして植物から作り出していた。デュフォ夫人が“子供の描いた絵”と酷評したセラフィーヌの絵は、彼女自身が自然を好み、無垢であったように、一種独特の趣がある。私的には好きな部類に入り一度本物を見てみたい。
アンリ・ルソーを見いだした画商ウーデの目がセラフィーヌの絵に注目したのは分かる気がする。ルソーの絵ってセラフィーヌよりもっと、もっと大胆で独特の世界なのだから…。
画商ウーデと再会したセラフィーヌはパトロンを得て再び絵を描き始める。しかし1929年に世界恐慌が起き、それまでも不安定だったウーデの財政が悪化して行く。援助出来ないウーデの現実が理解出来ないセラフィーヌは次第に精神に異常を来して行く。世界恐慌が起きる前1914年に第一次世界大戦が始まり、敵国であるドイツ人ウーデは財産を差し押さえられフランスを去らなくてはならない運命にあった。彼は15年後に再びフランスに戻って来るが、戦争も、世界恐慌もなければセラフィーヌは生きている間に絵が売れて有名になっていたかも知れないし、精神を病むこともなかったに違いない。運命とはなんと皮肉なものかとしみじみ思う。
一時期、パトロンを得たセラフィーヌが結婚の予定もないのに純白のウエディング・ドレスをオーダーし、それを着て街を歩き回るシーン...セラフィーヌが聖女に見えた。
50代半ばのヨランド・モローが40代から60代のセラフィーヌを演じた。「ベティの小さな秘密」でも精神を病む家政婦という役柄だったが、ヨランド・モローはこういった役が非常に上手い。
神保町 岩波ホールにて
[PR]
by margot2005 | 2010-08-15 21:46 | フランス | Trackback(8) | Comments(2)