タグ:ジョエル・エドガートン ( 4 ) タグの人気記事

「ラビング 愛という名前のふたり」

Loving」2016 UKUSA

a0051234_21414449.jpg

1958年、アメリカ合衆国バージニア州。レンガ職人のリチャードには黒人女性のミルドレッドという幼なじみの恋人がいる。ある日、妊娠を告白されたリチャードは彼女との結婚を決意するが、バージニア州では異人種間の結婚が禁じられていた。そこで二人は法律で認められている首都ワシントンD.C.で結婚式をあげ地元に戻って来る。しかし新婚生活を送る二人の家に突然保安官がやって来て逮捕され、ラビング夫妻は法廷で離婚か25年間の州外退去かの選択を迫られる。別れることなど考えられない夫妻はワシントンD.C.に住居を構え暮らし始める...


ミルドレッドに「プルートで朝食を/2005」ルース・ネッガ。

リチャードに「キンキー・ブーツ/2005」「アニマル・キングダム/2010」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」「エクソダス:神と王/2014」「ブラック・スキャンダル/2015」ジョエル・エドガートン。

ブルックス保安官に「マーガレットと素敵な何か/2009」「パパの木/2010」「ドリーム・ハウス/2011」「ノア 約束の舟/2014」マートン・ソーカス。

ガーネットにテリー・アブニー。

レイモンドにアラーノ・ミラー。

弁護士バーナード・コーエンに「聖杯たちの騎士/2016」ニック・クロール。

弁護士フィリップ・ハーシュコプにジョン・ベース。

カメラマン、グレイ・ビレットに「ドリームホーム 99%を操る男たち/2014」マイケル・シャノン。

監督、脚本は「テイク・シェルター/2011」のジェフ・ニコルズ。


ある時、ミルドレッドが当時の司法長官ロバート・F・ケネディに手紙を書く。そしてその手紙がきっかけとなり、ラビング夫妻は最高裁判所で異人種間結婚禁止法は違憲であるとの判決を勝ち取ることになる。


5060年代のアメリカは州によって異人種間の結婚が認められずそれは犯罪だった。信じられないくらい理不尽な法律を変えることに成功した夫妻の真実の物語。互いを思いやる夫妻の深い愛情がスクリーンにあふれ感動する。


オスカー主演女優にノミネートされたルース・ネッガは、キリアン・マーフィーの「プルートで朝食を」のチャーリー役がキュートだった。あれから11年の歳月が流れ、夫に尽くす優しい眼差しのミセス・ラビングを好演している。

ジョエル・エドガートンも11年前の「キンキー・ブーツ」の時はキュートだったが、最近では個性も味もある実力俳優にナイスに変身。本作で彼はなぜか?「エクソダス:神と王」のラムセスと被って困った。


マイケル・シャノン&ジェシカ・チャステインの竜巻の恐怖を描く「テイク・シェルター」はwowowで鑑賞済。どうやら監督はマイケル・シャノンが好きらしい。本作での出番は少ないながらマイケル・シャノン演じるカメラマン、グレイ・ビレットの存在はとても重要。「ドリームホーム 99%を操る男たち」のレビューに顔のせいかワル役しかしない…”なんて書いたことを訂正したい。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/2015」に続きコリン・ファースが製作に参加している。


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-03-12 23:01 | UK | Trackback(4) | Comments(4)

「エクソダス:神と王」

「Exodus: Gods and Kings」2014UK/USA/スペイン
a0051234_195475.jpg

a0051234_2031279.jpg

旧約聖書“出エジプト記”をモチーフに描いた大スペクタクル・ドラマ。

モーゼに「ニュー・ワールド/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「ダークナイト/2008」「ダークナイト ライジング/2012」「アメリカン・ハッスル/2013」のクリスチャン・ベール.
ラムセスに「キンキー・ブーツ/2005」「アニマル・キングダム/2010」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のジョエル・エドガートン。
ヘゲップ総督に「ニュー・ワールド」「ノウイング/2009」「アニマル・キングダム」「ダークナイト ライジング」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」「美しい絵の崩壊/2013 」のベン・メンデルソーン。
ラムセスの父親セティ王に「グッド・シェパード/2006」「セントアンナの奇跡/2008」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」のジョン・タートゥーロ。
ラムセスの母親トゥーヤに「バンテージ・ポイント/2008」「アバター/2009」「シャドー・チェイサー/2012」のシガニー・ウィーヴァー。
ラムセスの妻ネフェルタリに「ワールド・オブ・ライズ/2008」「彼女が消えた浜辺/2009」「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~/2011」のゴルシフテ・ファラハニ。
モーゼの妻ツィポラにマリア・バルベルデ。
モーゼの継母ビティアに「シリアの花嫁/2004」「ミュンヘン/2005」「マリア/2006」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」「扉をたたく人/2007」「リミッツ・オブ・コントロール/2009」「ミラル/2010」のヒアム・アッバス。
モーゼの義姉ミリアムにインディラ・ヴァルマ。
ヘブライ人の長老ヌンに「エレジー/2008」「ヒューゴの不思議な発明/2011」のベン・キングズレー。
ヘブライ人、ヨシュアにアーロン・ポール。
監督、製作に「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「ロビン・フッド/2010」「プロメテウス/2012」「悪の法則/2013」のリドリー・スコット。

かなり前(昨年?)からシアターで予告を観ていたので、公開されたら観に行こうと思っていた一作。
巨額のマネーを投じた大作なので出演者も実に豪華。多くの国籍人間集合といったところ。CGもスゴいけど、エキストラの数が半端じゃない。スペインのカナリア諸島で撮影された海を渡るシーン(本作では紅海が割れるのではなく引き潮)は圧巻!そして赤く染まるナイルや、膨大なる蛙の発生に、イナゴが飛ぶシーンなどコレでもか!と見せつける。
モーゼに“お告げ”を与えるのが少年という発想がユニーク。

ラムセスが君臨するエジプトの豪華絢爛な宮殿…調度品や纏う衣装など素晴らしく美しい。古典もの大好きなのでこの手の映画は外せない。宗教には詳しくないがモーゼはもちろん知っているし、ラムセス2世も有名なる人物だし、映画はかなり興味深い。
エンディングでリドリー・スコットが本作を弟に捧げるとのメッセージがでる。

クリスチャン・ベールってウェールズ出身のUK俳優ながら、出演作はほとんどアメリカが舞台。初めて見た彼の映画はもちろんスピルバーグの「太陽帝国/1987」。でも余りに昔なのであまり記憶がない。2年ほど前だったかwowowで放送していたケネス・ブラナーの「ヘンリー五世/1989」のクリスチャン・ベールを見た。この時もまだ少年だったが、スゴくハンサムで記憶に残る。そして「ベルベット・ゴールドマイン/1998」。この映画は大好きなユアン・マクレガーが主演なので永久保存版にしてある。引っ張り出して見てみようクリスチャン・ベールを意識して…。

セシル・B・デミルの「十戒/1956」のモーゼ役はチャールトン・ヘストン。本作のクリスチャン・ベールの方がモーゼ役似合っている。“ダークナイト”シリーズのベールはとてもクールで、彼もお気に入りUK俳優の一人。「アメリカン・ハッスル」のようなコメディより古典ものが似合う気がする。
しかしラムセス役は「十戒」のユル・ブリンナーが断然良い。「十戒」は民放TVの吹き替え版で見た。今一度見てみたい字幕スーパーで…。
1998年に作られたアニメーション版の「プリンス・オブ・エジプト」も見た記憶があるが、今一度「十戒」と共に見てみたい。

少し前に、wowowで放映していた「キングダム・オブ・ヘヴン/2005」のディレクター・カット・バージョンを見た。12世紀、エルサレムを舞台に十字軍(ローマ・カトリック教徒)とイスラム教徒の戦いを描いた宗教をテーマにした重厚なドラマ。シアターで観ているが、ドラマを深く語るディレクター・カット・バージョンは実に良かった。リドリー・スコットは素晴らしい映画を作る監督だ。そういえば「グラディエーター/2000」が見たくなってきた。

TOHOシネマズ日劇
[PR]
by margot2005 | 2015-02-16 22:46 | UK | Trackback(8) | Comments(0)

「アニマル・キングダム」

「Animal Kingdom」 2010 オーストラリア
a0051234_072946.jpg

ジョシュア(ジェイ)にジェームズ・フレッシュヴィル。
コディ家の母親ジャニーン(スマーフ)にジャッキー・ウィーヴァー。
長男アンドリュー(ポープ)に「ノウイング/2009」のベン・メンデルソーン。
次男クレイグにサリヴァン・ステイプルトン。
三男ダレンに「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/2008」のルーク・フォード。
コディ家の親友バリー(バズ)に「キンキー・ブーツ/」のジョエル・エドガートン。
刑事ネイサン・レッキーに「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」「英国王のスピーチ/2010」のガイ・ピアース。
監督、脚本は「メタルヘッド/2010」の脚本家デヴィッド・ミショッド。
a0051234_074516.jpg

何はともあれクレイジーな映画である。強盗&麻薬で生計をたてているコディ家。母親ジャニーンは一心不乱に息子たちを溺愛しその存在が生き甲斐。そして彼らの破天荒な行動も100%黙認している。弁護士や刑事をも手玉に取るやり手ばあさんが阿修羅のよう。長男アンドリューは人間ではない。凶暴な犯罪者で悪魔なのだ。ラスト悪魔に制裁を下すジョシュア。“What a crazy fucking world!”といいながら死んで行くアンドリュー…やがて唐突にエンディングを迎える。とてつもなく衝撃的なその様に度肝を抜かれたが、アンドリューの放つ言葉がドラマの全てか...。

舞台は80年代のオーストラリア。ある日突然麻薬中毒の母親が急死する。一人息子のジョシュアはまだ17歳の高校生。葬儀を出す術も分からない彼は祖母に助けを求める。祖母ジャニーンと再会したジョシュアは引き取られ亡くなった母親の実家コディ家へとやって来る。コディ家には3人の男たちが住んでおり、彼らは強盗と麻薬売買を生業としていた。戸惑いながらも高校生活を送るジョシュア。しかしある日伯父のアンドリューに“車を盗んでこい!”と依頼され、犯罪に巻き込まれて行く。

一方で凄腕の巡査部長ネイサン・レッキーは、一家の中でもずば抜けて凶暴なアンドリューに目をつけ執拗な捜査を開始していた。まず未成年のジョシュアを犯罪一家から救い出し、彼の証言を基に一家逮捕の道を模索するがジョシュアは決して口を割らない。ほどなく警察から戻って来ないジョシュアに不審を抱いたアンドリューは、警察に寝返るのではないかと彼に強烈な圧力をかけ始める。それは美しいガール・フレンドにまで及び、ジョシュアは自分が生き延びるためには強くならねばならないと誓う。

たった17歳の少年、両親も兄弟もいない。凶暴な伯父に囲まれ、優しげに振る舞う祖母は表面上だけ。その上祖母は過去にジョシュアの母親と仲違いしており、祖母が心から愛するのは息子3人だけ。孫などどうでもよいのだ。檻の中で暮すも同然のジョシュアは悲痛の叫びをあげていたに違いない。

ドラマのたった一つの救いはジョシュアに手を差し伸べるネイサンの姿だ。演じるガイ・ピアースが適役。
ジャニーン以下、凶暴な3兄弟と、その親友バリーたちを演じる俳優が皆揃って“ワル”の雰囲気を漂わせぞっとする。特にアンドリュー役のベン・メンデルソーンが猛烈に凄まじい。
17歳の高校生役のジェームズ・フレッシュヴィルは撮影時実際に17歳だったそう。ときに見せる彼の表情が少年っぽかったことを思い出す。

新宿武蔵野館にて(2/24まで上映)
[PR]
by margot2005 | 2012-02-15 00:10 | UK | Trackback(6) | Comments(0)

「キンキー・ブーツ」

a0051234_084843.jpg「Kinky Boots」2005 USA/UK
監督はジュリアン・ジャロルド。主演はジョエル・エドガートン「ケリー・ザ・ドッグ/2003」とキウェテル・イジョフォー「メリンダとメリンダ/2004」。エドガートンは「キング・アーサー/2004」にも出演していたらしいが記憶にない。イジョフォーは「ラヴ・アクチュアリー/2003」でも「メリンダとメリンダ」でもモテモテの素敵な男性を演じていて今回はびっくりであった...ドラッグ・クイーン役なんて...でも滅茶似合っている。そういやデンゼル・ワシントンの「インサイドマン/2006」にも出演している。
a0051234_0947.jpg

英国中部ノーサンプトン、父親の急死により、先祖代々の靴工場を継ぐはめになったチャーリー・プライス(エドガートン)。都会ロンドンでフィアンセ、ニコラ(ジェミマ・ルーパー)と暮らそうとしていた矢先だった。ノーサンプトンに戻ったチャーリーは会社が経営危機に陥っていた事を知る。途方に暮れる彼は、とりあえずローレン(サラ・ジェーン・ポッツ)を始めとして、従業員を解雇し、そしてこの後どうしようか?と悩む。ある日ロンドンのキャバレーでドラッグ・クイーンでシンガーのローラ(イジョフォー)と知り合う。ローラから靴のアイデアをもらったチャーリーは父親が作った紳士の靴ではない、別のものを作ろうと考える。
a0051234_091515.jpg
実話が元になっていると言うことだが、まぁかなり脚色してあると思う。チャーリーたちが作った靴がミラノ・コレクションで喝采を浴びたというのはスゴイ!musicも素敵だし、何と言ってもドラッグ・クイーン、ローラのパフォーマンスが最高!
a0051234_092955.jpg

ノーサンプトンは以前英国旅行した際に、ロンドンに戻る電車に乗った駅である。借りたレンタカーを返すのに街中をうろうろしたのでなんか懐かしかった。人口の多い大型都市のようだが、この映画では思い切り田舎扱いしているのが笑える。まぁロンドンの都会から見れば田舎であるのには違いないが...
とにかく素敵な、素敵なハートフル・コメディ!
TVでこの映画が話題になっているとかで...一緒に観た友人情報...雨の平日昼下がりにもかかわらずシアター満員であった。私的に今年度NO.1かもの?ミニシアター作品。
a0051234_0113734.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-09-13 00:35 | MINI THEATER | Trackback(32) | Comments(10)