タグ:フランク・ランジェラ ( 4 ) タグの人気記事

「はじまりへの旅」

Captain Fantastic2016 USA

a0051234_22013507.jpg
普通じゃない奇妙な一家が織りなすヒューマン・コメディ。

ベンに「約束の地/2014」ヴィゴ・モーテンセン。

ジャックに「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー/2012」「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/2014」フランク・ランジェラ。

ハーパーに「ホリデイ/2006」「LIFE!/ライフ/2013」「マイ・ファニー・レディ/2014」キャスリン・ハーン。

デイヴに「サンシャイン・クリーニング/2008」「ダラス・バイヤーズ・クラブ/2013」スティーヴ・ザーン。

ボウドヴァン(ボウ)に「ディファイアンス/2008」「サンシャイン/歌声が響く街/2013」「パレードへようこそ/2014」ジョージ・マッケイ。

キーラーにサマンサ・イズラー。

ヴェスパーにアナリース・バッソ。

レリアンに「虹蛇と眠る女/2015」のニコラス・ハミルトン。

サージにシュリー・クルックス。

ナイにチャーリー・ショットウェル。

監督、脚本は「フェイス/オフ/1997」「 アビエイター/2004」の俳優マット・ロス。


見てから随分と日にちがたってしまってレビューを書くのはやめようかと思いながらシアターをチェックしていたら今だ上映中。4/1に公開され既に1ヶ月以上上映している。ヴィゴ主演なので人気あるのかな?

私はヴィゴ・モーテンセンの熱烈なファンではないが、独特の魅力を放つ俳優だからか彼にはファンが多い。オスカーにノミネートされたちょっと変なオヤジ役が実に似合う。


ベン一家は文明から閉ざされた大自然の山奥に住み、生活は自給自足で子供たちは学校へは通わず父親が教師。ベンはアメリカ合衆国の哲学者(言語哲学者、社会哲学者、論理学者でもある)ノーム・チョムスキーの信奉者で文武両道に優れた才能を持つ男。

野生動物を獲って食べることはあってもハンバーガーを食べたことがない。恋愛は本で学んだが異性との接し方は知らない。全くもって普通じゃない子供たちが父親に連れられて山奥から都会へとやって来る。


亡くなった母レスリーの葬儀に出席するため、山奥から2400km離れたニューメキシコに自家用バスに乗ってやって来た一家は、ベンの妹夫婦デイヴとハーパー家に滞在する。彼らの息子たちは変な?ベンの子供たちに興味しんしん。そして子供たちは従兄弟のTVゲームに興味しんしん。違和感ありまくりのベン一家は妹夫婦の家の庭に一泊して去って行く。


やがて一般常識からかけ離れた思想を持つベンは、折り合いが悪い彼女の父親ジャックと対決することになる。ジャックはこのままでは子供たちが社会に全く順応できないで大人になってしまうと、変人の父親に育てられる彼らが心配でならない。結局ベンはジャックに諭され子供たちを祖父母に預けようと決心するが...結末は素敵だった。


ボウがハーバート大学やイエール大学からの誘いを断ってアフリカのナミビアに行くあたりはやはり蛙の子は蛙かも?

仏教徒だったレスリーをキリスト教の教会から救い出す件はちょっとやり過ぎ?墓を掘るなんてありえない!やはりこの一家は奇妙!

原タイトルの“Captain Fantastic”がナイス。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-12 22:28 | MINI THEATER | Trackback(1) | Comments(2)

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

「Grace de Monaco」2014 フランス/USA/ベルギー/イタリア/スイス
a0051234_23271285.jpg

グレース公妃に「オーストラリア/2008」「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」「イノセント・ガーデン/2013」「レイルウェイ 運命の旅路/2013」のニコル・キッドマン。
レーニエ3世に「インクレディブル・ハルク/2008」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012」のティム・ロス。
タッカー神父に「スーパーマン・リターンズ/2006」「フロスト×ニクソン/2008」「運命のボタン/2009」「アンノウン/2011」「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー/2012」のフランク・ランジェラ。
マッジに「ブロークン・イングリッシュ/2007」のパーカー・ポージー。
マリア・カラスに「スパングリッシュ/2004」「ひばり農園/2007」のパス・ベガ。
オナシスにロバート・リンゼイ。
デリエール伯爵に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「英国王のスピーチ/2010」「もうひとりのシェイクスピア/2011」のデレク・ジャコビ。
ルパート・アランにマイロ・ヴィンティミリア。
アントワネットに「ゴスフォード・パーク/2001」のジェラルディン・ソマーヴィル。
ジャン・シャルルに「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のニコラス・ファレル。
バチョッキ伯爵夫人に「ランジェ公爵夫人/2007」「サガン−悲しみよこんにちは−/2007」のジャンヌ・バリバール。
ヒッチコックに「恋のロンドン狂騒曲/2010」のロジャー・アシュトン・グリフィス。
シャルル・ド・ゴールに「ヴィドック/2001」のアンドレ・ペンヴルン。
監督は「エディット・ピアフ~愛の讃歌~/2007」のオリヴィエ・ダアン。

本作のオープニングはハリウッドでのグレース・ケリーから始まる。撮影中の映画は「上流社会」のラスト・シーン。やがて舞台はモナコに移る。
モナコ公国は観光が主な産業でタックス・ヘイヴンの国でもある。ライフラインは全てフランスから供給されている。
ある時、フランス大統領シャルル・ド・ゴールがモナコに過酷な課税を要求する。
ヨーロッパ最古の王室を誇るモナコは過去にルイ14世やナポレオンの時代にも決してフランスからの課税要求に屈しなかったらしい。が、今、レーニエは大国フランスを相手に窮地に追い込まれ、国家存亡の危機に陥っている。そこで夫を支えようとグレースはある策を思いつく。

ドラマに登場するギリシャの海運王オナシスとその恋人マリア・カラス。レーニエは二人と親しかった様子。グレースの良き理解者であるアメリカ人のタッカー神父や、教育係のデリエール伯爵にヒッチコックやハリウッドのエージェント、ルパート・アランなど彼女にまつわる登場人物の多彩さが興味深い。レーニエの姉アントワネットや夫のジャン・シャルルの陰謀なども絡めるドラマは中々面白かった。

ニコル・キッドマン苦手なので観るかどうか迷ったが新聞等宣伝が激しくてシアターに行ってしまった。でもやはりキッドマンはグレース・ケリーとかぶらず困った。
グレース・ケリー映画は記憶にある限り「真昼の決闘/1952」「ダイヤルMを廻せ/1954」「裏窓/1954」「喝采/1954」「泥棒成金/1955」「上流社会/1956」とBSで見ている。でもでもグレース・ケリーと言えば“エルメス ケリー”が一番ピンと来る。そして本作の中でもスポーツカーをすっ飛ばすシーンが出てくるが、ご本人は自動車事故で亡くなっている。

TOHOシネマズ有楽座
[PR]
by margot2005 | 2014-11-12 23:55 | フランス | Trackback(12) | Comments(0)

「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」

「Robot & Frank」 2012 USA

近未来。ある日、息子が持ち込んだロボットとやむなく一緒に暮らすようになったフランク。偏屈なフランクとロボットとの共同生活は波乱ありだったが、元泥棒のフランクは彼を相棒に強盗計画を思いつく…
a0051234_20325968.jpg

フランクに「スーパーマン・リターンズ/2006」「フロスト×ニクソン/2008」「運命のボタン/2009」「アンノウン/2011」のフランク・ランジェラ。
ジェニファーに「アルフィー/2004」「NOEL ノエル/2004」「魔法にかけられて/2007」「告発のとき/2007」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012」のスーザン・サランドン。
ハンターに「スーパーマン・リターンズ」「魔法にかけられて」「幸せになるための27のドレス/2008」「運命のボタン」のジェームズ・マースデン。
マディソンに「インクレディブル・ハルク/2008」「ザ・レッジ -12時の死刑台-/2011」のリヴ・タイラー。
ロボットの声に「エレジー/2008」「17歳の肖像/2009」のピーター・サースガード。
監督はジェイク・シュライアー。

本作は中々素敵な映画だった。いくらロボットが生活を助けてくれようとも、家族の愛には敵わないというラスト…映画はそれを語りたかったに違いない。

映画を観ていて少々違和感ありだったのが、フランクと元妻ジェニファーとの出会い。ドラマでは二人はとっくに別れ、それぞれが単身で暮らしているという設定。とりあえずフランクは物忘れがヒドいボケ老人。でもそれって別れた妻ジェニファーまで忘れていたということか?息子ハンターと娘マディソンは覚えているのに…その辺りの描き方は少々あやふやだったが、まぁドラマなのだから致し方ない。

しかしながらフランクは実に幸せなボケ老人だなとしみじみ思う。
父親が気がかりな息子は遠方から車を飛ばし様子を見にやって来る。一週間に一回?だったか?
娘も父親を気にして時折Skypeしてくるなんてかなりラッキーな老人かと思える。
やがてとうとうというか父親にロボットを与える息子。近未来このような事が現実に起こるのだろうか?人間と会話し、家事全般引き受けてくれるロボットなんて、まるでコンパニオンのようでナイスだ。

泥棒フランクに加担するロボット…悪事を働いても罪悪感を感じる心はインプットされていないところがフランクにとって非常に都合が良い。このロボットはデキ過ぎな上、風貌は愛嬌があり、ロボットの声を演じるピーター・サースガードの話し振りが、優しく、温和でドラマにマッチしている。

過去に色んな映画で観て来たフランク・ランジェラは現在75歳。この方ハリウッドの名脇役の一人かも知れない。主演映画って初めて観たかも?
本作で脇を固めるスーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、リヴ・タイラーのキャスティングも良かった。
かつて美少女だったリヴ・タイラーも既にアラフォー…「魅せられて/1996」「アルマゲドン/1998」「オネーギンの恋文/1999」のリヴが懐かしくなる。
ジェームズ・マースデンも中々ナイスな俳優だ。

角川シネマ有楽町にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2013-09-21 20:42 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(0)

「フロスト×ニクソン」

「Frost/Nixon」2008 USA/UK/フランス

“楽園か荒野か──人生を賭けた闘いが始まった!”...フロストとニクソンのバトル・トーク。
a0051234_20222370.jpg

37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンに「グッドナイト&グッドラック/2005」「スーパーマン・リターンズ/2006」のフランク・ランジェラ。
英国人TV司会者デビッド・フロストに「クィーン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」のマイケル・シーン。
ニクソンの側近ジャック・ブレナンに「秘密のかけら/2005」のケヴィン・ベーコン。
フロストが飛行機で出会うキャロラインに「プレステージ /2006」のレベッカ・ホール。
プロデューサー、ジョン・バードに「プライドと偏見/2005」のマシュー・マクファディン。
フロストのブレーンで、過去にニクソンものを書いたノンフィクション作家ジェームズ・レストンに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」のサム・ロックウェル。
同じくフロストのブレーンでジャーナリスト、ボブ・ゼルニックに「カサノバ/2005」のオリヴァー・プラット。
ニクソンの代理人スイフティー・リザールに「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」のトビー・ジョーンズ。
監督は「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のロン・ハワード。
製作総指揮/原作戯曲/脚本に「クイーン」「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「ブーリン家の姉妹/2008」の脚本家ピーター・モーガン。
a0051234_20241916.jpg

1974年、リチャード・ニクソンは“ウォーターゲート事件”により、アメリカ史上初めて任期途中で辞職する大統領となった。その後国民に謝罪もなく沈黙を守ったリチャード・ニクソン。
一方で、アメリカ進出を狙っている英国人の人気TV司会者デビッド・フロストはニクソンの単独インタビューを企画する...
a0051234_20234336.jpg
a0051234_20223565.jpg

ハリウッドのベテラン俳優フランク・ランジェラ×「クイーン」でブレア首相を演じたマイケル・シーン。二人の対決!はとても、とても見応えあり!
「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」と同じく、東京ではミニシアターで公開されたが、平日の最終回、席はかなりうまっていた。
英国のコメディアンまがいの司会者に大物政治家とのインタビューなぞ成功する分けがない...などと非難され、3大ネットワーク(ABC/CBS/NBC)に中継を断られ、誰もスポンサーになってくれない。資金繰りに失敗し全資産をつぎ込んで自主制作し、ニクソンとの単独インタビューを成功させたフロストの執念に拍手を送りたい。
政治スキャンダル“ウォーターゲート事件”は知っているが、この頃(70年代)世界のニュースが中継されるCNNなぞなかったし、このようなインタビューがあったということを初めて知った。
インタビュー間際、フロストにキャロラインと彼との関係を露骨に言い当て動揺させる狡猾なニクソン。しかし、当初フロストを買ってなかったジェームズがラストに入念なリサーチで彼を救う。
最終インタビューの前、夜、ニクソンがフロストに電話をかける。とても個人的な事をフロストに話すニクソン。あのシーンは良いなぁ。
フランク・ランジェラはニクソンに似てないが、上にも書いた電話のシーンや、罪を認めるインタビューのシーンで、苦渋に満ちたアップはリチャード・ニクソンと重なる。オスカーにノミネートされたランジェラの演技が素晴らしかったのは言うまでもない。
マイケル・シーンにはなぜか?可笑しさを感じて、「クイーン」のトニー・ブレアを思い出したりして...彼の顔が災いするのか、このようなシリアスな作品でも、どうも彼の顔を見ると笑いがこみ上げて困った。
フロストが飛行機の中で知り合うキャロライン役のレベッカ・ホールは「プレステージ」のサラとは全く別人の妖艶さでびっくりした。さすが女優!
ニクソンをサポートする側近のジャック・ブレナン役のケヴィン・ベーコン。彼はお気に入り俳優の一人であり、ハリウッド名脇役の一人で、これでもしっかと存在感ありで素晴らしい!俳優。
日比谷 TOHOシネマズ シャンテにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-04-05 20:42 | MINI THEATER | Trackback(9) | Comments(4)