タグ:ジム・ブロードベント ( 3 ) タグの人気記事

「ベロニカとの記憶」

The Sense of an Ending2017 UK

a0051234_21132658.jpg

ロンドンに暮らすトニーは妻のマーガレットと離婚して一人暮らし。年金生活を送りながら趣味で集めた中古カメラの店を経営している。娘のスージーは臨月でシングル・マザーになる予定。そんなある日、法律事務所から一通の手紙が届く。それには初恋の女性ベロニカの母親セーラが亡くなり、一冊の日記が彼に遺贈されたと記されていた…


ドラマは過去と現在を行ったり来たりして進んで行く。

ベロニカの母親セーラがなぜ自分に日記を遺贈したのか?納得がいかないトニーは法律事務所を訪問する。しかし担当者から、日記はベロニカが持っているが、渡すことを拒んでいるという答えが返ってくる。ますますわからなくなってしまったトニーは、過去に思いを馳せ、ベロニカとの再会を決意する。


トニーはとうとうベロニカと再会を果たす。

二人は橋の上で待ち合わせ、ベロニカはトニーを見つけて”ハロー!”と声をかける。でも実際にこのようなことが起きたら、互いに目印でもつけない限り相手がわからないのではないか?と思ったりした。40年ぶりに昔の恋人と再会するってどんな気分なのだろう?

互いに何事もなかったかのような顔をしてお茶するシーンがナイス。その後トニーはストーカーのごとくベロニカの後をつけ真実を知る。


しっとりとした地味な大人のドラマは、どのように展開されるか興味深く、そして見応えがあった。原タイトルの「終わりの感覚」が絶妙。

ラストを迎え、ドラマの中で”僕はベロニカともセーラとも寝ていない。”というトニーの言葉を思い出し謎が解けた。ベロニカではなく母親のセーラが過激な女性だったとは!でもそのようなムード漂わせていた確かに…。

学生時代のトニーの教師役で出演しているお気に入り俳優のマシュー・グードの出番が少なくて寂しい。

本作のシャーロット・ランプリングはとても穏やかな役。優しい表情を浮かべるシャーロットも中々素敵。セーラを演じる本来は穏やかなイメージのエミリー・モーティマーと真逆で面白い。


トニー・ウェブスターに「パディントン2/2017」のジム・ブロードベント。

ベロニカ・フォードに「さざなみ/2015」「アサシン クリード/2016」のシャーロット・ランプリング。

マーガレット・ウェブスターに「フランス組曲/2014」のハリエット・ウォルター。

スージー・ウェブスターに「セルフレス/覚醒した記憶/2015」のミシェル・ドッカリー。

ミスター・ハントに「マリアンヌ/2016」のマシュー・グード。

セーラ・フォードに「ラースと、その彼女/2007」「レオニー/2010」のエミリー・モーティマー。

ジャック・フォードに「キングスマン ゴールデン・サークル/2017」のエドワード・ホルクロフト。

若き日のトニーにビリー・ハウル。

若き日のベロニカに「サンシャイン/歌声が響く街/2013」のフレイア・メイヴァー。

エイドリアン・フィンにジョー・アルウィン。

監督は「めぐり逢わせのお弁当/2013」のリテーシュ・バトラ。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2018-02-13 20:32 | UK | Trackback | Comments(0)

「ウイークエンドはパリで」

「Le Week-End」…aka「A Weekend in Paris」2012 UK/フランス
a0051234_19254483.jpg
a0051234_19253672.jpg
a0051234_19252611.jpg
a0051234_19251617.jpg
a0051234_1925686.jpg
a0051234_19245872.jpg
a0051234_19232159.jpg

英国に住むニックとイヴはハネムーンで訪れたパリへと結婚30周年記念旅行に出かける。しかしたどり着いたモンマルトルのホテルはエレベーターもない狭い屋根裏部屋。案の定イヴは不満たらたらホテルを飛び出し、タクシーを捕まえ高級ホテルに乗り込む...

ニックに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のジム・ブロードベント。
メグに「理想の結婚/1999」「トスカーナの休日/2003」のリンゼイ・ダンカン。
モーガンに「ジュラシック・パーク/1993」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のジェフ・ゴールドブラム。
モーガンの息子マイケルに「ガリバー旅行記/2010」のオリー・アレクサンデル。
モーガンの妻イヴにジュディス・デイヴィス。
監督は「ノッティングヒルの恋人/1999」「Jの悲劇/2004」「私が愛した大統領/2012」のロジャー・ミッシェル。

シアターで予告は何度も観たが、決してロマンティックなドラマではないと想像していた。で、かなりのシニカルな展開でわたし好みで見応えがあった。まぁ熟年夫婦のただのパリ旅行じゃつまらないし..大好きなパリの景色がスクリーンで見れて最高!またまたパリに行きたくなる。
エトワール、エッフェル、モンマルトルのサクレクール寺院、そしてサルトルの墓を探しにモンマルトル墓地でまで撮影されている。彼らが滞在したホテルは英国の元首相トニー・ブレアも泊まったという超高級ホテル、プラザ・アテネ。そのベランダからエッフェルが見える。おまけでニックの友人モーガンはパリの中心地リヴォリ通りの高級アパルトマンに住んでいるという設定。

はずみで泊まったプラザ・アテネの請求書に愕然とし支払えないことが判明する。そういえばディナーを楽しんだ高級レストランでも支払いをしてなかったはず…逃げていたような..。
温和で頼り無さげな夫と強くてエネルギッシュな妻の組み合わせがスゴく良い。
地味ながらも味のある性格俳優ジム・ブロードベントと「トスカーナの休日」で印象深かったリンゼイ・ダンカンのカップルが絶妙だ。

モーガンはかつてケンブリッジ大学でニックの下級生だった。当時ニックはモーガンのことをバカにしていたが、今や大学をクビになったニックと、作家として成功し、パリの高級アパルトマンに若くて美しい妻と暮らすモーガンが対照的。ラストは結局モーガンに救いを求めざるを得ない状況と化したニックの姿が実にシニカルで面白い。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-16 23:29 | UK | Trackback | Comments(0)

「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

「The Young Victoria」 2009 UK/USA
a0051234_0542222.jpg

ヴィクトリア女王に「プラダを着た悪魔/2006」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」 「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「サンシャイン・クリーニング/2008」のエミリー・ブラント。
プリンス・アルバートに「プライドと偏見/2005」「縞模様のパジャマの少年/2008」のルパート・フレンド。
メルバーン卿に「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「リリィ、はちみつ色の秘密/2008」のポール・ベタニー。
ケント公爵夫人に「オペラ座の怪人/2004」「パリ、ジュテーム/2006」「ブラザーサンタ/2007」のミランダ・リチャードソン。
ジョン・コンロイに「トリスタンとイゾルデ/2006」「ロックンローラ/2008」「ワールド・オブ・ライズ/2008」のマーク・ストロング。
ウィリアム王に「リトル・ヴォイス/1998」「ヴェラ・ドレイク/2004」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」のジム・ブロードベント。
ベルギー国王レオポルドに「ワルキューレ/2008」「ウォンテッド/2008」のトーマス・クレッチマン。
監督はカナダ出身のジャン・マルク・ヴァレ。
a0051234_0573222.jpg

19世紀、英国。ウイリアム王が逝去し、彼の姪にあたるヴィクトリアは18歳で即位する。ベルギー国王レオポルドの命により送り込まれたアルバートは、クイーンの夫になることが目的だった。やがてヴィクトリアはアルバートに惹かれ始める...

史実に基づいて描かれた物語。
ヴィクトリアは81歳まで生きながらえたが、夫アルバートは41歳の若さで亡くなっている。その後ヴィクトリアは生涯喪に服したと言う。
最初、政略結婚の相手としてヴィクトリアの元にやって来たアルバート。しかし二人は互いに惹かれあい結ばれる。このお二人19世紀の王室において幸せなカップルであったと想像する。
原タイトル「The Young Victoria」通り、即位し、アルバートと結婚した、ヴィクトリア10代〜20代の物語。
UK女優のエミリー・ブラント。彼女の英国ものが観たいと前から思っていた。しかし古典顔ではないのか?エミリーは現代ものの方が似合う女優だと感じたが、ヴィクトリア役も中々似合っていた。
ロケされた英国のお城や回りの景色は語るまでもなく美しく、ロンドンのウエストミンスター寺院でのヴィクトリアの戴冠式の映像はスゴい迫力。ヴィクトリアが最初の居住者となったバッキンガム宮殿はさすがセットのようだが、どのシーンもきらびやかで、ゴージャスな衣装にため息の連続。
ヴィクトリアが生まれ、育ったケンジントン・パレスは英国旅行の際訪れた。プリンセス・ダイアナがチャールズ皇太子や息子たちと暮らした宮殿でもある。宮殿の一部が博物館として一般公開されていて、歴代の王や王妃のベッド・ルームや謁見の間、ギャラリーなどがあり、プリンセス・ダイアナが着たドレスの数々も飾られていた。
17世紀の初めに建てられたという建物は恐ろしく古く、ヴィクトリア女王の幽霊が出そう...なんて想像しながら見て回った事を思い出す。市民の憩いの場になっているケンジントン公園にはヴィクトリア女王の銅像も立っていた。

プリンス、アルバート役のルパート・フレンドは「プライドと偏見」のMr..ウィッカムもそうだったけど、実に時代物が似合う俳優。ウィッカムも、「縞模様のパジャマの少年」のコトラー中尉も嫌みな役柄だったが、こちらでは愛情深いプリンス役が素敵に映る。
ヴィクトリアに追放される狡猾極まるジョン・コンロイを演じたマーク・ストロングと、誠意を持ってヴィクトリアをフォローしたメルバーン卿役のポール・ベタニー。二人のキャスティングはナイスである。
繰り返し観た予告に誘われたのと、大好きなジャンルの映画のため、とても観たくて初日に観に行った。最終回シアターはまぁまぁの入りだった。
日比谷 TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2009-12-28 01:11 | UK | Trackback(15) | Comments(2)