タグ:デヴ・パテル ( 5 ) タグの人気記事

「LION ライオン 25年目のただいま」

「Lion」2016 オーストラリア/USA/UK

a0051234_20452497.gif
a0051234_20454426.jpg
a0051234_20453471.jpg

5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話”


サルーに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」「奇蹟がくれた数式/2015」デヴ・パテル。

サルー(少年時代)にサニー・パワール。

ルーシーに「ソーシャル・ネットワーク/2010」「ドラゴン・タトゥーの女/2011」「サイド・エフェクト/2013」「トラッシュ!-この街が輝く日まで-/2014」「キャロル/2015」ルーニー・マーラ。

スーに「シークレット・アイズ/2015」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ/2013」ニコール・キッドマン。

ジョンに「あぁ、結婚生活/2007」「オーストラリア/2008」「パブリック・エネミーズ/2009」「オレンジと太陽/2010」デヴィッド・ウェンハム。

グドゥにアビシェーク・バラト。

マントッシュにディヴィアン・ラドワ。

監督はガース・デイヴィス。


オープニングからしばらくはインドでのサルーが描かれる。

ある日、大好きな兄グドゥにせがみ列車に乗って出かけたサルー。しかし幼いサルーに労働は無理で、グドゥは弟を駅に置いて行ってしまう。暗くなっても帰ると約束したグドゥは戻って来ない。そこで家に戻ろうとサルーは反射的に近くに止まっている列車に乗ってしまうが、それは回送列車でサルーをのせて延々と走り続け、到着した場所は1600キロ離れたベンガル州のコルカタだった。やがてインドの田舎町で生まれ育ったサルーは言葉も通じない大都市コルカタで迷子になってしまう。


タスマニアで養父母のもと何不自由なく育ったサルーは誰にも言えない秘密を抱えていた。大学生になり、恋人ルーシーと共に参加した食事会で懐かしいインドの揚げ菓子を目にする。その赤い揚げ菓子は幼い頃食べたくても、お金がなくて口にできないものだった。

ここでサルーの心は一気にインドに戻ったように見えた。それからサルーはGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出す作業にのめり込んで行く。


ジョンとスー夫妻はサルーの後に再びインドからマントッシュという男の子を養子に迎える。養父母となったジョンとスーに懐こうと努力するサルーに反して、マントッシュは反撥を繰り返す。サルーはオーストラリアでの全く違った生活にも順応できる賢い子供だったのだ。


何はともあれ本作には大いに感動してしまった。デヴ・パテルが素晴らしい。「マリーゴールド・ホテル」シリーズではお調子者が似合っていたし、「奇蹟がくれた数式」でのシリアスな演技もとても良かった。そして本作のサルーはぴったりの役で、彼がこんなにかっこ良くてチャーミングだったなんて新しい発見かも?

そして少年時代のサニー・パワールがキュート。

実話を元に作られた映画はどうしても感動してしまう。特に母親と息子が再会するなんてドラマには超弱いのでラストは泣けてどうしようもなかった。


TOHOシネマズみゆき座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-04-11 22:00 | UK | Trackback(9) | Comments(4)

「奇蹟がくれた数式」

「The Man Who Knew Infinity」2015 UK

a0051234_00023971.jpg

1914年のインド、マドラス。妻、母親と共に暮す事務員のラマヌジャンは数学に魅せられ独学で学んでいる。ある時、自らの研究成果を英国の大学に認めてもらおうと著名な数学者に手紙を送るが全く相手にしてもらえない。そんな中、ただ一人名門ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジのG・H・ハーディ教授が手紙の内容に興味を持ち、ラマヌジャンを大学に招聘する。彼は妻を残して行くことにためらいを感じながらも研究発表できる喜びを胸に海を渡るのだった…


ラマヌジャンに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」のデヴ・パテル。

G・H・ハーディに「ある天文学者の恋文/2016」ジェレミー・アイアンズ。

ラマヌジャンの妻ジャナキにデヴィカ・ビセ。

ジョン・リトルウッドに「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」「フロスト×ニクソン/2008」「ブッシュ/2008」「裏切りのサーカス/2011」トビー・ジョーンズ。

サー・フランシス・スプリングに「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム/2011」のスティーヴン・フライ。

バートランド・ラッセルに「抱擁/2002」「インベージョン/2007」「われらが背きし者/2016」ジェレミー・ノーサム。

監督、脚本、製作はマシュー・ブラウン。


ラマヌジャンが英国に渡ったのは第一次世界大戦下の激動の時代。当時インドは英国の植民地だった。植民地からやって来た学歴のないラマヌジャンに周囲の人々は偏見の目を向ける。その上、招いてくれたハーディは数式の証明の必要性を力説するばかり。直感でひらめくラマヌジャンにとって証明は難しかった。そんな中、リトルウッドだけがラマヌジャンに優しく接し、彼のだだならぬ才能を評価していた。

やがて戦争が激化し、孤独と食料不足に耐えねばならないラマヌジャンはとうとう病気になってしまう。


数学は苦手なのでラマヌジャンが解き明かす天文学的な数式はチンプンカンプンだったがドラマには惹き付けられた。G・H・ハーディが想像以上に良い人で、ジョン・リトルウッドの存在は一服の清涼剤。


熱い国からやって来たラマヌジャンは最初素足だった。肉(牛/豚)は食べないし、線香を灯しての日々の信仰はかかせない。そして雪を見て感激するラマヌジャン。

ハーディはキリスト教徒ながら信仰心がない。それゆえ、神を信じ直感でひらめくと言うラマヌジャンを信じることは難しい確かに...ましてや数学者だし...。


思想も文化も宗教も違うラマヌジャンとハーディ。年齢や肌の色を越え互いに理解し合った二人の友情物語は素晴らしかった。

撮影されたケンブリッジ大学トリニティ・カレッジは1世紀前と同じたたずまいだなんて、さすが英国の名門大学!

「マリーゴールド・ホテル シリーズ」でのお調子者のイメージが焼き付いているデヴ・パテルながら、意外や偉大なる数学者が似合っている。

ジェレミー・アイアンズは相変わらずの貫禄で大学教授にぴったり。そういえば「ある天文学者の恋文」でも大学教授を演じていた。


角川シネマ有楽町にて


[PR]
by margot2005 | 2016-11-11 00:39 | UK | Trackback(4) | Comments(4)

「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」

「The Second Best Exotic Marigold Hotel」2015 UK/USA
a0051234_2047415.jpg

数年前イギリスからインドのマリーゴールド・ホテルにやって来たイヴリンたち高齢者の面々。始めはホテルに不満たらたらだったが今ではすっかりこの地、このホテルに愛着さえ覚えている...

イヴリン・グリーンスレイドに「あなたを抱きしめる日まで/2013」のジュディ・デンチ。
ミュリエル・ドネリーに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「パリ3区の遺産相続人/2014」のマギー・スミス。
ダグラス・エインズリーに「パレードへようこそ/2014」のビル・ナイ。
ソニー・カプーに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「エアベンダー/2010」のデヴ・パテル。
マッジ・ハードキャッスルに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「恋のロンドン狂騒曲/2010」「海賊じいちゃんの贈りもの/2014」のセリア・イムリー。
ジーン・エインズリーに「マッチポイント/2005」「ベル ~ある伯爵令嬢の恋~/2013」のペネロープ・ウィルトン。
ノーマン・カズンズに「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂/2010」のロナルド・ピックアップ。
キャロル・パーに「理想の女/2004」「パーフェクト・プラン/2013」のダイアナ・ハードキャッスル
カプー夫人にリレット・デュベイ。
スナイナにティナ・デサイ。
ガイ・チェンバースに「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012」「ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度/2014」のリチャード・ギア。
投資会社のタイ・バーリーに「テンペスト/2010」「リンカーン/2012」のデヴィッド・ストラザーン。
監督、原案、製作総指揮は「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」のジョン・マッデン。

前作で亡くなったトム・ウイルキンソン演じるグレアム以外全員の出演。今回はガイ・チェンバース役でリチャード・ギアが出演しドラマを盛り上げている。
ソニーの騒々しさと調子の良さも前作同様。インド人て皆ああなのか?なんてことはないだろうけど…。
やはりラストにダンス・シーンがあった。映画の続はあるのかな?

イギリスの名優たちがこぞって出演する作品の続ということで楽しみにしていた。シアターで予告編を何度も、何度も見てカラフルな映像が目に焼き付いていた。インド舞台の映画ってホント色彩が豊かで綺麗。

お気に入り俳優ビル・ナイの優柔不断で飄々としたキャラが最高!とうとうイヴリンに“愛している!”と伝えることができて良かった。でもあの二人実際ではかなりの年齢差があるはず。ジュディ・デンチは歳と共にチャーミングになる。以前は怖いおばさんの雰囲気だったが“マリーゴールド・ホテル”2作と「あなたを抱きしめる日まで」での彼女は可愛くて驚く。
ソニーのママを誘惑するガイ役のリチャード・ギアはさすが!って感じ。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-03 20:58 | UK | Trackback(3) | Comments(2)

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

「The Best Exotic Marigold Hotel」2011UK/USA/アラブ首長国連邦
a0051234_21252519.jpg

心臓発作で亡くなったイヴリンの夫には借金があり、彼女は家を売るハメになる。
判事でゲイのグレアムは今一度かつて愛した人に会いたかった。
英国で家を買うには金が足りないダグラスとジーン夫婦は新天地を求める。
共に独身のマッジとノーマンは新たな恋人を探している。
そして頑固極まりないミリュエルは成り行き上インドで足の治療をすることに…
a0051234_21253825.jpg

イヴリンに「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「ヘンダーソン夫人の贈り物/2005」「プライドと偏見/2005」「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「007/慰めの報酬/2008」「NINE/2009」「ジェーン・エア/2011」「007 スカイフォール/2012」のジュディ・デンチ。
ダグラスに「トータル・リコール/2012」のビル・ナイ。
グレアムに「声をかくす人/2011」のトム・ウイルキンソン。
ジーンに「マッチポイント/2005」のペネロープ・ウィルトン。
マッジに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「恋のロンドン狂騒曲/2010」のセリア・イムリー。
ノーマンに「ユアン少年と小さな英雄/2005」」のロナルド・ピックアップ。
ミリュエルに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「ラヴェンダーの咲く庭で」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」のマギー・スミス。
ソニーに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」のデヴ・パテル。
監督は「恋におちたシェイクスピア/2001」「コレリ大尉のマンドリン/2001」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」のジョン・マッデン。

本作TVで宣伝しているらしい。地味な映画ながら初日の最終回にかなりの人が入っていたのは宣伝効果なのかも知れない。
英国の老人たちが、かつての英国領インド帝国に老後の住まいを移し新生活。なんて素敵!と思った。私的に老後に外国で暮らすなんて夢の又夢。映画はインドに暮らし輝きを取り戻す老人たちが素敵なドラマだった(一人英国に帰ったジーンは例外)。
そろそろ80歳という高齢のジュディ・デンチ…マギー・スミスと同年齢ながらが実にチャーミング。映画の中でビル・ナイ演じるダグラスが惹かれるのも不思議ではない。そして妻ジーンの言いなりだったダグラスが謎だった。何か弱みでも握られていたのだろうか?
レイシストのミリュエルがメイドや担当医師によって心を開いて行く過程はナイスで、ラスト“The Best Exotic Marigold Hotel”のフロントに立つミリュエルはまるで別人。

廃墟と化したぼろホテルの再生に情熱を燃やすマネージャー、ソニーが素敵だ。
ソニーが“ようこそマリーゴールド・ホテルへ!”という際、必ず“Best Exotic”と付けるのが良かったな。とても“Best Exotic”とはいえない廃墟とも思えるたたずまいながら…。
ソニーは将来此処を“Best Exotic”ホテルにする!と誓っていたのだろうきっと...。
ホテルは決して“Best Exotic”ではなかったけどカラフルなインドの街中や女性たちが着るサリーはとても“Best Exotic”で、映像も素晴らしく美しかった。

まぁでも本作は出演人の豪華さにある。ジュディ・デンチとマギー・スミスは「ラヴェンダーの咲く庭で」でも共演している(マギーが姉でジュディが妹役)。二人は同年齢ながらなぜかマギー・スミスの方が貫禄ある。
ビル・ナイの大ファンなので彼の出演が嬉しい。わがままな妻に振り回される心優しい夫役も意外に似合っている。トム・ウイルキンソンも良かった。
監督のジョン・マッデン。ニコラス・ケイジの「コレリ大尉のマンドリン」はいただけなかったが「恋におちたシェイクスピア」はお気に入り映画の一つ。本作はMYBESTに是非入れたい。
昨日ジョン・マッデンの日本未公開作「ペイド・バック/2010」をwowowで見た。イスラエルのモサドのシークレット・エージェントの物語は重厚なる素晴らしいドラマで見応えあった。

TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2013-02-11 22:34 | UK | Trackback(12) | Comments(2)

「スラムドッグ$ミリオネア」

「Slumdog Millionaire」2008 UK    
a0051234_235675.jpg

ジャマール・マリクにデヴ・パテル。
サリーム・マリクにマドゥル・ミッタル。
ラティカにフリーダ・ピント。
司会者プレーム・クマールにアニル・カプール。
警部に「その名にちなんで/2006」「ダージリン急行/2007」「マイティ・ハート/愛と絆/2007」のイルファン・カーン。
監督はユアン・マクレガーの「シャロウ・グレイブ/1994」「トレインスポッティング/1996」「普通じゃない/1997」や、L.ディカプリオの「ビーチ/1999」そして「ミリオンズ/2004」のダニー・ボイル。彼の「28日後...」SF/ホラーなので観てないけどwowowで放映されるので見て見たい。
脚本は「フル・モンティ/1997」のサイモン・ボーフォイ。
原作はヴィカス・スワラップの“ぼくと1ルピーの神様/1 in-development credit”。

ムンバイ出身の18歳の青年ジャマール。彼はインドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出場し次々と難問に正解する。そして誰もなし得なかった残り一問まで来たその時、収録後のスタジオ出口で警察に逮捕されてしまう。ジャマールの逮捕容疑は“イカサマ”だった。スラム育ちでまともな教育も受けていないジャマールに難問が解けるわけがないと決めつけられてしまったのだ。収監された警察で尋問と拷問の後、彼はこれまでの問題の答は全て生きながら学んだことと語り始める...
a0051234_2353476.jpg
a0051234_2341940.jpg

TVで宣伝しているのか?シャンテの前に出来た行列(ウイーク・デイの昼下がり)の中には、日頃映画に行かなそうなおじさま、おばさまがいっぱい!最前列席迄埋まっておそらく完売だったに違いない。私が知る限りトニー・レオンの「ラスト・コーション/2007」以来のシャンテの込みよう(シャンテ内の2つのシアターで時間をずらして上映している)だった。この映画都内の至る所で上映中にも関わらず、シャンテ満員で他は知らないが、やはりスッゴイ映画なのだろう。いや、だろうじゃなくスゴイ映画だった。
ダニー・ボイルに拍手を送りたい!さすがのオスカー作品。手放しで素晴らしい!と言える映画を久方ぶり(本年度私的N.O.1)に観た。
とにかく次から、次へと、観ている者をスクリーンに釘づけにするストーリー展開がとっても面白く、上映時間2時間はあっという間。
スラムで子供時代のジャマール...用足し中、有名スターがヘリコプターで現れると知るや、鍵が開かないトイレのドアはあきらめ汚物の中に飛び込んでスターにサインをもらいに行く。少年に成長したジャマールはタージマハルでアメリカ人の観光客相手にとんでもないツアー・ガイドを務め、参拝客の脱いだ靴を盗んで売り歩く...生きるために彼が取った行動は目を見張るばかりに上手い(悪い事ばかりだが...)!
クイズの答を知っていたのは、彼の過酷な人生で学んだことばかり。有名スターの名前も、アメリカ人にもらった100$紙幣の肖像画がベンジャミン・フランクリンだったことも彼の体験から来ている。
ラティカを探すシーンでは「未来を写したこどもたち/2004」に出て来た売春宿を彷彿とさせる。
インドのムンバイ、かつてボンベイと呼ばれた街は様変わりし、ジャマールたちが子供時代スラムだった場所に、21世紀の今、高層ビルが林立する。ジャマールはその高層ビルの建築現場でラティカをめぐって対立していた兄サリームと再会する。高い建設ビルの上から下を見下ろす...あのシーンはとてもナイス。
ジャマールがクイズに出場した理由...それはお金が欲しかったのではなく、ラティカに見てもらいたかっただけ。そしてラストに繋がる展開...これって素敵な、素敵なインド舞台のラヴ・ストーリー。
警部を演じたイルファン・カーンは「その名にちなんで」で父親アショケを演じたインド人俳優、ジャマール役のデヴ・パテル(UK人)以外、皆インドの俳優がそれぞれを演じている。
ジャマールがラティカを見つけ彼女の名前を呼ぶシーンを予告で何度も、何度も見た。ラティカ役のフリーダ・ピントの笑顔がチャーミング。
ジャマール、サリーム、ラティカの子供時代を演じた彼らもとても、とても素晴らしかった。
駅でのエンディングはインド!インド!インド!のノリで楽しめる。
日比谷 TOHOシネマズ シャンテにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-04-24 23:26 | UK | Trackback(24) | Comments(8)