タグ:ブレンダン・グリーソン ( 6 ) タグの人気記事

「ヒトラーへの285枚の葉書」

Alone in Berlin2016 UK/フランス/ドイツ

a0051234_18450042.jpg

19406月、ベルリン市民は戦勝ムードに沸いていた。そんなある日、工場で働くオットーと妻アンナの元に、ドイツ軍から1通の封書が届く。それは出征した一人息子ハンスの戦死の知らせだった。ヒトラーのせいでハンスは死んだ!と夫に訴えるアンナ。やがてオットーはカードとペンを手に取り、ヒトラーを批判する言葉を書き始める...


アンナ・クヴァンゲルに「美女と野獣/2017」エマ・トンプソン。

オットー・クヴァンゲルに「アサシン クリード/2016」ブレンダン・グリーソン。

エッシャリヒ警部に「僕とカミンスキーの旅 /2015」ダニエル・ブリュール。

プラル大佐に「悪党に粛清を/2015」ミカエル・パーシュブラント。

監督、脚本は「インドシナ/1992」「王妃マルゴ/1994」「天使の肌/2002:監督/脚本」「皇帝と公爵/2012」(ほとんど)チャーミングな王子/2013」のヴァンサン・ペレーズ。


オットー一人がやり始めたことだが、後にアンナが共に行動しカードを公共の場所にそっと置く日々が始まる。書き込みは指紋がつかないよう手袋をはめて行う慎重さ。

オットーが街中の店でカードを購入するシーンを見て証拠として残らないのか?とハラハラしたが、ある時、別人が逮捕され、後にオットーが逮捕されたのは他でもない彼が働く工場だった。


実話が元の映画なのでオットーとアンナの結末はわかっている。しかし何とかバレないでいて欲しいと願いながら見ていた。

原タイトル“Alone in Berlin”が語るように、オットーとアンナは単独でペンとカードでレジスタンス運動をしたのだ。

オットーが匿名で書いたカードは合計285枚。そしてその内の18枚はゲシュタポの懸命なる捜査にも関わらず見つからなかった。カードを読んで共感してもらおうと思っていたオットーながら、18枚以外は全て警察に届けられたわけだ。

ラスト、全てを読んだゲエッシャリヒ警部は窓からカードを道路にまき自殺する。あの行為はゲシュタポに対する抵抗以外の何ものでもない。


エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、そしてダニエル・ブリュールと皆素晴らしい。ブレンダン・グリーソンは寡黙な男が似合うし、コメディが似合うエマ・トンプソンも一人息子を亡くした母アンナを好演している。苦悩するダニエル・ブリュールもナイスだし、絶対的権力でエッシャリヒ警部を攻め立てるプラル大佐を演じるミカエル・パーシュブラントの気迫の演技がコワいほど。


ヴァンサン・ペレーズの初めての監督作品「天使の肌」は当時横浜で開催されていたフランス映画祭2003で鑑賞した。彼は映画祭の団長で運良くお目にかかることもできた。あれから14年経過!月日の経つのは実に早いものだ。映画はモルガーヌ・モレと今は亡きギヨーム・ドパルデューがカップルを演じる感動的な恋物語だったと記憶する。

ヴァンサン・ペレーズはかつてフランス製作の大作やコメディに多く出演してきた人気俳優。硬派な作品の監督としても素晴らしく才能豊かな人である。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-07-11 19:23 | UK | Trackback | Comments(0)

「アルバート氏の人生」

「Albert Nobbs」 2011UK/アイルランド/フランス/USA
a0051234_23384574.jpg

19世紀、アイルランドを舞台に女性でありながら男性として生きたアルバート・ノッブスの人生を描いたヒューマン・ドラマ。

出演(アルバート・ノッブス)/共同製作、脚本に「いつか眠りにつく前に/2007」のグレン・クローズ。
ヘレン・ドウズに「ディファイアンス/2008」「アメリア 永遠の翼/2009」「キッズ・オールライト/2010」「ジェーン・エア/2011」のミア・ワシコウスカ。
ジョー・マキンスに「幻影師アイゼンハイム/2006」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」のアーロン・ジョンソン。
ヒューバート・ペイジに「キャリントン/1995」のジャネット・マクティア。
ベイカー夫人に「恋のロンドン狂騒曲/2010」のポーリーン・コリンズ。
ホロラン医師に「イン・マイ・カントリー/2004」「プルートで朝食を/2005」「グリーン・ゾーン/2010」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」のブレンダン・グリーソン。
ヤレル子爵に「マッチポイント/2005」「M:i:III/2006」「奇跡のシンフォニー/2007」「パリより愛をこめて/2010」のジョナサン・リス・マイヤーズ。
ヒューバートの妻キャスリーンに「トリスタンとイゾルデ/2006」「新しい人生のはじめかた/2008」「シャーロック・ホームズ/2009」のブロナー・ギャラガー。
監督は「パッセンジャーズ/2008」「愛する人/2009」のロドリゴ・ガルシア。
a0051234_23392330.jpg

グレン・クローズといえばマイケル・ダグラスの「危険な関係/1988」での強烈なるストーカー女や、ジェフ・ブリッジスの「白と黒のナイフ/1985」で、容疑者を愛してしまった女弁護人役が印象的。ロビン・ウイリアムズの「ガープの世界/1982」から始まってロバート・レッドフォードの「ナチュラル/1984」、ジェレミー・アイアンズの「運命の逆転/1990」メル・ギブソンの「ハムレット/1990」etc.と並べたらきりがない。「ミーティング・ヴィーナス/1991」「彼女を見ればわかること/1999」「美しい人/2005」なんかも良かったな。とにかくグレン・クローズは20世紀の名女優の一人。
本作でオスカー主演女優賞にノミネートされたが、残念なことに受賞したのはメリル・ストリープだった。
いずれにしろアルバート・ノッブス役は完璧。グレン・クローズには強くてコワくてキレそうな女のイメージがつきまとうが、これでそれは払拭された感じ。男性の格好をしているせいなのか?意外にも小さく見える。

19世紀の英国を描いた小説はかなり読んでいる。こちらはアイルランドが舞台だがまぁほぼ同じシチュエイションかと思える。裕福でない女性が働いて金を得るにはかなりキツい世の中だったはず。で、アルバートは男になりすまして人生を送ることになる。長年働き貯まった金で小さなタバコ・ショップを経営することが彼女の夢だった。かなりの額の金がたまり、目を付けておいた不動産にも手付けを払い目標は目の前にあった。しかしながらある出来事によって彼女の夢は断たれてしまう。あのような結末になるなんて知らなかったので、アルバートのラストはあまりにも哀しかった。

女を捨て男になったアルバート。それは生きるためだった。長年男として生きてきた人間はやはり女性が好きになるのだろうか?映画でアルバートがレズビアンであるとかいったいきさつは説明されない。でもレズビアンのヒューバート・ペイジに出会い、彼女の生き方にいたく感動し、ヒューバートの妻キャロライン亡き後は一緒に暮らそうと迫ったりもしている。そしてメイドのヘレンに夢中になる辺りも意味深だ。ヘレンを利用してアルバートから金を巻き上げようと図るジョーのずる賢さに唸る。

アルバートとヒューバートがドレスを着込んでビーチを走るシーンがある。二人とも日頃着慣れている男性の衣装が身に付いているのか、ドレスを着ているにも関わらず男っぽい走り方だったのが可笑しかったのを思い出す。

ラスト、恋人に捨てられ一人で子供を育てているヘレンに“君の面倒は見る。”と宣うヒューバートが実にナイスだった。

グレン・クローズとジャネット・マクティアはもちろんのこと、ヘレン役のミア・ワシコウスカ、新米ボイラーマンのジョーを演じるアーロン・ジョンソンを始めとして、ドクター役のブレンダン・グリーソンにベーカー夫人のポーリーン・コリンズ。そして出番は少ないながら、貴族を演じたジョナサン・リス・マイヤーズやキャスリーン役のブロナー・ギャラガーなど誰もかれも素晴らしい配役。
ヒューバートを演じるジャネット・マクティアの男ぶりには度肝を抜かれる。女性が演じているのは解っていたが、かなり男っぽい。

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2013-01-30 23:57 | UK | Trackback(8) | Comments(2)

「推理作家ポー 最期の5日間」

「The Raven」 2012 USA/ハンガリー/スペイン
a0051234_2352476.jpg

世界初の推理小説家とも言われる、かの有名なる、偉大なるエドガー・アラン・ポーが極貧に喘いでいたという事実を知り驚いた。著名なるアメリカの作家としてしか知りようがないが、画家のゴッホみたいに生きてる間は世間から認められなくて貧乏だったみたい...
映画は貧苦の中で妻を結核で失い、その2年後40歳で謎の死をとげたポーの姿を描いている。
a0051234_23522344.jpg

エドガー・アラン・ポーに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。
エメット・フィールズ刑事に「タイタンの戦い/2010」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/2011」「インモータルズ -神々の闘い-/2011」のルーク・エヴァンス。
エミリー・ハミルトンに「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/2009」のアリス・イヴ。
アリスの父親ハミルトン大尉に「イン・マイ・カントリー/2004」「プルートで朝食を/2005」「グリーン・ゾーン/2010」のブレンダン・グリーソン。
マドックス編集長に「タロット・カード殺人事件/2006」「ワルキューレ/2008」のケヴィン・マクナリー。
監督は「Vフォー・ヴェンデッタ/2005」のジェームズ・マクティーグ。

1849年、アメリカ合衆国、ボルティモア。凄惨な殺人事件が発生しエメット・フィールズ刑事が現場に急行する。やがて彼が目にしたのは血にまみれた母と娘の死体だった。二人の死は完全密室殺人かと思えたが、その殺人トリックはある高名な作家の著作に酷似していた…

暗くて怪しい展開は「Vフォー・ヴェンデッタ」の監督らしい。
ちょっと驚いたのはルーク・エヴァンスの老けぐあい…キューザックとは13歳も年下にも関わらず同世代に見える。ヘンリー・カヴィルの「インモータルズ -神々の闘い-」のゼウスも少々Oldな役柄だった気がする。

ジョン・キューザックを知ったのは「グリフターズ/詐欺師たち/1990」で、20代の彼は眩しいくらいキュートだった。その後アル・パチーノ主演の「決別の街/1996」そしてニコラス・ケイジの「コン・エアー/1997」。クリント・イースロウッドが監督した「真夜中のハバナ/1997」は素晴らしい作品だった。そして「狂っちゃいないぜ/1999」とか「マルコヴィッチの穴/1999」「アドルフの画集/2002」に主演するキューザック、ファンとなった。あまりロマンス映画には出演しないが「セレンディピティ/2001」の彼は素敵だったな。
今まで羅列したキューザック映画は多分(記憶は定かでない…)「コン・エアー」意外はレンタル・ビデオ(90年代から21世紀初頭はビデオの時代だった)もしくはwowowで見ている。「セイ・エニイシング/1989」ももちろんwowowで観た。
「ニューオリンズ・トライアル/2003」からキューザック映画をシアターで観るようになった。7年前ブログを初めた当初「理想の恋人.com/2005」が初めて描いたキューザック映画のレビュー。
「セイ・エニイシング」から20年以上の歳月が流れたが、今でも素敵なジョン・キューザックはお気に入り俳優の一人。
この映画を観たのは主演がジョン・キューザックでもあるが、ぞれよりエドガー・アラン・ポーに興味があったから…。初めてポーの小説を読んだのは中学生だったと思う。印象に残っているのは代表作”アッシャー家の崩壊”“黒猫”“モルグ街の殺人”。小説はどれも描写がリアルで、読んでいてコワくなって途中で本を閉じた記憶がある。

さてさて残念なことではあるが映画にはそれほど惹き付けられなかった。

丸の内ルーブルにて
[PR]
by margot2005 | 2012-10-23 23:57 | USA | Trackback(9) | Comments(0)

「グリーン・ゾーン」

「Green Zone」2010 フランス/USA/スペイン/UK
a0051234_1225437.jpg

ロイ・ミラーに「インビクタス/負けざる者たち/2009」のマット・デイモン。
クラーク・パウンドストーンに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」のグレッグ・キニア。
マーティン・ブラウンに「イン・マイ・カントリー/2004」「プルートで朝食を/2005」のブレンダン・グリーソン。
フレディに「ユナイテッド93」「君のためなら千回でも/2007」のハリド・アブダラ。
ローリー・デインに「カポーティ/2005」「その土曜日、7時58分/2007」「チェンジリング/2008」のエイミー・ライアン。
監督、製作に「ボーン・スプレマシー/2004」「ボーン・アルティメイタム/2007」のポール・グリーングラス。
a0051234_12361.jpg
a0051234_1231651.jpg

フセイン政権陥落直後のイラク、バクダッド。米国陸軍の上級准将ロイ・ミラーは部下たちを率い、上層部の指示に従い大量破壊兵器の発見に奔走している。しかし彼らはそれらの在処をつかめず、ミラーは上からの情報源に疑いを感じ始めていた。そんな折フレディと名乗るイラク人が現れ極秘情報をつかんでいるとミラーに打ち明ける…

“フセイン政権陥落”や、“存在しなかった大量破壊兵器”は事実だが、映画に登場するミラーが危険をものともせず、特にフレディの情報により、フセイン政権の元幹部を執拗に追いかける姿はかなりリアルじゃない気がする。
この映画を観て案の定「ハート・ロッカー/2008」を思い出した。映画的にはオスカーをゲットした「ハート・ロッカー」の方がモチ上だけど、こちらの作品は臨場感がある社会派サスペンスとしてスゴく見応えがある。語るまでもなくマットはクールでかっこ良い!
「グッドウイル・ハンティング/旅立ち/1997」以来マット・デイモン ファンなので彼の出演する映画はどれもこれもひいき目になってしまう。しかし彼はひいき目などなくとも素晴らしい!俳優だ。
ペンタゴン(国防総省)のクラーク・パウンドストーン、CIA(中東専門家)のマーティン・ブラウン、そしてウオール・ストリート・ジャーナルの記者ローリー・デイン。この3人がもうちょっと絡めばより以上に盛り上がったかも?
グレッグ・キニアは結構好きな俳優。ベビー・フェイスながら個性的なキャラが似合う。こちらでも少々嫌みなペンタゴンのエリートを好演している。
アメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”にかつてサダム・フセインが住んでいた宮殿がある。セットで作った元サダムの宮殿がゴージャスで、さすがオイルマネーで建てただけのことはあるなぁと妙に感心した。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2010-06-13 01:33 | USA | Trackback(11) | Comments(2)

「イン・マイ・カントリー」

a0051234_0194670.jpg「Country of My Skull」...aka 「In My Country」2004 UK/アイルランド/南アフリカ
主演は「S.W.A.T./2003」「ツイステッド/2004」のハリウッド俳優サミュエル・L・ジャクソンと 「隠された記憶/2005」「こわれゆく世界の中で/2006」のフランス女優ジュリエット・ビノシュ。
ジャクソン&ビノシュのミスマッチが素敵なのと、全編、南アフリカでロケされたという景色が素晴らしく美しい!
監督はピアース・ブロスナンの「テーラー・オブ・パナマ/2001」のジョン・ブアーマン。「テーラー・オブ・パナマ」も中々見応えのあるサスペンス・ドラマだ。
ネルソン・マンデラが大統領に就任、後、アパルトヘイトが終焉を迎える1995年の南アフリカ共和国が舞台のヒューマン・ドラマ。
a0051234_020779.jpg

マンデラ政権下でツツ司教を代表とする真実和解委員会は、アパルトヘイトによる人種差別で虐待を行った白人と、虐待された黒人(家族)の双方から話を聞き、事実を話した白人には恩赦を与えていた。
真実和解委員会主催の公聴会の取材に現れた南アフリカ、ネイティヴの白人ジャーナリスト、アナ(ビノシュ)は3人の息子の母親でもある。
一方でアメリカ、ワシントンポストのジャーナリスト、ラングストン(ジャクソン)はアフリカン・アメリカンの黒人。出会った二人は、互いに伴侶がいるにも関わらず次第に惹かれ合って行く...
a0051234_0204984.jpg

映画の中で、3000万人の黒人に、400万人(正確な数、間違ってるかも??)の白人...我々は、我々で守らなければならないという白人の台詞があるが、現在の南アフリカ共和国は77%の黒人、9.5%の白人、他はその他の人種、とのことなので、やはり圧倒的に黒人の数が多い。
「プルートで朝食を/2005」のアイルランド俳優ブレンダン・グリーソンが人種差別で残虐な役を果たした白人アフリカンを演じて似合っている。
アナの助手ドゥミを演じたメンジ・“イグブス”・ングバネがgood。
フランス人でハリウッド映画にも、UK映画にも多々出演しているジュリエット・ビノシュは、ここでも“黒人を差別してはならない”と教わって育った博愛主義者を素敵に演じている。
彼女はどんな役を演じても様になる素晴らしい女優だ。
道中ラングストンの車がパンクし、アナとドゥミとラングストンの3人が飲みつぶれてホテルの一つのベッドで眠るはめになるシーンや、ドゥミがくわえた煙草をもぎ取って口にくわえるアナ...それらのシーンが、残虐な話や場面を和ます素敵なカットとなって印象に残る。
“イン・マイ・カントリー”といタイトル。アフリカンの白人アナも、先祖がアフリカからアメリカに渡った黒人ラングストンも、どちらもこのタイトルに値する人間なのだと実感する。
なんとなく東京で公開されたような気がしていたが、やはり日本未公開作品。
a0051234_0202772.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-07-24 00:32 | UK | Trackback(2) | Comments(0)

「プルートで朝食を」

a0051234_1332727.jpg「Breakfast on Pluto 」アイルランド/UK 2005
「クライング・ゲーム/1992」「ことの終わり/1999」のニール・ジョーダンが作った、素敵な母親探し物語。ジョーダンの「クライング・ゲーム」は傑作だと思う。フォレスト・ウイテカーとジェイ・デビッドソン(かなりバイセクシュアルな女性でモデル出身)の怪しい“LOVE”が強烈だったが...
「ことの終わり」はレイフ・ファインズとジュリアン・ムーアが演じる、世界的有名な不倫小説の映画化だが、映画はそれほどgoodではなかった。
ジョーダンはトム&ブラッドの「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイアー/1994」の監督でもある。
こうやってジョーダン作品並べてみると暗い映画ばかりである。
しかし...この作品はコメディの要素が入っていてとても楽しめる。
a0051234_1334140.jpg

主演は「ダブリン上等/2003」「真珠の首飾りの少女/2003」のキリアン・マーフィー。神父役にリーアム・ニーソン。他にアイルランド、ダブリン出身の名脇役ブレンダン・グリーソン。
とにかくこの作品は主演のキリアン・マーフィーに演技賞あげたい!!女になりきっている...そして...musicの素晴らしい事...案の定と言うか、シアターでしっかりサウンド・トラックCD販売していた。
a0051234_133576.jpg

アイルランドの小さな街に生まれたパトリック(マーフィー)は教会の門前に捨て子される。後にブレイデン家の養子として育てられたパトリック...しかし彼はノーマルではなかった。ドレスを着たり、化粧をしたり...
結局育ての母(ルース・ネッガ)に愛想を尽かされたパトリックは小さなトランクを抱え実の母親探しの旅にでる...ロンドンへと...
a0051234_1341113.jpg

コメデイである。かなり哀愁を帯びているのだが笑える。マーフィー滅茶いけるOkama役。
musicは“シュガー・ベイビー・ラヴ”から始まってエンディングの「風のささやき」までmusic好きにはたまらない。60年代の「子犬のワルツ」や70年代?かな?「フィーリング」とか懐かしいミュージック満載!
70年代が舞台の作品なので、IRA(アイルランド独立闘争)のテロ活動など織り交ぜながら、心に染みる素晴らしい作品となっている。
タイトルの“プルート”はギリシャ神話プルトーン(冥王星)の意味。これについては映画の中で説明してくれる。
a0051234_134531.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-06-11 01:52 | UK | Trackback(36) | Comments(23)